FC2ブログ

Glee S4-#19 「夢に向かって」

銃撃事件のショックでグリー部のみんなはどこかおかしくなっています。
サムは2重人格であるかのように双子のもう一人を探し
ユニークはピルを飲んでるし…
ウィルは州大会を目指して練習するようにと課題を「夢」にして
夢がテーマの曲を何曲か提示しますが生徒たちは知らず。
「Dreamweaver」なんて知るわけないよね。
「夢織り人」Gary Wrightの名曲ですが、クラシックすぎました。
マーリーは自作の曲を披露したいと思いますが、その勇気がありません。

スーが辞めて、代わりにチア部を担当することになったのがワシントン。
また変なテンションでブレインやべッキーを悩ませますが
べッキーが何か抱えていることにブレインは気付きます。

ウィルの強硬姿勢に部員たちは嫌気がさし
マーリーが持ってきた曲"You Have More Friends Than You Know"を
マーリー、ブレイン、サム、ユニークは合唱します。
このハーモニーが素晴らしかった。
蔭で聞いていたウィルは感動します。

教師を目指すことにしたフィンはライマ大に進学しますが
何故か学内にパックがいて寮生活はパーティー三昧。
フィンは勉強することを忘れます。
フィンとウィルのBeastie Boysの"Fight For Your Right (To Party)"楽しかった!
ウィルが声をかけに来ても無視し、まさにハチャメチャ大学生活をエンジョイしていたのですが
授業はとっていないパックがこれではまずいと指摘。
フィンはようやく目覚めます。
そしてまたウィルとともに指導に当たることを約束します。

ブロディと別れすっきりしたレイチェルは
「ファニー・ガール」のオーディションに向けて気合が入っています。
大好きなバーブラの歌を歌うと張り切ってますが
机の上にはバーブラの最初のダンナのエリオット・グールドとか
今のダンナのジェームズ・ブローリンとか飾りまくってるのがおかしかった。
するとシェルビーが応援に来てレイチェルとデュエット。
オーディションにはバーブラを歌わない方がいいとアドバイスします。

ではどうすればいいの?
レイチェルはフィンにTel
やっぱり一番頼りになるのがフィンなんだね。
フィンはレイチェルの悩みに初心に帰るようと答えます。
それってJourneyかい??と突っ込んでみたら…

本当にJourneyだ!
また出た!お約束の「Don't Stop Believin'」
審査員の前で歌い始めたレイチェル
今回はソロバージョンかと思いきや?
いつの間にか背後にGlee部オリジナルメンバーが現れ
コーラスを助けてくれました。
これって幻想?
なんて突っ込みたくなる演出がレイチェルの実力だったのかな。
レイチェルは無事第一次オーディションを通過します。

ラストはまたマーリーの曲で「Outcast」
自分たちのことを正直に堂々と歌う姿、いつ見ても素敵です。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

やっぱショックですよね=、
みんなおかしくなるのもわかる。

シュー先生も、ちょっとおかしい・苦笑
でも、またいつものマッキンレーに戻りましたね。
フィンも目が覚めたし。

実習みたいなもんで単位っていうのも、アメリカの大学ならではですね。

レイチェルは、一次通って素直におめでとうです。
なんだかんだいいながら、彼女の実力は確かなので。
フィンと一緒にいるのが、一番いいんですね。


2013/06/19 (Wed) 16:22 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

あのショックはやはり衝撃的過ぎました!
みんなちょっと引きずっていたけど、最後はまたいつもの仲間たちに戻れてほっとしました。
でもべッキーは罪悪感抱えてるよね。きっと。

フィンは心を入れ替えて教師を目指せるでしょう。
そしてレイチェルの第一関門突破もよかったです。
しかしあの場でまたJourneyが出てくるとはびっくり!
永遠のテーマソングになってしまいましたね。

2013/06/19 (Wed) 19:48 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ