INDEX    RSS    ADMIN

The Listener S4-#1 「バンクーバーの再会」

予想通りのがっかりな展開に(泣)

すっかりIIBの特別顧問の座に収まってしまったトビーは
いきなりバンクーバーでのハイテク機器盗難事件の捜査のために飛んでしまいます。
救急車に乗ることはもうありえないだろうとすごく残念だけど諦めていましたが
オズと離れてしまったら医療話がなくなっちゃうじゃないですか。
今回も取ってつけたように最初と最後にライブハウスでバンドの演奏を聞きながら
(あのバンド有名なの?)喋ってるシーンがありましたが
お互い彼女付きでダブルデートじゃ全然面白くないです。
オズとトビーの語り合い(ふざけ合い?)が唯一の楽しみになりつつあったのに。

救命士フェチ(笑)の自分としては救命士としてのトビーに注目していたわけで
S1は能力を使いながらも命を救うために頑張るトビーの姿に感銘し
本当に毎回楽しく観ていました。
この力を全ての救命士が持っていたら本当に便利だなと思ったり
犯罪捜査にも役立つななんて感じたり。
でも一旦打ち切り話が出て寂しいなと思っていたら復活。
そこから方向がおかしくなっちゃったんだよね。
救命活動より犯罪捜査がメインとなり
ついに救命活動は消滅してしまいました。
犯罪捜査の方がドラマとしては盛り上がるし、ネタも豊富。
そしてもちろん犯罪捜査ドラマは大好きなんですけど
犯罪捜査ドラマに関してはあくまでも現実派なので
頼むから特殊能力使ってほしくないんですよ…わがままだ
もちろん救命士の特殊能力だってずるいけど
救命士ドラマそのものがとてもレアだったんだから
その点は許せるでしょ!

なのに自分の望んでいるものとどんどんずれて行く…
どうして?
救命士じゃダメなの??
トビーのキャラクターは好きなのでその点には不満はないんですが
どんどんずれて行ってしまうドラマを見続けるのはどんなものか
悩み始めてしまいました。
何かがS1の頃に戻ってくれないと、もう無理かな。

ところで爆弾作り一族の中にShamelessのジミーがいて
今週フィオナに愛想を尽かされてすごすごと出て行った後
こんなところで偉そうな態度を取っていたのがおかしくて
十分ストレス発散にはなったかもしれませんが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント