INDEX    RSS    ADMIN

House M.D. S8-#1 「囚人ハウス」

Dr.ハウスファイナルシーズン。
前回カディの家に車を突っ込んだハウスは何と刑務所の中。
懲役一年でしたが、模範囚ということで8カ月に減役。
残り5日を無事に乗り切れば仮釈放が認められるというところまでこぎつけました。

そんなわけでシーズンプレミアは刑務所の中のハウス。
いつものレギュラーは誰も出てこなくて
他のドラマでたっぷり見た(笑)刑務所の光景が繰り広げられます。
足の痛みのために毎日バイコディンを4錠投与されているハウスは
刑務所を仕切ってるオヤジに2錠渡して、平和を約束されています。
しかし仮釈放が決まったとたん、みんなハウスの持ち物を狙いに来るし
仕切りオヤジは仮釈放の日までにバイコディン20錠を調達してこないと
痛い目に遭わせると脅してきます。
世渡り上手のハウスにもこれは難しそう。

しかし只者ではないハウスは、なかなかうまいことやってのけます。
ひじやひざが痛いと言ってきた囚人の病状が気になったハウスは
ごみ集めの仕事のついでに医務室に入り、女医のアダムズにあれこれ意見していきます。
アダムズはハウスの鋭い指摘にだんだん耳を傾けるようになり
カルテまで見せてあげようとしますが
もう一人のオヤジドクターがストップをかけます。
アダムズを演じてるのはOdette Annable。
ブラシスのジャスティンの本物の奥様ですね。
ついでに煩いオヤジドクターがCold Caseのジェフリーズ。
いつの間にか医者に変身していました。

囚人の病気はわからないまま
ハウスはいつものように自分なりに診断し考えていきます。
その間仕切りオヤジに脅され
同房の巨大だけど無口なオヤジが
房の中にいるコオロギが鳴かなくなったと不機嫌になると鳴くように工夫し
なんとか仮釈放に向けて頑張ってきました。
でも溜めこんだバイコディンを飲まないと
自分の体が辛くなります。
結局ハウスはバイコディンを飲んでしまいます。

ハウスはガムの銀紙をトイレのコンセントに差し込んでボヤを起こすと医務室に行き
スタッフが慌てているうちにバイコディンを盗みます。
でもその瓶は自分で元に戻します。
結局アダムズがハウスの苦労に気づいてバイコディン20錠を分けてくれました。

仕切りオヤジがハウスに近づきバイコディンを要求。
ところがハウスはその貴重品をばら撒いてしまいます。
仕切りオヤジがブチ切れると
ハウスの同房の巨大オヤジがハウスの味方についてくれました。
これは心強い。
ハウスはうまく危機を脱したのですが…

医務室に運ばれたハウスの隣に謎の病気囚人が寝ていて
ハウスはどうしても検査をしたくて実行に移そうとします。
ジェフリーズが止めようとしても無視。
その結果ハウスの仮釈放はなしになってしまいました。
やれやれ。

刑務所内の医務室ではいろいろ事件も起こるし
ライアンとネイサン先生のロマンスなんていうのもありましたが
ハウスの場合はやはり治療に関わりたい強い思いがあるんですね。
場所は変わっても態度の変わらないハウスに恐れ入りました。

この後また元のハウスに戻るようですうが
キャストは相当変わるみたい。
どうなってしまうんでしょう。
不安を感じながらも、この先が楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント