FC2ブログ

Law&Order SVU S13-#1 「Scorched Earth」

イタリアの次期首相候補ロベルト・ディスタシオが宿泊先のホテルから出た後、メイドのミリアムがディスタシオにレイプされたと訴える。SVUは帰国のため飛行機に乗り込んだディスタシオを逮捕する。ベンソンはレイプ検査中のミリアムから事情聴取を行い、ミリアムがディスタシオの精液をバスルームで吐いたことをつかむ。
担当弁護士のエクスリーは、ディスタシオの外交特権を主張する。一方コンゴから戻ってきたアレックスはミリアムには息子が二人いて、父親は南スーダンの戦争で死亡、ミリアムは子供たちとアメリカに亡命してきたという事情を説明する。検察局からはカッターも来て、複雑な状況への対処を考える。
ディスタシオはサンプルの採取のため病院に護送されるが、署のまでマスコミにさらされる。所に戻ってきたディスタシオにロリンズは食事を渡しながら、ディスタシオの考える男の強さについて話を聞く。「男は事実を持っている。女は言葉を持っている。」ディスタシオはレイプはミリアムの作り話だと主張する様子だ。
罪状認否の結果、ディスタシオはライカーズで拘留される。SVUはミリアムと子供たちを保護するが、ミリアムはスーダンでの逃亡生活を思い出して恐れていた。
エクスリーは保釈の再申請を行い認めらると、ディスタシオは釈放されるが軟禁状態が続く。DNA鑑定が終わり、現場に残された精液がディスタシオのものと一致する。SVUのメンバーがバーで飲んでいるとカッターが新聞を持って現れ「被害者は金目当てだ!」と伝える。別のメイドがミリアムの会話を録音し、新聞社に売っていた。ミリアムは会話の中で、「民事訴訟に持ち込んで金を払わせる。あいつから何百万でも取りたい。」と意気込んでいた。
弁護側はこの情報をミリアムによる脅迫と主張、SVUはブエノスアイレスでホテルのメイドがディスタシオに襲われかけた事件を調べる。
予備審問が行われ、エクスリーはミリアムが南スーダンで売春の有罪判決を受けていたことを指摘すると、ミリアムは夫を殺した兵士たちに集団レイプされたと反論する。アレックスはミリアムを信じるが、ベンソンは真実を話していないのではと疑いを持つ。カッターは起訴を取り下げようとしてアレックスに非難される。
法廷でミリアムはディスタシオに脅されたことを証言するが、集団レイプに関して政治亡命の申請書に嘘を書いたことをエクスリーに指摘される。ベンソンはミリアムの嘘に不機嫌になる。ディスタシオはミリアムの求めに応じてしまった。一万ドル払わなければレイプされたと訴えると脅されたと証言する。
アレックスがディスタシオの女性観について攻めていくと、エクスリーは証人の追加を求める。呼ばれたアチョクはミリアムの亡命申請を手伝ったこと、レイプされたと書くとき一人でなく12人にレイプされたと書けばいいと教えたことなどを説明する。
判決が言い渡され、第一級レイプ罪に関しては陪審の意見が一致しなかったが、第二級暴行罪は無罪、第二級監禁罪は有罪となり、ディスタシオは拘束される。

アトランタからアマンダ・ロリンズ刑事が異動、ロリンズはベンソンを尊敬し、研究してきたと自己紹介します。すぐに捜査に参加、ディスタシオと話しながら彼の考え方を探ります。
ジェナを撃ってしまった件で、ステーブラーが戻ってくるかは本人次第。ベンソンは正当防衛を信じていますが、監査部が調査に入ってきます。クレイゲンはステーブラーが人を撃ったのは6度目で、SVUの存続も危ういと悲観的なため、ベンソンは彼をいけにえにして見捨てるのかと憤ります。するとクレイゲンは、ステーブラーが仕事を続けるなら精神鑑定を受け、怒りの制御を学ばなければならないと答えますが、ベンソンにはステーブラーが受け入れるとは思えませんでした。
ベンソンはステーブラーの携帯に何度も連絡しますが、返事は戻ってきません。フィンはステーブラーは10代の少女を撃ってしまったのだから、決意を固めたのだろうと話します。
ディスタシオの判決が出た後、クレイゲンはベンソンを呼び、ステーブラーが退職願を出したことを伝えます。彼は有能でしたと答えるベンソンは、次の事件現場に行く前に、一人取調室にこもって涙するのでした。

新生SVUスタート。
まずロリンズが登場。
Chaseのアニーがそのまま引っ越してきた感じで
いきなりテキサスから来たかと聞かれ、アトランタだと言い直していました。
早くカウボーイブーツを履いて欲しいです(笑)
アマロは今回は不在。
まだステーブラーの椅子が残っていたからなんでしょうね。

ステーブラーの降板の過程もお見事で
本家のようにさりげないこともなく
みんなを十分やきもきさせてくれました。
ベンソンは自分のことのように悩み
クレイゲンは息子同然だと語り
(本家時代から考えると大勢息子がいそうです…苦笑)
フィンは冷静に受け止め…

結局自ら退職願を出したってことでおしまい。
警察を辞めたらガードマンにでもなるのでしょうか。
FBIでBAUへの転職をお薦めしたいんですけど
こんなに怒りっぽいオヤジはホッチが嫌がるか??
ともあれまだ生きていますので(これが大事)
突如蘇るのが大好きなL&Oシリーズでは
この先ステーブラーの復活がありえるかもしれません。
大いに期待しましょう。

そして来ました、カッターさん!
相手がイタリアの大物だったため
帰国したてのアレックスに任せておくのは不安だと思ったのでしょうか。
くっついてきたのはいいけど、ちっとも役立っていません(笑)
svu13-1-1s.jpg
とにかくお姉さまたちの迫力に圧倒されています。
svu13-1-2s.jpg
一応偉そうに仁王立ちしていますが
この後アレックスに散々言い負かされ
svu13-1-3s.jpg
結局いつものヘタレモードに。

大好きな法廷でもお姉さまたちに囲まれてたじたじに…
svu13-1-4sw.jpg

本家と違って分家はお姉さまパワー炸裂してるし
心の友ルーポはいないし
いろいろとカッターさんの不安材料が多かったようです。
それでも最後はプチ勝利に一瞬のドヤ顔見せていましたが
せっかく出世したんだし
もっと偉ぶってるカッターさんを観たかったかも。

ステーブラー降板にしみじみする予定が
すっかりカッターさん復活にはしゃいでしまいました(汗)



スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ