FC2ブログ

The Guardian S3-#22 「新しい人生」

やっとThe Guardian、ファイナルにたどり着きました!

ブログの方には40回ほど感想を書いていましたが
実はブログを始めて最初に書いた感想が2005年4月のS1-#13「秘匿特権」で
その前の感想は初代ドラマ日記の方に残っていました。
自分でも記憶が定かではなかったのですが
最初にこのドラマに出会ったのはブラジルで観たパイロットで
どうやら字幕なしで観ていたようです。
そして日本でFOXでのスタートに合わせて2シーズン視聴。
観るたびにどんどん落ち込みぼやきが激しくなりながら
すっかりハマって観ていました。

ところが狐さんがお得意のチャンネル移動でThe GuardianがCRIMEに移動。
その頃はJ:COMではCRIMEが観られなかったので一旦お別れ。
ずっと時がたってAXNが再度The Guardianを拾って放映してくれたという奇跡が起きたため
縁がないままだったS3を観ることができ
観始めて8年経って、ようやくゴールにこぎつけました。
これはAXNに感謝!と共に
無責任な狐さんに反省してもらわないと…
まだNIP/TUCKやRescue MeやWeedsの続きを何とかしてくれと
叫びたくてたまらないのですが。

このドラマもS3でキャンセルが分かっていて終わったんだろうなと
ファイナル直前数話では強く感じました。
突然ニックが今まで以上に冷淡になるし。
そしてファイナルは今まで進んでいたこと全てに終止符が打たれた感じがしました。
それが新し人生のスタートにもなったわけですが。

事務所を解雇されたニックはマクニールの事務所に移動。
最初は歓迎されますが、やっぱりしっくりいかず、すぐに辞めることになってしまいます。
その間元の事務所に戻ってジェイクに資料をよこせと脅し
今度はバートンまで引退することになってしまいます。
一方ルルは赤ちゃんに問題があるとして、帝王切開で出産させることになり
早産でしたが元気な女の子が産まれます。
ニックはめでたく父親になれたのですが
出生届を出すときになって、ルルは自分の名字で出したいと言い始めます。

アルヴィンはタリークの裁判でニックに補助を頼み
ニックは刑務所のタリークに会いに行きますが
事務的な話しかしないために、タリークに本当にやる気があるのか突っ込まれてしまいます。
追及されたニックは勝ち目が少ないことを正直に話すと
今度はアルヴィンから意見され…
原題の「Antarctica」どうして南極なんだろうと思っていたら
アルヴィンは残された人生の過ごし方として南極へ行こうと考えていたのに
結局タリークの裁判にかかりきりになって、南極行きを諦めてしまいました。
ニックは今は季節が良くないなんて意見していましたが。
アルヴィンはタリークの脳の損傷を理由に無罪を主張しましたが
陪審には受け入れてもらえず。
でもニックは盲点を突き、アルヴィンと一緒にもう一度本腰を入れて無罪主張のための準備をします。
だが結局勝てませんでした。

赤ちゃんがルルの姓を名乗ることに納得したニックが相談所に行くと
予算会議が始まるのにアルヴィンの姿がありません。
アルヴィンは自分の荷物をまとめて事務所から出ると
橋の上で佇んでいました。
アルヴィンの行方を知らないニックは急遽会議に出て
自分が所長だと言って説明を始めます。
こうしてニックはいつの間にか新しい仕事を始めていました。

このままS4につなげようと思えば可能ですが
上昇志向のうぬぼれ屋だったニックが
3年間の相談所での奉仕活動を経て
新しい家族を始め、多くのことを学び得ることができた。
そして再出発。
とここで終わる方がすっきりするように思えます。

S3はMentalistとの並行視聴でなんか不思議な感じもしましたが
じっくりと楽しむことができて本当によかったです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ