FC2ブログ

Law&Order SVU S13-#3 「Brood Brothers」

カトリックの学校の礼拝堂で、劇を見ていたエラが突然倒れる。エラは13歳だが妊娠し8週目以上になっていた。エラは5歳のときに母親を失い祖母に育てられていたが、祖母はエラの母親は彼女が15歳のときエラを妊娠しており、エラは母親のようになるなと伝えていたと話す。ベンソンが子供の父親について尋ねると、エラはセックスしておらず、神様が授けた奇跡の子だと説明する。
エラの父親は毎月養育費を送っていたが、祖母が娘に会わせてくれないからと無関心だ。学校では、エラの好きな人はウィリアム王子だが、アルトゥーロに追いまわされていたとクラスメートが話す。
エラが倒れた後、アルトゥーロは喘息の発作を起こして学校を休んでいた。アルトゥーロはエラは親友で、親友は自分しかいないとアマーロに打ち明ける。しかしエラもアルトゥーロも脅されているように見えた。
教師たちを調べると、5年前から科学を教えていたコルドバが、書類上は15年前に死んでいたことになっていた。コルドバは取り調べに対し、本名はラミレスで叔父の名を名乗っていること、19歳のとき関係をもった少女の父親に脅されて有罪になり性犯罪者登録され、前科を取り消せず名前を変えたことなどを白状する。ベンソンが再度エラに尋ねると、エラはコルドバの家に連れて行かれセックスしたと言い換えるが、コルドバは車を持っていないのに車で行ったと話したため嘘がばれてしまう。ベンソンはエラの部屋に飾ってあった花束の贈り主に着目する。花はマディソン街の生花店から届いていた。配達記録を調べると、送り主はアンドリュー・レインズ大使だった。
レインズ家は資産家で、アンドリューは次期上院議員選への出馬直前だった。しかしエラの妊娠から2カ月後に花を贈っている。SVUの質問に対し、レインズ夫妻は息子のトリップの名前を出す。トリップはエラと同じ13歳だ。エラの相手はトリップだった。
エラは中絶することを拒んだが、トリップは中絶を強要しようとしていた。エラはようやくベンソンに状況を説明する。トリップと寝たのは1度だけで、7月4日、アルトゥーロに誘われトリップのパーティーに行った。アルトゥーロの母のイネスがレインズ家のメイドをしていたから、アルトゥーロはトリップと親しかった。レインズ家はお城のようで、レモネードをもらってトリップの部屋へ入ったら彼に押し倒され、終わった後で「その気にさせた君が悪い。」と言われたのだった。ベンソンはトリップを起訴できるかケイシーに打診するが、ケイシーは難色を示した。
レインズ家からトリップが姿を消し、彼のカードがゲイバーで使われる。使用者は公園で拾ったと話すが、そこはセントラルパークのゲイのたまり場だった。現場を捜索すると、トリップが遺体で発見される。
アンドリューはイネスを不法滞在者だとわかり辞めさせたと話していたが、実際にはイネスは15年前に市民権を取っていた。メイドをしながらアルトゥーロを育て、一緒に育ったトリップとアルトゥーロは仲良しだった。しかしイネスは解雇され、和解金25万ドルをもらっていた。さらにレインズ家の信託で自宅を購入していた。イネスは夫のリカルドと離婚しシングルマザーだったが、リカルドはアルトゥーロの父ではなかった。
アルトゥーロは母とアンドリューが言い争っているのを聞き、アンドリューが実の父であると疑い始め実父確定検査を行った。その結果アンドリューが父親であることが判明し、アンドリューに伝えたら二人は追い出されたのだった。
エラを中絶させたいトリップは、アルトゥーロに金を渡して中絶させるよう命じた。しかしアルトゥーロは拒否しトリップに突き飛ばされる。エラを売春婦呼ばわりしたトリップをアルトゥーロは許せなかった。自分もレインズの息子なら、エラを王女様にしてあげられる。アルトゥーロが石を投げると、トリップの頭に直撃した。アルトゥーロはさらに石を拾ってトリップの顔を殴ったのだった。

エラの通っていた学校を立て直した神父のキアガはアマーロのことをよく知っていますが、スーツ姿のアマーロに驚いていました。ベンソンはスペイン語が喋れるアマーロを連れていけとクレイゲンに命ぜられ、一緒に行動しますがパートナーとは認めておらず、教えてあげているだけと周りに説明していました。しかし生花店で顧客の情報提供を拒否された時、アマーロは店員に危害が及ばない方法を提案し、そのテクニックにベンソンも感心していました。
今回の検事局の担当はケイシー。ベンソンはトリップをレイプの罪で起訴したがっていますが、これでは弁護団は合意の上だと反論すると否定し、その後もベンソンとの意見が食い違って激しく議論していました。

女性が妊娠。
相手の男性は彼女を中絶させようとしますが
彼女を愛していたもう一人の男性と争い殺害されてしまいます。
しかも男性同士は異母兄弟でした…

というお話。
これが大人の世界ならかなりドロドロしていながらも
あり得る話だなと思うけど
みな13歳というのが大きな問題です。
13歳で初対面の女の子を妊娠させ
メイドの子の親友が連れてきた女の子だから何とかしろと命じるトリップ。
金があれば何でもできてしまう
ゴシップガールの世界にまずぞっとさせられます。
でもトリップはアルトゥーロが兄弟であることを知らなかったのが救い?
大切な女の子を兄に犯され腹が立った弟。
しかも兄の贅沢三昧な生活は、自分には許されません。
だからって13歳が殺しですか?
そこまで怒りのエネルギーが爆発するのかな。
アルトゥーロはそれほどブチ切れタイプには見えなかったんだけど。

そもそもKyle MacLachlan演じるアンドリューの浮気が間違いだったんですが
傷ついてしまった子供たちの将来は大丈夫なのかな。

ベンソン、まだアマーロによそよそしいですね。
アマーロがステーブラーの代わりになるのは難しいってことでしょうか。
麻薬課にいたアマーロは今までスーツを着ていなかったので
SVUのスーツ姿が新鮮らしいですが
ヴァレンズはいつもスーツだったから、これが普通に見えちゃいます。
そういえばフィンも昔はスーツを着てたんだ!と
ときどきDlifeでオンエア中のS2を観て驚いてますが
今は絶対着ないのは、体型的に無理になっちゃったからですか?
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ