INDEX    RSS    ADMIN

CSI:NY S9-#3 「2918マイル」

ファイナルシーズンのNYはゴージャスなエピソードが多いようですが
今回はなんと西海岸へ!

ブルックリンブリッジで若者が殺害。
彼が持っていたバックパックの中に少女の死体写真が入っていて
そちらも事件なのではと、CSIは二種類の事件を追っていくことになります。
写真の少女は15歳で、両親とトラブルを起こして家出中。
両親が出した捜索願は遺体探しに変わろうとします。

ジョーが自宅でいきなり男性と激しいキスを!
と思ったらそれがPeter Hortonだったのでびっくり!!
最近はずっと制作側に回っていて
俳優として姿を見せていなかったので感激しました。
Peterの役はカリフォルニアで働くFBI捜査官のケイド・コノヴァー。
ジョーの元同僚で恋人関係にあるようですが
現在は長距離恋愛が続いてたのか?
パーティーに行ってたはずのエリーが
こっそりBFを連れてきてキッチンでキスをしていたのをジョーが見つけ
そこにケイドも出てきて親子とも気まずい雰囲気になってたけど
そのときエリーはケイドの事を知らず
サーファーみたいな胸毛おじさん呼ばわりしてたってことは
ジョーとケイドの関係は内密にってことだったんですかね。
まあ同僚だったらプライベートのお付き合いはちょっと難しいし。

Thirtysomething時代はビヨン・ボルグだったPeterですが
(自分でそう言ってたもん)
素敵なオヤジになってました。
しかもサーティーズ仲間のKenやTimothyがかなり体型変化しちゃってるのに
あまり変わってないところもいいよね。
そういえばジョー役のSela Wardを知ったのが
サーティーズのスピンオフ作品のOnce and Againで
Peterも制作にかかわっていたっけと
二人のドラマとは別部分のつながりを
懐かしく感じていました。

少女の殺害写真をダニーとリンジーがじっくり分析しているうちに
割れたガラス瓶に写っているのがフラットアイアンビルだと判明。
でもビルの近くのアパートを調べても該当する建物がなく
そのうちマックがサンフランシスコのフラットアイアンビルだと気付き
あの不思議な形のビルはNY以外にもあったんですね。

そんなわけでマックとジョー、ケイドは
少女を探しにサンフランシスコに飛びます。
ブルックリンブリッジがゴールデンゲイトブリッジに!
少女は死んでおらずに見つかり
彼女に頼まれてヘロインを打って殺害現場を偽装
その後ヤク中の巣窟に放置した男も逮捕されます。

NYとはまた違ったSFの捕り物劇が新鮮でした。
ケイドとジョーの関係は続いているみたいだし
NYが終わったから
今度はジョーがサンフランシスコへ行ってケイドと犯罪捜査に乗り出す。
ってそんなスピンオフがあったら理想的なんだけどな。

Peter-Horton-new1.png
美麗な時代のPeterです♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント