FC2ブログ

SFU「感情」

まずは2002年11月11日の日記から

シアトルにバスツアーに行っていた老人が急死、
ネイトとクレアは遺体を引き取りに行く。
道中ネイトは頭痛に見舞われ先行きが心配に。
ブレンダは母が父の浮気相手を見つけて大騒ぎする様子に呆れかえる。
デビッドはキースの姪を学校に迎えに行き家で預かるが、
彼女の生意気な態度に閉口する。
相変わらず落ち着かない一家でした。


以上簡単なまとめです。

ネイトの元ルームメートのリサのインパクトが強烈で
また新たな曲者キャラ登場です。
そしてまだセクシーさをキープしてる?悪魔ボイドなGrantは
ブレンダを相手にやってくれましたね!
って結局夢落ちだったんだけど。

キースの頭痛の種になってしまった生意気な姪のテイラー。
突如子守りを仰せつかったデイヴィッドは
彼女のわがまま言いたい放題に並行するけど
テイラーが遺体を目の当たりにして
ちょっと距離感が縮まったかなという気がしました。
キースとの関係を「同性愛」だとしっかり示唆するデイヴィッド
テイラーがエディのことを快く思っていないのを
ちょっと喜んでるように思えました。
そして深夜にテイラーを迎えに来たキースに感謝され
またデイヴィッドはいい気分に。
生意気娘が着実に二人をまた近づけてくれています。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
yasishi  
復縁ありか?

デイヴが心の中で言っていそうです。
あのぬり絵の言い合いはおかしかったです。悪態つくだけついたら結構素直という、やはりお子様。悪態の認識がないのでしょうね。
デイヴと良いお友達になれそうな…。

グラント・ショー、年取りましたね。彼のことはジェイクとしてしか知らないので、本当に久しぶりです。当時、あまり魅力を感じませんでしたが(笑)やはり今回も…。なんだか頭が平らな感じがして笑ってしまうのです。

2006/01/30 (Mon) 10:17 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
頑張れデイヴィッド!

yasishiさん、TBありがとうございました!
S1ではキースにずいぶん助けてもらったデイヴィッド、
今度はデイヴィッドがキースを助ける番ですよね。
ということで張り切ってテイラーの面倒を見ることにしたけど
あの減らず口は誰でも参ってしまいそう。
もしもテイラーと、デス妻リネットの子供たちと
どちらかの子守りを任されたら
どっちが疲れるかななんてちらっと思ってしまいました。
しかしテイラーがこうなるのも育った環境に因るものだから仕方がないと
大らかに受け止めることができるキースはさすがだなぁとまた感心しました。
もっとも家の中では悪戦苦闘してるんでしょうが。

ジェイクはPoint Pleasantですっかりオヤジ化した姿を見慣れてしまったので
今回はすんなり受け入れてしまいました。
MPからいきなりここに来ると、あまりの成長?ぶりに驚くと思います。

2006/01/30 (Mon) 19:53 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 1件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  SFU-17
  • 前回とてもたのもしかったキースですが、警察官としてではなく、身内のことになると途端に感情的。姪っ子に対する愛情のあらわれでしょうか。キースの彼氏の都合がつかなくなったために、デイヴに姪っ子のお迎えの役がくる。遺体処理の途中なのにデイヴは引き受ける。後でフ
  • 2006.01.30 (Mon) 10:18 | ささくれた日々