INDEX    RSS    ADMIN

The Listener S4-#5 「暴走ドライバー」

やっとトビーが救急車を運転した!!

と一応満足はしたけど、救命士ファンとしてはかなり微妙な展開だったな…

カジノを襲った強盗団が警官に扮していて
うまく金を盗んだものの事故に遭って負傷者が出てしまいます。
強盗仲間は怪我をした者を始末しますが
トビーは強盗の死の直前に一味に
施設時代の親友レンが関わっていることを読み取ります。
レンを利用して黒幕を挙げることは可能なので
じゃあどうやるかと考えた末出た結論が
トビー潜入作戦。
トビーは半年訓練を受けているので(いつの間にそんなことをやってたんだ?)
意欲を見せています。
しかしミシェルは気が気ではなく
追跡できる携帯をトビーに渡します。

レンがいるバーに出向いたトビーは旧交を温め
トビーは近況を語ります。
大学に行って救命士になったけど
モルヒネ(だったっけ)を横流ししてクビになったとのことで
なるほど、トビーの救命士歴を使うわけですか。
するとレンは、トビーが運転手役に向いているとして
ボスのバークに紹介します。

救命士は人の命を救う仕事だと思い込んでいましたが
車の運転がうまい!という長所もありました。
もちろん救命士だけでなく警官も消防士も
緊急自動車を運転する者はみんな出来るだけ速いスピードで
混雑する道路の中を走りぬけて行くんですから
そりゃ車の運転だってうまいわけだ。
なんてドクやカルロスを評価したことあったっけ?
ちょっと目からうろこな発想でした。
車の運転テストにもトビーは合格。
離れたところでミッシェルたちも見守っています。

そしてトビーは採用になりかけるのですが
用心深いバークはトビーとオズが飲んでる所にやってきます。
トビーはオズにさりげなく潜入のことは伝えていたけど
どこに潜入するのかは教えてないので
いきなりバークを目の前にしてオズは面食らいます。
でも機転の利くオズはすぐに二人のストーリーをでっちあげ
うまくごまかすことができました。
さすが、トビーとオズの名コンビでした。

バークが次に狙うのは宝石店。
トビーやレンは盗んだ救命士の服を着て、盗んだ救急車に乗って待機しています。
バークはトビーの携帯を取り上げ捨ててしまったので、尾行は無理になってしまいました。
しかし前回の強盗の際信号操作が行われていることに気付いたデヴは
交通管制センターの内部に関係者がいることを察知して捕らえ
今度は自分が信号を操ることにします。

バイヤーになって宝石店に現れたバークは
商談をしながら突如倒れます。
心臓発作かと店のスタッフが救急車を呼ぶと
そばにいたと言いながらトビー達が到着。
そして持っていた銃を出し乱射しながら
宝石を奪い取っていきます。
運転手のトビーは宝石を拾ったり後始末をしたり
3人が救急車に乗り込むと、トビーは車を走らせます。
ところがデヴが行先を示していたので
救急車が導かれた先には、警察が取り巻いていました。
バークはあっさり逮捕。
レンはトビーが警察の一味だったことにショックを起こしますが
トビーはこの事件でレンが殺される姿が見えていたので
これでよかったと諭します。

これでよかったんですかね?
犯人逮捕につながっても
救命士としては、強盗のまねごとに救急車を使いたくはないと思ったのではないか。
もっとトビーの救命活動についての思いを聞きたかったのですが
すぐにオズ達も交えてのディナー&デイトの場面に変わってしまいました。
せっかく面白かったのに、最後の詰めが甘いんだよね。
ちょっと残念でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント