FC2ブログ
Top Page › The Closer, Major Crimes › Major Crimes S1-#8 「曖昧な証言者」

2013 · 10 · 04 (Fri) 21:33

Major Crimes S1-#8 「曖昧な証言者」

8年前にタオが担当した建築家による妻の殺害事件。
娘の目撃証言が父親の有罪につながったのですが
今になってキッチンの血痕が別人のものと判明。
娘も子供のころの証言を覆し、侵入者がいたと言い始めたため
判事は一転して父親に無罪を言い渡しました。
タオは父親に誤認逮捕を謝るのですが
どうも納得いきません。
プロベンザも父親が怪しいという説に大賛成です。

それにしても当時の娘の証言によると
父親は母親を何度もナイフで刺したようで
その惨劇を見てしまったときは相当のショックだったでしょう。
なのになぜ今になって証言を覆すことになったのか。
娘はその時見ていた映画の場面と混乱したように答えています。

それならどのように父親の有罪を確定していくか。
血痕から侵入者は確定できましたが現在は行方不明。
妻も居場所を知りませんでした。
さらに侵入者が盗んだと考えられる金の行方を追っていくと
殺害された母親の関与が見えてきました。
捜査にはFBIの手を借りたために、久々にフィッツが登場。
見事な連係プレーを見せてくれましたが、ブレンダはどうしてるのかな?

母親の残虐な殺され方は侵入者と関係を持っていた母親に対する父親の怨恨によるもの。
それが確信できても、一度無罪になった父親をもう一度有罪にするわけにいきません。
でも他の殺人事件で起訴すれば、再び有罪に持ち込めます。
タオたちは事件の後放置されていた自宅を捜索し
娘にもう一度証言を確認し
庭に埋められていた侵入者の白骨死体を見つけます。
胸からはナイフのこぼれた歯も発見されました。
父親の第一級殺人が確定し
再び拘留される前に、レイダーは娘が父親と会えるように配慮します。
ところが父親は娘に「お前も殺しておけばよかった。」と一言。
父親はやはり冷酷な犯人でした。

ラスティはダニエルと食事をすることにしますが
なかなか打ち解けられずにいます。
レイダーはラスティの母親のことを話題にするようにダニエルにアドバイスしますが
ラスティはさらに不機嫌になってきます。
ラスティはダニエルが信用できないと主張するけれど
ダニエルは誠意を見せているし
少しずつ理解して行ければいいのだから。
ラスティはまたダニエルと食事に行くことにしました。
レイダーはほっとしているようで、でもどこか寂しさもあるのかな。

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

父親の最後のあの一言が、最高に怖かった!!
ブレンダからレイダーに変わって、いけずさ加減が薄くなったと油断していたら・・・、
やられたっ!


ラステイ、ダニエルとはうまくいっても、後妻さんとその子供がいるから、
まだまだ同居にはハードルが高いでしょう。
レイダーの表情が寂しげで、
でもちょっといいヒトになりすぎだなあ・・・・・苦笑
2013-10-05-10:51
くーみん [ 返信 * 編集 ]

追伸
サイクスが無事戻ってきてよかった!
みんなに受け入れられたようで、これからも活躍してほしいですね。
2013-10-05-10:53
くーみん [ 返信 * 編集 ]

レイダーはCloser時代と比べると別人ですよね。
別人と言えば、プロベンザの存在感も別人化している気がしますが。
ラスティはこのまま、重大犯罪課という大家族の中で生きて行くのかな。
ダニエルともうまく親子関係が築ければいいですね。
サイクスの復活は本当によかったです。

殺人鬼父ちゃん、怖かったです…
2013-10-05-18:41
Garoto [ 返信 * 編集 ]