INDEX    RSS    ADMIN

The Newsroom S1-#6 「暴走する正義」

Newsroomで福島原発が取り上げられるのは試写会のとき聞いていましたが
なるほど意外な切り口とはこういうことか!と納得しました。
地震、津波に伴う原発事故の細かいことよりは
正しい報道のあり方を考えさせたかったんですね。

日本語が堪能なスローンは
番組で東電の担当者の田中さんから直接コメントをもらうことになります。
間に通訳も入っているんですが
事前の打ち合わせでスローンは田中さんにバシバシ質問し
福島第一原発の危険レベルが4から5に達していることを知りますが
これはチェルノブイリのレベルの7まで行くと感じたスローンは
周りのスタッフを追い出して、単独で田中さんに詰め寄り
田中さんに7まで行くと言わせてしまいます。

そして本番でスローンは通訳を無視してガンガン日本語で攻めまくり
(よく頑張って話してたよね・・・聞き取りにくかったけど)
田中さんはアメリカドラマには珍しく?
とても正しく丁寧な日本語で対応していました。
本当に日本人の俳優さんが演じてたんですね…大正解です!
でもせっかくなんだから東京電力(全部見せていなかったけど)のデカ文字は
明朝体じゃない方がよかったです。
夢中になったスローンはすっかり田中さんを自分のペースに乗せ
レベル7まで行くことをしゃべらせてしまいます。
あくまでも田中さんの考えのオフレコの内容だったのに。

これにはチャーリーがブチ切れ!
東電や政府の見解ではないことを喋らせてしまったスローンに
早速クビを宣告します。
チャーリーのお怒り度、半端じゃなかったですね。
マッコイさんもしばしばお怒りでしたが
ここまでプッツンしたのは見たことがなかった。
頭に湯気が上るってこんな感じかも…恐れ入りました。

スローンは日本人の曖昧さがわかっているから
あえてはっきりさせようと気合を入れてしまったようですが
余計なことをしゃべってしまった田中さんもクビになったと知って
さすがにショックを起こします。

解決策を考えだしたのはチャーリー。
日本語の四(し)と七(しち)は聞き間違えやすいから
スローンが4と7を聞き間違え、間違った報道をしたと謝るよう提案。
でもスローンは4はよん、7はななと読むと反論。その通りです。
しかもこのときすでにレベル7に達していたんだよね。
しかし田中さんのことを思えばこうすべきかなとスローンも考え
彼女のクビもつながるのでした。

その他いろいろあったんですが
とりあえず原発部分だけまとめました。
腹話術マッコイさんの解説も
原発事故をいかにもさらりとまとめていて
今更ここでWOWOWが解説する必要もないし
首相のマンガが楽しかったです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント