FC2ブログ

Law&Order SVU S13-#18 「Valentine's Day」

香港国際空港のラウンジでNY行きの飛行機を待っていたボイドは、自宅にいる妻のクリスティーンとSkypeでチャットを始める。ボイドは出張の予定が変わって明日のバレンタインデ―に帰ることを報告、クリスティーンがキッチンでボイドを挑発していると、玄関のブザーが鳴る。すると覆面の男がキッチンに押し入り、クリスティーンを脅しレイプをし始める。その様子をPC上で見せられたボイドは助けを求める。
ボイドは娘を預けていた母親に連絡、犯人は警察に通報するとクリスティーンを殺すと警告していたが、母親が通報しSVUが捜査に乗り出す。だが自宅にクリスティーンはおらず誘拐されていた。ボイドは親友のゲルドと共に投資会社を経営していたが、ボイドがゲルドの起こしたトラブルをもみ消していた。フィンとロリンズの事情聴取に対し、ゲルドは金曜にクリスティーンとランチをしたことを認めるが、昨晩は妻と一緒だったと答える。
ベンソンとアマーロがJFKに到着したボイドを迎えると、ボイドは二人の姿を見つけて逃げ出す。ボイドはクリスティーンからの電話に、金は用意する、警察には言わないと答えていた。ベンソンたちに問われたボイドは、PC上のレイプ画面を撮影した写真を見せながら、25万ドルを要求されている、金の受け渡し場所を指定されたと知らせる。
ボイドは金の入ったバッグを公園のベンチに置き、SVUが付近を張り込む。すると顔を隠したクリスティーンが金を受け取りに来た。SVUに保護されたクリスティーンは、3人の黒人に見張られているから金を渡させてほしいと頼みこむ。クリスティーンはスキンヘッド2人とドレッドヘア1人に交互にレイプされたと説明。キッチンで銃を突きつけられ着替えさせられた後、裏口からバンに乗せられて別の場所に連れていかれてレイプされたようだ。だがベンソンはクリスティーンの口数の多さから、彼女は真犯人をかばっているのではと考え始める。
クリスティーンは健康食品の宅配業者に電話をかけていることが分かり、店を調べに行くと店員が、クリスティーンはコカインやエクスタシーを買っており、白人の配達業者が運んでいると答える。またクリスティーンのレイプ検査の結果、相手は白人男性一人であることも判明する。クリスティーンはストーカーに襲われ殴られたと言い直し、SVUは宅配業者のフェイヒーを逮捕する。フェイヒーには前科があったが、クリスティーンと半年前に交際が始まり、二人でレイプと誘拐を偽装、身代金の要求もクリスティーンのアイディアだと自供する。ボイドはクリスティーンを自宅に連れて帰る。
クリスティーンの隠れ家はソーホーのロフトで、ゲルドの所有物件でした。身代金の金額がボイドの払った和解金と同額なので、ゲルドの関与を追及すると、ゲルドはクリスティーンが以前から部屋を使っていたことを認め、ベッドの上に監視カメラが設置されていることを伝えます。カメラにはクリスティーンとフェイヒーの情事の様子が映っており、レイプされたようには思えませんでした。クリスティーンはエクスリーに弁護を頼み、法廷でケイシーと争うことになります。
ケイシーはクリスティーンに強制罪、捜査妨害、虚偽報告を要求、フェイヒーの証言と合わせて映像を見せながら合意の上でのセックスを確認、レイプ被害は虚偽であることを主張します。ところがエクスリーはレイプ、誘拐はフェイヒーのでっちあげだと反論してきます。するとフェイヒーはクリスティーンは以前他の配達員とも関係を持っていたが別れたと叫び出します。法廷は中断、クリスティーンはトイレに行くと言いながら、階段で煙草を吸っていた陪審員の一人と接触します。
クリスティーンはビデオは全てを記録していない、フェイヒーはただの配達員だと説明しますが、ケイシーはフェイヒー、ゲルド、ヘイズの3人がクリスティーンとの不倫を認めたことを訴え、クリスティーンの偽証を追及します。だが陪審人の意見が一致せず、審理無効となってしまいます。ケイシーはクリスティーンが陪審人の一人に視線を送っていたことに気付きましたが、陪審人の変更は不可能でした。ボイドは記者会見で妻の勝利を喜びます。

いきなり空港の大仏写真にここはどこ??と悩んでいたら
香港国際空港だとわかって激しいツッコミが!
香港に大仏はないって!!
ついでに「貴賓室」ってどこだい??
またアジアの勘違いが(泣)

クリスティーンのレイプ誘拐事件はすぐに偽装だなってわかりましたが
これだけ妻が浮気しまくってるのに
それを信じていないボイドって大丈夫?
だって友人に妻を寝とられてるんでしょ。
まさかボイド公認で
彼もまた浮気しまくっているのか。
そうでもなきゃ、あまりにもお人よしというか間抜けというか。
したたかなクリスティーン以上に
ボイドが心配になってしまいました。

クリスティーンを演じてるのは
American Horror Storyのシェリー役のChloë Sevignyですが
ボイドもなんか知ってる顔だと思ったら
Mad Menのハリーでした。
Mad Menの人たちって見た目が古臭くなってるので(笑)
現在バージョンだと気がつきにくいです。

バレンタインデーにマリアが帰国。
せっかくのデートなのにアマーロは事件でキャンセルなのは仕方ないとして
アマーロはマリアの口数の少なさが気になります。
マリアは環境の違いを理由にしますが
あとでアマーロはマリアを尾行。
彼女がある男性の家に入っていくのを確認します。
ここでも夫婦の危機ですか??
ステーブラーはいろいろあったものの何とか乗り越えましたが
アマーロが二の舞っていうのは嫌だなぁ。

スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

魔性の女っぷりに、ビックリ。
この癖は治らないでしょうね、
いつかどこかで馬脚を現すのでは?

それよりも、アマーロ!!!
マリアったら・・・・、
あんまりじゃないの、アマーロは発砲事件の時も、マリアを心の支えに
していたのに!

マリアのほうに、腹が立ちました!

2013/09/21 (Sat) 11:54 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

SVUの人たちのプライベートは苦労が絶えないことになってますから…
それにしてもアマーロ、まだ子供も小さいんだし、なんとかうまくやってほしいな。
ステーブラーみたいに自らブチ切れオヤジじゃないんだし。

クリスティーンの魔性に、見事に毒されて行く男たち。
だから夫のボイドも、クリスティーンを許せてしまうのでしょうか。
恐ろしいです。

2013/09/22 (Sun) 09:51 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ