FC2ブログ

Hostages #8 「背後にある理由」

予想通りだんだん話が広がり過ぎて
収集がつかなくなっているのでは?

エレンの弁護士がダンカンと繋がっていて
もう従うしかないと観念したエレンは
ブライアンが毒薬を用いてダンカンを殺す、その瞬間まできていたのに
結局ダンカンを助けてしまいます。

大統領の命を奪おうとする者たち。
ダンカンもその手先となって動かされているだけで
かなり手の込んだ計画が進められているようです。
その背後にいるのは大統領夫人の妹?
まだ根拠がよくわからないんだけど
それを何故エレンの手にゆだねるのかな。
あくまでも事故と見せかけたい?
その割にはいろいろと犠牲になる者が多すぎ。
さっさと暗殺者を送ればいいのにと
だんだん観ていてイライラしてきちゃうんですが

このタイプのドラマはそれを狙っているのだから仕方ない。
だけどモーガンのBFは気の毒すぎました。
モーガンの傷を見たカウンセラーが家族による虐待と思いこみ
それを知ったBFはモーガンを救おうと銃を持って自宅に乗り込んできます。
その時はダンカンはおらず、サンドリーヌがモニターを見ていただけなので
モーガンは立ち位置を考えながらなんとかBFを帰らせようとしていたのですが
サンドリーヌは見に来るし(その時はうまく隠れた)
いよいよBFがモーガンを連れ出そうとしたとき
ダンカンに見つかってしまいます。
でもBFとダンカンは前に顔を合わせていて
ダンカンは父親に成り済ましていたので、このままうまく対処できたはずなんですが
ジェイクの証言についていったブライアンが留守電に喋り出したため
モーガンが拉致されていることがばれてしまい
あっという間にBFとサンドリーヌの銃撃戦。
BFは撃たれてしまいました。
ジェイクがなんとかごまかしながら嘘の証言をしてきたカジノの運転手の死に続いて
また犠牲者ですか。
そんなにごまかしきれるのかな?
Low Winter Sunの計画殺人も、いかにごまかし続けるか四苦八苦してるのに
彼らの本来の目的は違うでしょ。
今にぼろが出そうな気がするんだけど。

ニナに近づいたエレンはニナの病状の重さを確認。
ダンカンの前で彼女の生死を決めるスイッチを握ります。
さすがドクターの強み。
一方ブライアンはシークレットサービスに
真実を言えるチャンスなのに。
きっとまだまだうまくいかないんでしょうね。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ