INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S13-#21 「Learning Curve」

ケンはレストランでマンチに、婚約者のアレハンドロを紹介する。ケンはまだフィンに、アレハンドロとの結婚のことをを話していなかった。アレハンドロはケンたちと別れた後、突然男たちに襲われバンに押し込まれる。
ケンがSVUにアレハンドロの入院を伝える。アレハンドロは殴られ、レイプされ、歩道に捨てられていた。犯人は4人ぐらいでスペイン語なまりの英語をしゃべり、そのうち2人の顔を見たが10代のヒスパニック系だったとアレハンドロは話す。ドミニカ人のギャングのように思われ、彼らはアレハンドロの名前を知っていた。フィンはアレハンドロがケンの婚約者であることを知り、犯人を捕らえることを約束する。
アレハンドロは眼窩骨が砕け、腸が破裂していた。2週間前にも、同じ手口でゲイの男性が襲われる事件があり、ギャングの入団テストとも考えられた。被害者のフラコは、犯人にXのタトゥーがあったのを見ており、BX9の仕業かもしれない。アレハンドロはスタイリストでギャングとのつきあいはなかったが、いとこのマリソルの恋人のセサルがギャングとつるんでいた。セサルがギャングへの入団の儀式を受けたのかもしれない。捜査を離れるように言われたフィンだが、ロリンズと共にマリソルの家を捜査し、銃を発見する。セサルは銃の所持と、アレハンドロを襲ったことを認める。
また男性が路上で3人の男に襲われ、バンの中に連れ込まれる。襲われたのはリックという高校の数学教師で、弁護士の妻と別居したばかりだった。犯人はプエルトリコ人かと思われ、バンからは土の臭いがしたとリックは話す。だがリックはゲイではなく、レイプもされていなかった。
リックの妻は、リックにはゲイの友達が多かったと話す。そして仕事が長続きせず、数学教師になったものの、突然辞めたことを付け加える。
リックが勤務していたフォーセット高校を訪ねると、主任教師のジョアンナが、リックに生徒への虐待の疑いがあると、教師のナタリーが校長に報告してきたと説明する。リックに事情を聴くと、自分は何もしていないのに、3週間前に校長とジョアンナに呼び出され、生徒の告発があったと伝えられた。疑われたら有罪は免れないので、自分から辞めたと告白する。告発したのはブロンクスに住んでいるルカという生徒のようだ。ルカの父親は運送会社で働いていて、リックが息子にいたずらしたことへの復讐をほのめかす。ルカは1か月前、リックに成績が落ちたことで居残りを命ぜられ、自分の言うことを全部聞いたら面倒を見てあげると言われたと被害について話し始める。リックは未青年のレイプの罪で逮捕されるが、自分はゲイではないと一貫して犯行を否定する。校長はルカの両親の望みで虐待を隠ぺいしていた。
ルカが最初に虐待を打ち明けた相手はナタリーで、3週間前性教育を行った後、リックにズボンを脱がされ誘われたことを話していた。ジョアンナはナタリーとルカから事情を聞いた。学校は対面を保つためにリックをクビにしたが、SVUの事情聴取に対し、ルカの話に一貫性がない。嘘をついているのが明らかだ。
アレハンドロは手術が必要となり、フィンはケンに、ゲイが襲われる事件をたくさん扱ってきて、いつケンが襲われるのではと心配していたと話す。
ルカの成績は、リックに虐待を受ける前から下がっていた。ルカは学校から追い出されたくなくて嘘をついた。虐待したのはリックではなくジョアンナで、リックに罪を着せたと言い出す。ジョアンナは最初は学校でセックスを強要、その後はブルックリンの自宅で襲われ、ルカはジョアンナの家の詳細を説明した。ジョアンナもルカと個人面談を行ったことを認めた。SVUがジョアンナの家を捜査すると、ルカの供述通りだった。ジョアンナは取り調べを受けているうちに倒れる。

ジョアンナは3年前、勤務していたフォレスト校を辞め、フォーセット校に異動してきました。フォレスト校では同僚のリサが結婚退職した後、精神的に不安定になっており、ジョアンナがレズビアンであることをリサも気づいていたようでした。
ジョアンナが池に飛び込んで自殺を図ります。助けられたジョアンナは監視病棟に収容されます。ジョアンナはルカには何もしていない、ナタリーと親しかったと話し始めます。ナタリーは昨年5月、校長とジョアンナの面接を受けに来て、勤務を始めるとジョアンナといい付き合いをしてきました。しかしルカとナタリーが貴重書保管室にこもっていたことを知り、ナタリーはルカとの関係を断つと約束します。ルカはジョアンナの口を封じるためにリックを告発したのでした。
一方ナタリーは、ルカとは貴重書保管室で話していただけで、ルカはジョアンナのことで悩んでいたと説明します。ナタリーはジョアンナの家には行っていないと答えますが、嘘をついているのは明らかでした。
アレハンドロは昏睡状態に陥ります。
ルカがナタリーを人質にして、研究室に立てこもります。ナタリーを刺しナイフを持ったままのルカを、アマーロが説得します。
ルカはモントリオール行きのバスチケットを買って、向こうで暮らそうとナタリーに行っていました。しかしナタリーにもう会わないと言われ、彼女が6月に結婚することを聞かされたルカは怒りを爆発させたのでした。ナタリーを愛していたと言って、ルカはアマーロの説得に応じます。
フィンはアレハンドロに、犯人を逮捕したことを伝えます。

気の毒な人が多すぎる。
ようやくケンと婚約。
ここまで家族にも話せないくらい、ゲイであるために辛い思いをしてきたアレハンドロが
やっと幸せをつかめそうになったところで
ゲイバッシングの襲撃に遭ってしまいます。
息子の婚約者の受け入れを一瞬ためらっていたようなフィンでしたが
すぐに犯人逮捕に力を尽くします。
もし息子が襲われていたらという恐怖。
SVUにいるから、ゲイがらみの性犯罪もたくさん知っていて
恐怖心も増すのですね。

リックも勘違いの被害者。
ルカは多少でもリックへの恨みがあったんですかね。
数学の成績を落とされたから?
うまく利用されてしまって気の毒でした。

しかしルカってとんでもない高校生だ。
教師たちを次々に手玉に取り
嘘のつき方がうまいんでしょうね。
親もきっちり騙されてるし。
ジョアンナはある意味恋敵なので
リベンジされてもまあ仕方ないのかもしれないけど
ナタリーも厄介な子に手を出してしまいました。
そしてありえないような仕返しを受けることに。
ルカの説得の際、放置されていたから
即死状態だったんですかね。
恐ろし過ぎます。

アレハンドロはこのまま昏睡状態?
彼には目覚めてもらいたいけれど…

☆本国ではついにマンチが引退するようですね。
ホミ時代からここまで、20年に渡っての勤務は本当にご苦労様でした。
SVUから離れても、またどこかでマンチとして顔を出してほしいです。
ついでにキャシディが活躍中のようで
まずS13ファイナルで復活しますが
最初はマンチとキャシディがコンビを組んでたんだよね。
懐かしいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント