FC2ブログ

Borgia S2-#1 「甘美なる欲望」

待望のボルジアS2がスタート。
ところが話が全然わからない!!
思い当たる節はたくさんあります。
まず、頭の中がすっかり「ボルジア家」化していること。
あまりにもボルジア家にハマってしまって
ボルジア家の世界観が染みついているので
ボルジア家に出てこない人物に違和感ありまくりだし
メインキャラでさえ、受け入れ難くなってしまっています。

そもそもボルジアファミリーのとらえが
ボルジアとボルジア家では違いすぎますよね。
ボルジア家の方がフィクション部分が濃いのかなと思いますが
その分話がわかりやすいし、共感しやすいように感じます。
さらに舞台のキラキラ度もボルジア家が買っている。
ボルジアの方が地味だよね・・・これの方が正しいのかもしれないけど。

とにかくホアンともう一人の兄(こんな奴、ボルジア家にはいないんですけど)が死んだ後なので
ボルジア家S2ファイナルとさほど時差はなさそう。
ロドリゴのお疲れぶりはどちらも同じだし
デラ・ローヴェレがロドリゴの地位を脅かそうと狙っているのもその通り。
ついでに枢機卿シリルちゃんはローヴェレの従兄弟だったんですね。
ロドリゴの敵でしたか。
数少ない?親しみ深いキャラなので応援させてもらいます♪

見た目はかなり違ってもどちらのロドリゴも理解できるんですが
こっちのチェーザレがどうも苦手で。
カリスマ性に欠けてるというか、小物にしか見えないんですよ。
これで本当にマキャベリは君主論を書く気になったんですかね。
ってそのマキャベリもいないのも気になりますが
思いこんだら突っ走ってしまう勢いがすごく薄っぺらに見えてしまって
もっと思慮深くなれないかな?

でもこの原因はミケロットがいないせいなのかも。
ボルジア家のチェーザレは汚れ仕事は全てミケロットにやらせていたから
あたふたしなくてもよかったんだよね。
でもボルジアのチェーザレには頼りになるミケロットがいないから
一人バタバタしているように見えるのかな?
とミケロットファンとしてはこのあたりが寂しくて
もう少しこちらのチェーザレも理解してあげたいんですが、難しいです。

さらにこちらはファルネーゼ一族の存在感も大きいですよね。
考えれば考えるほど混乱してきますが
それぞれのドラマの面白さを見つけながら楽しんでいこうと思います。
これがますますボルジア家の方にハマる結果になるのかもしれないけれど。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ