FC2ブログ
Top Page › 映画 › Man of Steel のかなり偏った感想

2013 · 09 · 02 (Mon) 21:09

Man of Steel のかなり偏った感想

新しいスーパーマン映画に、なんとMeloniが出ていると教えてもらって
慌てて映画館まで観に行きました。
しかも3D作品じゃないですか。
飛び出すMeloniなんて幸せ!!

実はSF系と同じくらいアメコミが苦手。
そんなことありえないでしょ!とツッコミどころばかり見つけてしまうので
観ていて面白いと思えません。
だからスーパーマンもバットマンもスパイダーマンも
一応ちらっと観た気はするけど話の中身は覚えてないし
そういえばカッターさんが出てるバットマンのDVDを買ったのに
まだ観ていないことを思い出しました。
そのくらい苦手なんですよ。

だけどスーパーマンに関しては
Smallvilleを2シーズンくらい観たので(そこで挫折したけど)
一応若きクラーク・ケントについては多少の知識を持っています。
今回の新生スーパーマンは誕生からデイリー・プラネットに就職するまでの話なので
まあまあついていけるかなとは思ったんですが…

まだ就職する前のスーパーマンが地球を守るために
クリプトン星人と戦っちゃっていいんですかね?
しかも地球上壊しまくり。
ものすごい速さで飛んでくれるので目が回りそうになるし。
相当疲れました。
さらに荒廃した地球が次の瞬間に元に戻っていることにあきれ果て
だったら震災の復興とかに是非活躍していただきたい!
とか思っちゃうからアメコミ系ダメなんですよ。

でもお目当てはMeloniほかドラマオヤジなんで許します。
まずMeloniが演じてるのはハーディー大佐という空軍ですか?のお偉いさん。
ステーブラーは辞職願を出したと思ったら軍に戻って
あっという間に大出世しちゃったという展開です(嘘)
北極圏でお仕事のとき、取材に来たロイスにバケツで用をたせみたいなことを言ってましたが
それはケラーの得意技でしょ!と早速ツッコミたくなりました。
あとは自ら軍の部隊を指揮し、クリプトン星人と戦い
ゾッドの手下のねーちゃんと一対一でにらみ合う場面が多々あるんですが
決して引けを取らずオヤジパワーを発揮してました。
さらにロイスを乗せて飛んでるから、狙われるわけがなく(笑)
頑張って生き延びてましたよ。
そしてクラークが地球側にいるもんだから腹を立てたゾッドが地球ぶっ潰し作戦をスタート
だったらブラックホールに落っことせ計画
(ってことだと思うけど、こういう話って苦手なのでよくわかんなくて…汗)
科学者のTWWトビーと共にステーブラーはクラークを援助
そしてステーブラーが飛んでる戦闘機からロイスがずり落ちたところをクラークが助けに来て
その間にステーブラーは「お国の名誉のために!」とまるで神風特攻隊のように
ブラックホールの中に突っ込んでいったのでした。
だから地球を救ったのはクラークスーパーマンじゃなくてステーブラーですからね!
と勝手に思い込むことにします。

その間デイリー・プラネット社では編集長のラングストン教授が
全身全霊を込めてがれきを持ち上げてました。
さすがだ!!

その他ラッセル・クロウとかケビン・コスナーとか
一流のオヤジもいるんですけど
ダイアン・レインの老け役ぶりには恐れ入りました。
マーサはそこまで年取らなくてもいいんじゃない?
ファンにはかなりショックだったのではないでしょうか。

以上、完全に観方を間違えた感想でした。

man of steel
山ほどあるスーパーマンの中からやっと見つけた貴重なオヤジ画像。
なかなか素敵でしょ♪

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント