INDEX    RSS    ADMIN

Glee S4-#15 「映画音楽対抗戦」

エマが姿を消してしまい傷心のウィルは、テレビで古い映画ばかり観ていました。
そこで思いついたのがグリー部での映画音楽男女対抗戦。
アーティは映画監督デビューを果たすためのキャストを探すと、こちらも意欲満々です。

フィンはエマが逃げ出したのは自分の責任だと思い
両親にも尋ね、ようやくエマの隠れ場所を見つけます。
みんなで迎えに行き(ピーガブさんのIn Your Eyesはナイスな選曲!)
ウィルとエマはまたゆっくりと進んでいくことにします。
これでフィンは静かにしていればよかったのに
相変わらず正直者だから
自分がはずみでエマにキスしてしまったことが
エマの逃亡につながったと謝ってしまいます。
とたんにフィンの態度が変わります。

マーリーはジェイクのことが好きだけれど
ライダーからのキスも受け入れてしまって
三角関係勃発?

NYでは大雪で外に出られず
レイチェルとカート、サンタナ、アダムは映画を観ていました。
そのうちサンタナはブロディが札束を持っていたのを知り
彼はドラッグの売人では?と疑いを抱き始めます。
カートは「ムーラン・ルージュ」を観て涙し
アダムにブレインとの関係について問われます。
さらにサンタナはトイレで妊娠検査キットを発見。
レイチェルのフォローをしてくれそうですが…

今回もなかなか選曲がよろしくて
特に「ムーラン・ルージュ」や「ゴースト」「フットルース」など
映画のPVを観ている気分になってきました。
またマッシュも面白くて
Danger Zoneがボブ・シーガーとマッシュできるなんて
よく知ってる曲同士なのに画期的な取り合わせに驚かされました。

ストーリーは陳腐な気がしたけど
歌が楽しいからまあいいね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

エマの踊りも歌も好きなので、たっぷり見せてもらって、まんぞく。
フィンは、なんで余計なこと言うかなあ。
どう決着をつけるのかと思うけど、磁界のタイトル見る限りでは、大丈夫かな。

サンタナはたくましいですね=、
レイチェルを支えるためだけのキャラにはしてほしくないな。

ストーリーは・・・・・・、まあ、「グリー」だから・苦笑
音楽はとってもよくって、堪能できました。


ところで、「スマッシュ」のダベンポートが本国で連続ドラマの主役だそうで、
となると「スマッシュ」はもう終わりなんでしょうか。
ダベ夫くんだけでもっていたようなドラマでしたもんね、
いくらミュージカル部分が素晴らしくても、それこそあの話運びでは・・・。

SMASHはS2で打ち切りのようですね。
かなり中だるみしてたし、不安は感じていましたが。
とりあえずミュージカルが完成していてくれればありがたいですけど
大丈夫なのかな?

Gleeはもうストーリー展開には全然期待していません。
パフィーマンスがよければそれでよし!ということで。
あとSAMSHよりみなさん初々しいところがよろしいかな。

そしてレイチェルはどうなるんだろう…
ちょっと心配になっています。