FC2ブログ

第65回エミー賞授賞式

昨日AXNで生放送されたエミー賞授賞式を視聴。

普段エミー賞やGG賞などの授賞式はあえて観ていません。
そうじゃなくても観なければならないドラマは山盛り状態で
とてもそちらまで時間をかけられないから。
しかも生で観るのはまず不可能ですから
結果は後からネット検索で確認。
その時点で満足してしまうので、特に録画した授賞式を観たいと感じないからです。

ところが今年は授賞式が休みじゃないですか。
さらにAXNが生放送してくれるし。
これはせっかくのチャンスを逃す手はないでしょう。
ということで本当に久々に生エミー賞を楽しませてもらいました。

というのもブラジルに住んでいた時はアメリカとほとんど時差がないので
日曜の夜にのんびりとリアルタイムエミー賞を楽しんでいたんですよね。
やはり向こうのCS局でオンエアされていたのを見てたわけですが
同時通訳はなかったので英語版のみでした。

ちょうど54回授賞式の日記があったのでコピペしておきます。
2002年9月23日 第54回 エミー賞授賞式

ちょっと前に見終わったところ、結果をまとめておきましょう。
ドラマシリーズ The West Wing(NBC)
コメディシリーズ Friends(NBC)
ドラマ主演男優 Michael Chiklis (The Shield/FX)
ドラマ主演女優 Allison Janney (The West Wing)
コメディ主演男優 Ray Romano(Everybody Loves Raymond/CBS)
コメディ主演女優 Jennifer Aniston(Friends)
映画 Gathering Storm(HBO)
ミニシリーズ Band of Brothers(HBO)

こんな感じでやたらと強いNBCとHBO。ちなみに助演男優&女優もWest WingとRaymondが幅を利かせていました。
The West Wingが強いのはいつものこと。Friendsもまあ当然かな。そんな中で私のお気に入りハゲ刑事がめでたく主演男優賞をゲット。これにはびっくり&感動しました。他にはMartin Sheen,Kiefer Sutheland,そしてSFUの兄弟の二人と立派なキャラが揃っていたにもかかわらず、堂々の受賞です。本人もすごく緊張して、壇上でドキドキしてました。ちっぽけなケーブル局(と本人が言ってた)のドラマなのに快挙ですよね。The Shield、AXNが放送してくれたおかげで彼の迫力を拝むことができた、これにも改めて感謝です。

授賞式の中で一番感動したのは、BOBのスタッフ一同が壇上に上がったときその中に本物のウィンターズ氏が含まれていて、他のイージー・カンパニーのメンバーも別会場に集まって授賞式を見ていたこと。彼らの功績があったからこのシリーズが出来たんだもん。

やはり今回は9・11の与えた影響があちらこちらに現れていた、そんな授賞式でした。
読みながら懐かしくなっていました。

さて、今年も生エミーと書いたけど実はちょっと嘘でして
録画して追っかけ再生をして観ていました。
時差を1時間くらいつけて。
その理由は、生放送はやたらとCMが入るんですよね。
CBSの放送をそのまま流すので編集されていない。
そこにアメリカのCMが入ってたらそれは面白かったかもしれないけど
AXNの番宣をひたすら見続けるのも辛いです。
さらにCMの間ずっと待っているのはあまりにも時間が無駄なので
リアル生視聴は諦めました。
そして12時になり、録画がストップしたので
本当に終わったかなと確認したら、まだやってるじゃないですか。
実は時間が延びることも過去に経験してたので想像がついてました。
だから本当に最後だけは先に生視聴しましたが
せっかくなのでもう少し放送枠を長めにとっておいてくれてもよかったですね。

今年の結果がAXNのHPにきれいにまとまっているので
コピペさせてもらいます。

ドラマ・シリーズ部門

作品賞 (Outstanding Drama Series)
・★「ブレイキング・バッド」
・「ダウントン・アビー」
・「ゲーム・オブ・スローンズ」
・「HOMELAND」
・「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
・「MAD MEN マッドメン」

主演男優賞 (Outstanding Lead Actor In A Drama Series)
・ブライアン・クランストン「ブレイキング・バッド」
・ヒュー・ボネヴィル「ダウントン・アビー」
・ダミアン・ルイス「HOMELAND」
・ケヴィン・スペイシー「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
・ジョン・ハム「MAD MEN マッドメン」
・★ジェフ・ダニエルズ「ニュースルーム」

主演女優賞 (Outstanding Lead Actress In A Drama Series)
・ヴェラ・ファーミガ「Bates Motel」
・ミシェル・ドッカリー「ダウントン・アビー」
・★クレア・デインズ「HOMELAND」
・ロビン・ライト「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
・エリザベス・モス「MAD MEN マッドメン」
・コニー・ブリットン「Nashville」
・ケリー・ワシントン「スキャンダル 託された秘密」

助演男優賞 (Outstanding Supporting Actor In A Drama Series)
・★ボビー・カナヴェイル「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」
・ジョナサン・バンクス 「ブレイキング・バッド」
・アーロン・ポール「ブレイキング・バッド」
・ジム・カーター「ダウントン・アビー」
・ピーター・ディンクレイジ「ゲーム・オブ・スローンズ」
・マンディ・パティンキン「HOMELAND」

助演女優賞 (Outstanding Supporting Actress In A Drama Series)
・★アンナ・ガン「ブレイキング・バッド」
・マギー・スミス「ダウントン・アビー 」
・エミリア・クラーク「ゲーム・オブ・スローンズ」
・クリスティーン・バランスキー「グッド・ワイフ」
・モリーナ・バッカリン「HOMELAND」
・クリスティーナ・ヘンドリックス「MAD MEN マッドメン」

監督賞 (Outstanding Directing For A Drama Series)
・ティム・ヴァン・パタン「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」
・ミシェル・マクラーレン「ブレイキング・バッド」
・ジェレミー・ウェッブ「ダウントン・アビー」
・レスリー・リンカ・グラッター「HOMELAND」
・★デヴィッド・フィンチャー「ハウス・オブ・カード 野望の階段」

脚本賞 (Outstanding Writing For A Drama Series)
・ジョージ・マストラス「ブレイキング・バッド」
・トーマス・シュノーズ「ブレイキング・バッド」
・ジュリアン・フェローズ「ダウントン・アビー」
・デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス「ゲーム・オブ・スローンズ」
・★ヘンリー・ブロメル「HOMELAND」

ゲスト男優賞 (Outstanding Guest Actor In A Drama Series)
・ネイサン・レイン「グッド・ワイフ」
・マイケル・J・フォックス「グッド・ワイフ」
・ルパート・フレンド「HOMELAND」
・ロバート・モース「MAD MEN マッドメン」
・ハリー・ハムリン「MAD MEN マッドメン」
・★ダン・ブカティンスキー「スキャンダル 託された秘密」

ゲスト女優賞 (Outstanding Guest Actress In A Drama Series)
・マーゴ・マーティンデイル「The Americans」
・ダイアナ・リグ「ゲーム・オブ・スローンズ」
・★キャリー・プレストン「グッド・ワイフ」
・リンダ・カーデリーニ「MAD MEN マッドメン」
・ジェーン・フォンダ「ニュースルーム」
・ジョーン・キューザック「シェイムレス 俺たちに恥はない」

コメディ・シリーズ部門

作品賞 (Outstanding Comedy Series)
・「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」
・「Girls」
・「Louie」
・★「モダン・ファミリー」
・「30 ROCK/サーティー・ロック」
・「Veep」

主演男優賞 (Outstanding Lead Actor In A Comedy Series)
・ジェイソン・ベイトマン「ブル~ス一家は大暴走!」
・★ジム・パーソンズ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」
・マット・ルブラン「マット・ルブランの元気か~い?ハリウッド!」
・ドン・チードル「House Of Lies」
・ルイス・C・K「Louie」
・アレック・ボールドウィン「30 ROCK/サーティー・ロック」

主演女優賞 (Outstanding Lead Actress In A Comedy Series)
・ローラ・ダーン「Enlightened」
・レナ・ダナム「Girls」
・イーディ・ファルコ「ナース・ジャッキー」
・エイミー・ポーラー「Parks And Recreation」
・ティナ・フェイ「30 ROCK/サーティー・ロック」
・★ジュリア・ルイス=ドレイファス「Veep」

助演男優賞 (Outstanding Supporting Actor In A Comedy Series)
・アダム・ドライヴァー「Girls」
・ジェシー・タイラー・ファーガソン「モダン・ファミリー」
・エド・オニール「モダン・ファミリー」
・タイ・バーレル「モダン・ファミリー」
・ビル・ヘイダー「サタデー・ナイト・ライブ」
・★トニー・ヘイル「Veep」

助演女優賞 (Outstanding Supporting Actress In A Comedy Series)
・メイエム・ビアリック「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」
・ジェーン・リンチ「Glee」
・ソフィア・ヴァーガラ「モダン・ファミリー」
・ジュリー・ボーウェン「モダン・ファミリー」
・★メリット・ウェヴァー「ナース・ジャッキー」
・ジェーン・クラコウスキー「30 ROCK/サーティー・ロック」
・アンナ・クラムスキー「Veep」

監督賞 (Outstanding Directing For A Comedy Series)
・レナ・ダナム「Girls」
・パリス・バークレイ「Glee」
・ルイス・C・K「Louie」
・★ゲイル・マンキューソ「モダン・ファミリー」
・ベス・マッカーシー=ミラー「30 ROCK/サーティー・ロック」

脚本賞 (Outstanding Writing For A Comedy Series)
・デヴィッド・クレーン、ジェフリー・クラリク「マット・ルブランの元気か~い?ハリウッド!」
・ルイス・C・K、パメラ・アドロン「Louie」
・グレッグ・ダニエルズ「ザ・オフィス」
・ジャック・バーディット、ロバート・カーロック「30 ROCK/サーティー・ロック」
・★ティナ・フェイ、トレイシー・ウィグフィールド 「30 ROCK/サーティー・ロック」

ミニシリーズ/テレビムービー部門

ミニシリーズ/テレビムービー作品賞 「Outstanding Miniseries or Movie」
・「アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟」
・★「恋するリベラーチェ」
・「The Bible」
・「Phil Spector」
・「Political Animals」
・「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~」

主演男優賞 「Outstanding Lead Actor In A Miniseries Or A Movie」
・★マイケル・ダグラス「恋するリベラーチェ」
・マット・デイモン「恋するリベラーチェ」
・トビー・ジョーンズ「ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女」
・ベネディクト・カンバーバッチ「パレーズ・エンド」
・アル・パチーノ「Phil Spector」

主演女優賞 「Outstanding Lead Actress In A Miniseries Or A Movie」
・ジェシカ・ラング「アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟」
・★ローラ・リニー「The Big C: Hereafter」
・ヘレン・ミレン「Phil Spector」
・シガーニー・ウィーヴァー「Political Animals」
・エリザベス・モス「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~」

助演男優賞 「Outstanding Supporting Actor In A Miniseries Or A Movie」
・★ジェームズ・クロムウェル「アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟」
・ザッカリー・クイント「アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟」
・スコット・バクラ「恋するリベラーチェ」
・ジョン・ベンジャミン・ヒッキー「The Big C: Hereafter」
・ピーター・ミュラン「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~」

助演女優賞 「Outstanding Supporting Actress In A Miniseries Or A Movie」
・サラ・ポールソン「アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟」
・イメルダ・スタウントン「ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女」
・★エレン・バースティン「Political Animals」
・シャーロット・ランプリング「Restless」
・アルフレ・ウッダード「Steel Magnolias」

監督賞「Outstanding Directing For A Miniseries, Movie Or A Dramatic Special」
・★スティーヴン・ソダーバーグ「恋するリベラーチェ」
・ジュリアン・ジャロルド「ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女」
・デヴィッド・マメット「Phil Spector」
・アリソン・アンダース「Ring Of Fire」
・ジェーン・カンピオン、ガース・デイヴィス「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~」

脚本賞「Outstanding Writing for a Miniseries, Movie or a Dramatic Special」
・リチャード・ラグラヴェネーズ「恋するリベラーチェ」
・★アビ・モーガン「The Hour」
・トム・ストッパード「パレーズ・エンド」
・デヴィッド・マメット「Phil Spector」
・ジェーン・カンピオン、ジェラルド・リー「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~」


感激したのはドラマ部門でのボビーの助演男優賞受賞。
TW時代からずっとボビーを応援していたので
嬉しく思っています。
ボビーの出演するボードウォーク・エンパイアはこれからオンエアなので早く観たいです。
それから作品賞を受賞したブレイキング・バッドをまだ観たことがなくて
フジテレビNEXTでオンエアしていたのは知っていたんですが
契約してないから見られないと諦めていました。
ところがTWOでも再放送されていたと教えてもらって
それは気付かなかった…とちょっとがっかりしてしまいました。
次にチャンスがあったら是非観てみようと思っています。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
カクテキ  

バカ正直に番組表通りに録画したので、作品賞受賞は見られませんでした。
先に結果は知っていたけれど、知っていればまた期待しちゃうじゃないですか(笑)。
再放送でそこだけでも見るつもりです。
ボビーの人、ボードウォークエンパイアに出てたのですね。
S2をうっかり見損ねてしまったので、そこから見ないとならないかしら…。
それはそうと、ボビーの人の隣りにいた女優があまり好きな人ではないので少なからずショックだったりします(笑)。

2013/09/25 (Wed) 11:22 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

今回生視聴に近い見方をしていたので、なんとか作品賞もチェックできました。
知らずに録画を観ていたらがっくりですよね。
延長は予測できることなんだからもう少し放送枠延ばしてもよかったと思います。
それこそ余ったら通販のCMでも入れておけばいいんだし(いつもやってるのに)
ボードウォークのボビーはこれからなので、どんな役なのか大いに期待。
ボビーのスピーチで息子のことを言っていて、ナース・ジャッキーに出ていたあのそっくりな息子だとあの親子共演を思い出しました。これからもやってほしいな♪
でも彼の最高傑作はOZのトルケマーダだと今でも思っています!

2013/09/25 (Wed) 20:25 | 編集 | 返信 |   
atsumi  
未契約ですので見てません(苦笑)

ミニシリーズのところに目がいきます、やっぱり。
「恋するリベラーチェ」と邦題になってるということは、放送or上映が決まっているということかしら?USAではドラマ扱いされてますが、ヨーロッパでは立派な映画なんですよね。マイケル・ダグラスの熱演・怪演だけではなく、マット・デイモンも見たいですな〜。
ミニシリーズの脚本賞、この凄い顔ぶれのなかでアビ・モーガンが取ったのは凄い。フィル・スペクター、マメット監督&脚本だったのね〜。これも見たい。
アリソン・アンダース!!!嬉しい名前です。
NPHの司会ぶりはどうだったのでしょうか?

2013/09/27 (Fri) 21:25 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

リベラーチェ、いつどこでオンエアするのでしょう。それとも劇場公開かな。キャスト的に映画扱いでいいのかなという感じもします。
フィル・スペクターはご本人の怪人ぶりが気になっていたので、どんな演出なのか興味深いです。
NPHは歌って踊って、大忙しでしたよ。それがいかにも彼らしかったけど。

2013/09/29 (Sun) 10:46 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ