FC2ブログ

The Guardian S3-#8 「決心」

今回も重かった…

ルルが妊娠していることが分かり
ルルもニックもこの先どうするのか先が見えません。

福祉局のスザンヌが連れてきた子供たちは
母親がエイズで死亡。
父親は行方不明のため、保護先を探す必要があります。
しかし里親に渡す前に、子供たちにも検査が必要。
調べたところ兄は大丈夫でしたが、妹はポジティブでした。
スザンヌは後でトラブルが起きないように検査を決行させたのですが
その結果里親候補がキャンセルしてしまいます。
やがて行方不明の父親の居場所がわかりますが
父親もエイズを発症していて、子育ては無理でした。

アルヴィンはエイズ救済基金のヴィクトリアを支援
彼女が主催する資金集めのための仮面パーティーを手伝うことにします。
ルルはエイズ救済の一環でゲイの人たちが集まるスポーツクラブにコンドームを渡しに行きますが
あっさり追い払われてしまいます。
そのときちょうどジェイクとすれ違い
ルルは胸の内のもやもやをジェイクにぶつけます。

子供をどうすべきか悩むルルに
ジェイクは産むように提案。
ニックもいい父親になると促します。
すっかりカミングアウトしたジェイク、すがすがしかったです。

ルルの妊娠検査につきあい、徐々に決意を固めるニック。
バートンのところに行き、母の婚約指輪を譲ってもらいます。
バートンはニックの決心を歓迎しますが…

ニックがルルに指輪を渡すと、ルルはブチ切れます。
結婚の前に子供をどうするかを真剣に考えてほしい。
いかにもルルらしいリアクションだけど
ニックはまた黙ってしまいます。

子供たちの里親として父親の友人夫婦が立候補。
手続きのために夫婦に検査が必要となりますが
夫が血液検査を拒みます。
もしやとニックは病の父を訪ね、真相を聞き出そうとします。
友人も感染していたら、子供たちはまた路頭に迷ってしまう。
ニックはその疑問を友人にも問いただしますが
答えは得られませんでした。

先が見えないことばかりの中で
ニックは仮面パーティーに出席
ルルは体調が悪くて先に帰ってしまいます。
ニックがパーティーでの景品を渡す準備をしていたら
スザンヌが到着して、二人はキスしてしまいます。
ニックが帰宅するとルルは温かく迎えてくれますが
秘密を抱えてしまったニックは
この先どうするのでしょう。

タイトルのBelieve。
ホームレスがあちこちに書いたBelieveの落書きとロゴがお洒落なので
独占契約して商標化したらどうかとジェイクが提案。
ホームレスに契約金を払ってBelieveグッズが作られ始めるのですが
日本で同じロゴの日本酒が販売されていることが分かり
商標化はボツになってしまいます。
なんとホームレスは元軍人で日本に駐留していたことがあったそうで
しかし日本にBelieveなんて日本酒あるか??と
ちょっとツッコミたくなってしまいました。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ