INDEX    RSS    ADMIN

Varg Veum Falne-engler (私立探偵ヴァルグ2  #2 堕天使) 

楽しみにしていたVarg Veum
ますます面白くなってきました。
北欧ドラマの佇まいにもずいぶん慣れてきたし
まずヴァルグのキャラクターに惹かれるんだよね。

孤高の探偵、ヴァルグ・ヴェウム。
力を貸してくれる刑事のハムレはいるものの
そもそも私立探偵だから単独行動です。
依頼主に頼まれると調査を行うのが仕事なので
銃を持っているわけでもなし
だけどいつの間にか大きな事件に巻き込まれ
まるで刑事のような洞察力を発揮し
相当痛い思いをしながらも、事件の解決へと導いていきます。
探偵なので風貌も地味。
このまま年をとったら間違いなく北欧のおっさん!になりそうに見えるけど
でもなんだかセクシーで素敵なんだよね。
東地さんの吹替え声もぴったりハマってます。

1話目でも依頼主が殺害され、その妻と親密になって
そんな公私混同でいいのかなと思ったら
2話目の堕天使の物語も
昔の仲間で人気バンドCampのボーカリストから妻の浮気調査を頼まれ
その妻もかつてヴァルグと親しかったわけですが
調査しているはずが気がついたらヴァルグ自身が浮気。
またですか?なんて突っ込もうとしたらその妻が殺害されてしまいます。
それもヴァルグがカメラを構えて家の外で張り込んでいた時に。

バンドメンバーが次々に狙われ
被害者は白いドレスを着せられて首吊り状態に。
最初の被害者だけはバンドと関係なく警官の娘でしたが
その娘はドラッグに溺れぶっ飛んでいました。
堕天使の事件はアメリカドラマでもよくありますが
罪を犯した者を制裁する目的で
天使の格好をさせて殺害することが多いです。
今回もそのように感じられますが
全く罪のない少女が被害に遭い、そうとも言えなくなってきます。

ぶっ飛んでいた娘は自殺だったんですが
悲観した父親の警官が
娘を壊してしまったCampに恨みを持ちます。
かつてCampのファンだった娘は
ライブでメンバーに会いに行き
14歳だと知らせる間もなくドラッグを強要され
レイプされていたのでした。

メンバーは警官を殺害しようとしますが
警官はドラマーの双子の娘を誘拐したまま
お互いの駆け引きの間に入り込んでしまったヴァルグが
双子の居場所を知ってるとドラマーを安心させ
なんとか流血を防いだのでした。
最初ははったりだったんだけど
車のトランクに双子を隠していたことを見抜いたのはさすがです。

WOWOWはこの続きをオンエアしてくれるようで
まだまだ続くシリーズなので是非!
楽しみに待っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヴァルグ、よく血を流してますよね。
でも銃を振り回さないお国柄なのでちょっと安心して見られます。
このシリーズ、解決しても誰も幸せな気分になれないところが魅力だったりします。
それでも生きていく…そういう苦々しさがクセになってきました。
全話放送希望しちゃいますね。
東地さんのお声もたいへん麗しく、「わからない」(PBのマイケルを代表する言葉)って聞いただけでやられてしまいます(笑)。

お出かけなのですね、楽しんでくださいね♪