INDEX    RSS    ADMIN

Dark Blue S2-#5 「兄弟のきずな」

相変わらずプライベートではべったりなカーターとアレックスですが
所属はLAPDとFBIで違うから、捜査方法の手順も違うし
仕事についての査定の仕方も違うようだし…
だからべったりでも大丈夫なのかも。

今回の任務は武装グループのリーダーのカイルを見つけて捕らえることでしたが
カーターはどうやってカイルをおびき出すかを考え
服役中の弟のニールに目をつけます。
弟を脱走させればきっと兄を頼るはずなので
その弟についていって導いてもらおうという魂胆でした。
もちろん上層部には作戦のためと知らせてありましたが
ニールは囚人に扮したカーターとともに
タイが運転する車で護送されることになります。
ところが土壇場になって体調が悪く手術が必要だと
全く関係ない囚人レイが乗り込んできて話がおかしくなってきました。
でも乗ってしまったので降ろすわけにもいかず
そのまま計画は続行します。

途中でディーンが現れ
ニール達の脱走に手を貸してくれます。
連れていかれた先にはカーターの女のアレックスが待っていて
カーターは出てきたものの金もないニールに
兄に頼るようあれこれ持ちかけるのですが…

まずレイが邪魔。
カーターたちの作戦にやたらと首を突っ込んできます。
そしてカーターが持っている武器を買いとる手はずを取り付けると
仲間にまで連絡してしまいました。
カーターはそれをやらせておいて、実際にバーでレイと仲間に商談をさせ
その間にニールとともに姿を消します。
バーには刑事としてジェイミーがスタンバっていてそのままレイを逮捕。
レイは無事に片付きます。

ところが今度はニールが役に立たなくて。
全然カイルに大事にされてないようです。
いろいろと苦労しながら、やっとカイルのもとにたどり着きますが
ここでもカーターは相当危ない橋を渡ります。
銃を突きつけられてもびくともせず
常に最悪のシナリオを考え
臨機応変に対応を変えて行く姿はさすが。
この安定感があるからこそ、チームもついてこられるのでしょう。

カイルが部下に判事の命を狙わせていることを知った時
カーターはニールに自分が刑事であることを明かしてしまいます。
そしてニールが盾になってカーターとカイルが撃ち合うと
カイルは容赦なく弟に銃弾を撃ち込んでしまいます。
恐ろしい兄だ。
だが兄を逮捕し、部下の動きもばっちりチェック。
今回も難しい事件を無事に解決することができました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お話は面白かったんですけど、
どうもカーターとアレックスの関係が気づかれたような・・・・。

みんな、大人だから黙っているけど、さて、どうなるのかな~~~。

カーターとアレックスは一応所属が違うので、職場恋愛も許される!と納得させてしまうのかもしれません。
でもあまり公私混同も辛いと思いますよね。この職場…