FC2ブログ

42 世界を変えた男

Chadwick Boseman、Harrison Ford主演の
大リーグの背番号42番、ジャッキー・ロビンソンの功績を称える作品。
大リーグでは4月15日に、どのチームも選手全員が42番のユニフォームを着ることは知っていましたが
ジャッキー・ロビンソンがどのような選手なのかは知らなかったので
興味深く観ることができました。
その前の晩に楽天が球団結成9年目にして、ついに日本一を達成。
野球で盛り上がった勢いでそのまま映画館で堪能しました。

太平洋戦争が終結したとき
ブルックリン・ドジャーズ(ドジャースはブルックリンにいたんですね)のGMのブランチ・リッキーは
チームに黒人選手を迎え入れることを決意します。
当時は大リーグは完全な白人社会。
そこへ黒人選手が入っていくことは当然差別を受けることは目に見えています。
黒人リーグで活躍していたジャッキー・ロビンソンは喧嘩っぱやいところはありましたが
ブランチはジャッキーならやっていけると信じ
やり返さない勇気を持てるよう約束して
まずドジャーズの傘下のロイヤルズにジャッキーを入団させます。
ジャッキーには黒人記者のウェンデルが世話をしながら成長を手助けし
結婚したばかりのレイチェルもジャッキーを支えます。

そして2年後、ジャッキーはドジャーズに入団しますが
チーム内からは彼とは一緒にやっていけないと
ジャッキーを追い出そうと嘆願書を書く者たちが現れます。
それは監督のレオが却下。
ジャッキーは対戦相手の監督にやじられたり
宿泊先でチームごと拒絶されたり
本当にひどい目に遭っていきます。
だが彼の確かな実力はチームを勝利に導き
チームメイトたちも理解を示し、一丸となって戦おうとする気持ちが育ってきます。
こうして初めての黒人大リーガーのジャッキーは功績を残し
現在では多くの日本人が大リーグでプレイするまでに変わっていったのでした。
キング牧師の公民権運動のずっと前に
差別と戦い続けたアスリートがいたんですね。
そしてジャッキー・ロビンソンデーにどの選手も42番のユニフォームを着るのは
皆同じ番号を着ていれば、差別されることはないという発想から行われていた。
人権意識を高めて行く上で、とても大切なことだと思います。

ここまではシビアな感想。

実は監督に要チェック!
まずジャッキーが入団したロイヤルズの監督がBrett Cullen。
まさか球場でBrettが野球の指揮をしてるなんて。
でも落ち着いて頼りがいのある紳士的な監督に見えました。
42 brett cullen

その後ドジャーズに移ると監督がChristopher Meloni
なんとMeloniが監督のレオを演じていました。
本物のレオがどんな人なのかよくわかりませんが
力はあるものの女癖が悪いようで
ブランチが電話しているときは大抵裸!
でもジャッキーに対する差別は断固許さず
嘆願書を持ってきた選手たち対し全ては実力だと突っぱねます。
だが結局姦淫罪を適用されて、1年間球団から追い払われてしまいます。
それでどうしたのかなと思って調べてみたら
ジャイアンツ、カブス、アストローズと移動しながら監督業を続け
来日の話もあったそうです。
写真を見たら、確かにMeloni似てるかも。
そしてMeloniもかなり怪しげなヘアスタイルで
役作りをしています。
42-christopher-meloni (2)-2

予期せぬ展開で素敵なオヤジたちを堪能。
しかもこの2チームが試合するシーンがあって
同じ場面にBrettとMeloniがいて夢みたい!!でした。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ