INDEX    RSS    ADMIN

Hart of Dixie S1-#6 「死人に口なし」

ブリックはフットボールの試合に出かけ
ゾーイは妊婦の出産のためにラヴォンの車を借りて夜中に往診に出かけます。
帰り道森の中で迷っていると、目の前に男性が現れ車にぶつかります。
事故を起こしてしまったとゾーイは慌てて男性を探しますが
もうどこにもいませんでした。

ゾーイがラマー・ジャーで事故のことをウェイドに話し
ぶつかってきた男性の人相を伝えようとすると
男の写真が壁にかけていました。
男はブルーベルの英雄のレオン・マーシー。
しかも1年以上前に亡くなっていると知り
ゾーイはゴーストを見たのかもと気になってきます。

その後も夜中に蚊の音で眠れずにいると
レオンの姿が見えた気がして悲鳴を上げ
ウェイドに助けに来てもらったり

レオンの死因を調べて行くうちに
遺体が上がっていないことから
ゾーイはレオンは死んでいないと確信し始めます。
そしてラヴォンのSVUは修理に出してしまったため
もう一台の車を勝手に借りて森の中にレオンを探しに行きますが動けなくなり…

そんなとき助けに来てくれるのがウェイド。
ウェイドはラヴォンの車を探しにきたと言ってましたが
頼りになる存在です。
そして二人は足をけがしているレオンを発見。
飲んだくれのダメオヤジだったレオンは
強盗に入ったはずの家で火事に見舞われ
住民を助けたために一躍英雄になってしまいました。
でもそのプレッシャーが大きすぎて
いつまでも息子にとってのヒーローを続けていられず
橋から身投げしてしまいます。
ところが死ねず、結局森の中で身を隠しながら暮らしていました。
ゾーイはレオンに家族のもとに帰るよう説得。
レオンは町に戻り、ラマー・ジャーの壁の写真は外されます。

ブリックの留守中
レモンの妹のマグノリアは友達たちとパーティーに行き
急性アルコール中毒で倒れます。
ゾーイの治療で事なきを得ますが
その後もマグノリアはレモンに反抗的。
マグノリアはブリックが自分のことをレモンに任せっぱなしなことに
腹を立てていました。
妹の本心を知ったレモンはショックを受けます。

ゾーイの携帯には一日二回キャンディスから連絡がきますが
ゾーイはいつも無視していました。
するとキャンディス本人がNYからブルーベルに来てしまいます。
キャンディスの言動を許せなかったゾーイですが
息子に姿を見せられずにいるレオンや
娘との関わりを避けているブリックの様子を見ているうちに
キャンディスを許そうとする気持ちが強まってきました。

ゾーイにとってウェイドは頼りになる存在。
ウェイドはすっかりゾーイに振り回されてるけど
文句も言わずに付き合ってくれてますね。
クールさには欠けるけど(笑)ウェイドがサリーになってくれるのかな?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント