FC2ブログ

Combat Hospital #1 「アフガン医療部隊」

イマジカBSでオンエアされ、短期間ながらハマったCombat Hospital。
でも観はじめたのが3話目からで、出だしの部分を知らなかったんですが
DVD雑誌の付録に1話目が収録されていたので観てみました。
吹替版だったのでちょっとイメージが違ったけど
話がつながったのはよかったです。

1話目はオーソドックスなパイロットでした。
カンダハル飛行場のNATOロール3病院に、二人の医師が派遣されてきます。
レベッカは外科医として実績を認められ、ボビーは診断医として働いてきましたが
ここでは救命活動を任されます。
病院に着いた二人はいきなり床を拭けと命ぜられむっとしますが
後で床を拭くのは医師の仕事だとマークス大佐に教えられます。
そして二人にはスタッフや院内が紹介されますが、
二人と一緒に視聴者も出演者や背景がわかるからありがたい展開です。
すると早速負傷者が到着。
ボビーには救命医の経験がないので、チームリーダーを任されオタオタしてしまいますが
レッドラインの後ろで待機していろとマークスに言われたにもかかわらず
レベッカは手を出して処置してしまいます。
レベッカの対応はお見事でしたが、ルール違反をマークスに指摘されます。

戦場という環境は予期せぬことだらけ。
オペ中に突然毒蛇が迷い込んで来て、すかさずマークスが射殺したり
(だから銃を手放さないってことですか)
タリバンの重要人物が運ばれてきても兵士たちと同様に治療を行ったり
(悪党でも平等に治療するのは医療ドラマの基本です→
だけど気がついたら病院の壁を突き破って患者が連れ去られるのは普通じゃないね)
二人は休みなしの対応に追われます。
レベッカは眠くてたまらないのに休めないし
それでも自分の妊娠疑惑は自分で解決する努力はしていました。
二人が最初に治療した兵士は回復に向かっていましたが
彼を見舞っていた一緒に被弾した兵士の様態が急変。
治療を試みたときは手遅れでした。
救えない傷もあります。

レギュラーたちの個性がちらちらと見え始め
ERとは違った救命医療の大変さが伝わってくる第1話。
これから何が起こるのかワクワク感いっぱいで終わるということでは
パイロットは成功だったのではと思います。
13話終了がちょっと残念でしたが
そんなに長い間戦争をされていても困るので
戦争関連のドラマはさっさと終わってくれるのが正解かもしれません。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ