FC2ブログ

Shameless S3-#9 「フランクが有名人!?」

前回行き場のなくなったフランクは
断酒会で出会ったクリストファーの家に居候することに。
クリストファーがフランクのスポンサーになると言ったのは名目上で
自分の話し相手が欲しかっただけでした。
でもフランクにとっては食事もベッドも提供してくれるクリストファーがありがたい存在なので
居心地良く過ごしています。
クリストファーを演じているのがCSI:Miamiの検視官ローマンで
こういうちょっと変わった?オヤジ役がぴったり。
フランクとの無理矢理な?意気投合ぶりも楽しめました。
しかしフランクは保険の権利を得ようとしてクリストファーの同棲相手のふりをして
市役所に頼みに行きますがあっさり無視されます。
頭に来たフランクは「パートナーのクリストファーと住んでいるのに全く相手にしてもらえない。」と
ゲイ擁護のスピーチを市長候補の演説前で叫びまくり
その様子がテレビで放映されたからさあ大変!
フランクは勇気あるゲイとして認知されてしまいました。
ギャラがー家には何故かプレゼントが届くし
開き直ったフランクはゲイ専門クラブでお楽しみ。
しかしクリストファーの母は、息子が男性と同居してることが許せませんでした。
いくらクリストファーがゲイじゃない!と訴えても。
結局フランクはクリストファーの家から追い出されますが
今度はフランクを利用しようとする新たな人物が現れます。

フィオナは通販の電話対応の仕事に臨時的に雇ってもらいますが
オフィスでの仕事に慣れてないから電話での会話はめちゃくちゃだし
家族絡みの私用電話には出なくてはならないし
しかも必要に迫られて怪しげなサイトも覗いているし
そんな様子を社員がチェックして上司に報告していました。
そのチェックしていた社員がNYPD Blueのジョンで
佇まいがそのままジョンだったのでびっくり。
この穏やかな雰囲気は彼独自の持ち味なのでしょうか。
ともあれフィオナは上司に好かれ、いい滑り出しです。

カレンがシーラのもとに戻ってきたのはいいけれど
リップをめぐってマンディと激しいバトルを始めます。
マンディはリップがMITに行けるようにと願書を勝手に出していて
そのことでリップは腹を立てます。
リップは学校という場所で縛られるより、自分の好きなように力を発揮していきたいし
家族を置いてボストンに行くなんて考えられませんでした。
でもマンディの愛を感じたリップは
カレンと別れ、マンディとの関係を続けることにします。
その頃シーラはカレンが母親の強迫性障害を理由に孫は育てられないとして
ハイミーの親権を放棄してしまいます。
シーラはカレンを許すことができず落ち込んでいると
リアムの子守をしながら来ていたデビーに励まされます。
シーラはカレンに素直に謝りますが
その言葉を聞く間もなくリップに呼び出されたカレンが外に出て行くと
暴走する車に撥ね飛ばされてしまいました。
車を運転していたのはマンディ。
このバトルはマンディの勝利かもしれないけれど
加害者であることがばれれば終わりだね。

一方ミッキーが婚約したことを知ったイアンは大ショックで
ミッキーに会いに行くけれど相手にされず
ぼこぼこに殴られてしまいます。
二人の愛はこれで終わってしまうのでしょうか。

ジミーは見張りから解放され
自分のやりたいことを再度挑戦しようと
行った先は病院でした。
まさかドクターを目指していたとは!!
意外な事実が判明します。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ