FC2ブログ

Law&Order SVU S14-#2 「Above Suspicion」

アマーロはキャシディに銃を向けながら、誰の命令なのか問い詰める。キャシディは教えるわけにはいかないと言いながら、潜入してバートや彼に関わっている風紀課、検察、警察の上層部について調べていると答える。カリッサがあの晩お前に迫られたと怯えて連絡してきたとキャシディが説明すると、アマーロはカリッサに触れていないと弁明、キャシディはカリッサがバート個人の携帯に電話し、バートがそれを伝えてきたことを教える。二人はクレイゲンもカリッサにハメられたこと、カリッサはクレイゲンに近づくためにアマーロを利用したことやデリアがクレイゲンをハメろとカリッサに指示したのではないか、そしてカリッサはデリアに裏切られたのではと確認、推測し合う。
バートは7日間の喪に服しながら、家に仕掛けられた盗聴器を見つける。
ライカーズでクレイゲンはマンチ、ロリンズと話す。5人殺されたが起訴されたのはクレイゲンだけだった。証言できる者もいない。クレイゲンは早く出してほしいと頼む。
フォスターはベンソンに、バートの家の盗聴器が一つ停止し、キャシディと連絡が取れないと伝える。
アマーロが自宅に戻ると、ベンソンが訪ねてくる。アマーロはキャシディがカリッサについて隠しごとをしていたことや、カリッサが最後に話した相手はバートだったことなどを伝える。そしてベンソンはマリアがザラを連れてDCに行ったのを知る。
キャシディがバートの家に戻ると、バートが銃を突き付けてくる。バートは盗聴器が仕掛けられていたことについてキャシディに文句を言う。キャシディは警察が仕掛けたのなら利用してやろうとバートに持ちかける。
高位裁判所の審問で、デリアはエクスリーをクビにしたので自分で弁護すると説明、有罪の証拠がないので起訴の取り下げを願い出る。フォスターは犯罪の証人であるアイリスは自殺ではなく、デリアの指示で殺害されたと主張する。
マンチとロリンズはバートの家に行き、デリアのアイリス殺害の容疑を裏付けたいと問う。バートは数か月前3人の暴漢がバットを持って自宅を襲い、テレビや美術品を壊しながら「これは仕置きだ。客引き野郎、思い知れ。」と言っていたと答える。デリアのアイリス殺害を裏付けるには、証拠品とバートの証言が必要だ。バートは証言の代わりに自分の免責を求める。フォスターは3年の盗聴が無駄になると不満を漏らすが、ベンソンはキャシディの信用を回復させるためだと説得する。
バートの家にベンソンが行き、バートを外に連れ出そうとする。その時表に二人組の車上荒らしが現れ、ベンソンが片方を追っている間に、もう片方とキャシディが銃を向け合う。その瞬間にパトカーが来て制服警官が降りてくる。ベンソンは追っていた男を逮捕、制服警官にキャシディは警察だと名乗り、ベンソンも警官を制止させようとするが、警官はキャシディを至近距離から2発撃つ。
キャシディはベンソンに付き添われて病院に運ばれる。ハリスが内務調査官を連れてくる。ベンソンはハリスにキャシディを撃った弾は動脈をそれたと伝えながら、同僚だった頃キャシディを傷つけてしまったと話す。バートも病院にキャシディの様子を見に来る。
内務監査でベンソンは、キャシディが撃たれた時のことを詳しく報告する。撃ったのは勤続2年目の警官アラナで、初めての発砲だった。ベンソンはパトカーの到着が早すぎたことを指摘、警官二人の供述が一緒なのは口裏を合わせていることや、男2人が弁護士を雇ったのは誰かが費用を払っているなど不審な点を挙げる。
フィンがライカーズに収監されている犯人の一人のハスドルバルに会いに行く。フィンは仲間が撃たれたと脅しながら、キャシディが外に出てくる2分前に、ハスドルバルやアラナがバート個人の携帯から連絡を受けていたことをつかむ。
アマーロとロリンズはアラナに話を聞きに行き、刑事が死んだと脅しをかけながら、誰に頼まれたのかを聞き出す。相手はアラナの指導教官のテッド巡査部長で、キャシディを殺せば昇進させてやると言われていた。
キャシディが目を覚ます。ベンソンからテッドの写真を見せられたキャシディは、テッドがバートのところに来ていたと伝える。キャシディを撃たせたのはバートだった。ベンソンが早く潜入から抜けていればと言うと、キャシディは抜けた後どうするんだ。この仕事が全てなんだと答える。ベンソンは今の自分は昔と違うと言ってキャシディにキスをする。
バートはイスラエルに帰ると荷物をまとめだす。弁護士のクワンズは今すぐ自首した方がいいと示唆するが、フィンとロリンズが来てバートを売春斡旋罪と贈賄罪で逮捕する。

フォスターはクワンズにマギーの雇用契約書の提出を求めます。そしてクワンズに共犯に問われると指摘しながら、バートの弁護士を辞めて捜査に協力して欲しいと頼みます。
クワンズは保釈されたバートに、もう弁護を続けられないと切り出します。するとバートはカリッサ殺害の真相を話し出します。バートはカリッサをクレイゲンの自宅に送り、一緒にベッドにいるところを写真に撮っていました。しかし裸になったカリッサが急に泣き出したので話を聞くと、キャシディと寝ていたカリッサは、キャシディが好きだからバートと別れたいと言い出します。バートは逆上して台所にいってナイフをつかみ、カリッサを殺害、そしてキャシディの口封じをしようとしたのでした。
キャシディはカリッサと関係を持っていたことを認めますが、元知事やクレイゲンの件は知らないと答えます。
カリッサ殺害の容疑が晴れたクレイゲンは釈放されますが、今度はデリアに雇われていた女性3人に、クレイゲンは買春、暴行、強制わいせつ罪で起訴されてしまいます。デリアに因る明らかな陰謀ですが、クレイゲンは辞任すれば年金も出るので、取引を考え始めます。
フォスターはデリアのとことに過去に3人捜査官が潜入していたことを伝えます。そのうちの一人が18カ月盗聴を行っていましたが、司法長官は起訴を却下していました。司法長官とデリアとのつながりも考えられます。SVUはクレイゲンの評判を傷ついたままにするわけにはいかないと捜査を続けます。
フォスターの娘のサラが転んだと連絡が入ります。サラの治療費は相当かかるはずだと調べて行くと、フォスターは毎月5000~10000ドルを現金で払っていました。ベンソンがフォスターに会って事情を問いただすと、8年前サラが手術を受ける必要があった時、夫と別れたフォスターにエクスリーが近づいてきました。フォスターはエクスリーから金を受け取りますが、それはデリアに関わる金でした。デリアはフォスターに売春婦を起訴せず取引に持ち込むよう要求し、フォスターは要求に従います。フォスターが殺人犯を守り、クレイゲンをハメていたのでした。フォスターはデリアに操られていたことを認めます。
デリアは殺人罪で逮捕、司法長官も逮捕されます。クレイゲンは少し時間をおいてから復帰したいと話し、ベンソンはヘイデンが辞任したことを知ります。

3回にわたるクレイゲンの殺人疑惑。
ようやく晴れましたが、SVUにしては長丁場でした。
豪華ゲスト陣は?

○バート
やっぱり悪い奴でした。
キャシディが撃たれた時病院であたふたする姿を見て
白衣を着てハウスを呼んで来い!と叫びたくなりました。
ちなみに弁護士クワンズはOZでもクワンズだったんですよね。
別キャラですが(笑)

○フォスター
やっぱり裏のあるキャラでした。
プレンティスもずっと過去を隠していたもんね。
最後までそのままプレンティスだったことを実感しました。

○ハリス
クレイゲン復活でもう用済みですが
クレイゲンがすぐには戻りたくないと言っているので
あと1話出てくるようです。
そろそろケイシーらしくはじけてもいいのに!
チャックかモーガンが来ないとだめかな。

そして我らがキャシディ!!
アマーロとキャシディが銃を向け合うと
どうしてもキャシディを応援したくなる。
やはりオリジナルメンバーの絆は強いのです。
だからベンソンやマンチを支持したくなるし
特にベンソンのキャシディへの思いがよくわかる。
だから病院でのベンソンのキャシディへのキスに
涙が出そうになりました。
これでいいんだよ。
14年という年月が経っても思いが繋がっているって
素晴らしいことだよね。
だからいつかそのうちステーブラーも戻ってきてくれれば
希望は捨てません。
svu14-2.jpg

しかし色男キャシディ、かっこよかった♪
撃たれてしまったのは衝撃的ですが
それもまた素敵。
なにしろ痛めつけられるライアンを観慣れてしまってますからね。
やっぱりDean、セクシーだな。
キャシディ復活はシーズン後半までお預けですが
元気に戻ってきてくれるのを楽しみにしています。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

今回は、クレイゲン以上にキャシデイ受難のエピ・・・、と言っていいでしょうか?

どのシーンを見ても、銃を突きつけられているところばかりで、
最後のほうは思わず笑いがでましたけど、
まさかほんとの3度目の正直で撃たれるとは!!!
・・・・笑って、ごめんよ、キャシデイ。


オリビアのキスは、よかったですね。
キャシデイにも余裕があったし・・・。

プレンテイスは・・・・、まあ、あれも仕方ないか。
すごい疑獄事件に発展しましたが、これで少しはきれいになったかな、
職場環境も。

現場が仕事やりやすいようにしてくれるのが、一番ですね☆

2013/11/17 (Sun) 11:27 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

キャシディ受難!そうでしたね。
3度目の正直、まさにそうでした。
でもOZでのライアンの姿が染みついてる自分としては、撃たれて当然みたいな思いがまだ残っているんですけど(汗)

ベンソンとキャシディの関係は応援してあげたい!と素直に思いました。
その後も素敵な2ショットを何度か観てますし♪

プレンティスもまあ彼女らしかったというか…巻き込まれてしまった感もありますね。
ならカッターさんは大丈夫?といつもその部分にツッコミを入れたくなります(苦笑)

2013/11/18 (Mon) 21:03 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ