INDEX    RSS    ADMIN

CSI S12-#10 「神聖なベッドルーム」

たまにはCSIを語ろう!

ロビンス先生の家に系図学者のトラクスラーが
先生の奥さんのジュディの依頼で来ていました。
ジュディは電話がかかってきたのでベランダでしばらく話していたら
その間にトラクスラーは裸でベッドに入ったまま死んでいました。
何があったんだ?

当然ジュディの浮気が疑われますが
ジュディは激しく否定。
確かに調べて行くうちに彼女のアリバイは成立します。
しかしブラスはあくまでもジュディを容疑者扱い。
ロビンス先生からも遠ざけようとします。

調査とはいえ赤の他人が自宅に来ているとき
客間に放置して20分も電話しているジュディもちょっとは問題があった気がしますが
(しかも先生へのサプライズの予定だったので、なおさら秘密状態だったし)
あとはタイミングが悪すぎでしたか。

近々結婚予定の女性が身内がわからず
式に出てもらいたくて身内探しをしているうちに
系図に出てきた男性自身が忌まわしき出生の秘密を知ることになり
よくも暴いてくれた…と怒りをぶつけに来たその現場が
たまたまロビンス家の寝室だったのでした。
ジュディがいない間にこっそり忍び込んだ犯人は
トラクスラーを裸でベッドに入らせ、いかにも情事にふけっているようにさせて
枕で窒息死させたというのが事件の全容。
ジュディの疑いは晴れるのですが
ブラスは自分の浮気による家庭崩壊の辛さが
そのままロビンス家にかぶってしまったようで。
あとで先生に謝っていましたが、確かに冷酷すぎたかな。
こんなときほっさんなら絶対仲間を守り通すぞと
ちょっとツッコミを入れたくなってしまいました。

グレッグがすっかり一人前だね。
12年同じ仕事をしているんだから当然かもしれないけど
安定した落ち着きを感じました。
今回ニックもサラも出てこなかったから
捜査の中心となって活躍していたし。
ついでにグレッグはノルウェー系なんですね。

キャサリンの出番が残りわずかになってきて
この先の展開が気がかりです。
前回登場のGrant Show演じるマクウェイドの存在も気になるし。
(MPのジェイク、ますます渋くてかっこよくて素敵♪)
来週が楽しみ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント