FC2ブログ

Law&Order SVU S14-#15 「Deadly Ambition」

ロリンズが帰宅するとドアが開いていて、キムが来ていた。キムは前回来た時こっそり合鍵を作っていた。キムは妊娠したことをロリンズに伝えたが、顔にはジェフに殴られてできた痣がある。キムはジェフとよりを戻したものの、ジェフがかっとなって手を出したため、別れようと言ってNYに出てきたのだった。キムはジェフが追ってくる事を恐れていた。SVUはキムとジェフの関わりを心配する。
ケビンのバーでジェフが飲んでいるのをアマーロとフィンが見つけ、キムに近づくなと脅す。しかしジェフは、キムが会いに来てと電話してきたと反論する。
ロリンズとキムが店でベビー服を見ていると、ジェフが追ってくる。キムがネットで居場所を明らかにしたようだ。ロリンズはジェフを店から追い出す。ロリンズはキムからジェフを遠ざけさせるために、接近禁止命令を要求しようと書類を作成し、痣の残るキムの顔写真を撮る。そして書類を判事に提出、YMCAに泊まっていたジェフに、ベンソンとフィンがキムへの一時的接近禁止命令を渡す。
ロリンズがギャンブル依存症の更生会に出ているとき、キムがSVUを訪ねてくる。キムはアマーロに小銭をねだり、アマーロは中華をごちそうする。ロリンズが戻ってくると連続レイプ事件の通報が入り、ロリンズはそのまま現場へ行く。
ロリンズが帰宅すると、キムの上にジェフがのしかかり、キムは叫び声をあげていた。キムが「銃!」と叫んだのを聞いて、ロリンズは発砲、ジェフを射殺する。アマンダは発砲は正当だったと主張、IABのタッカーが捜査に入る。代理人のデンツラーは、ロリンズに精神科医のところへ行くよう促す。ロリンズは規則に従い、落ち着いて見えるとベンソンは判断する。
キムは病院に運ばれるが、血を浴びただけで大丈夫だと言ってレイプ検査を拒む。
ロリンズはオリヴェットのカウンセリングを受ける。ロリンズは「落ち込んでもいないし、後悔もしていない。ジェフへの罪悪感もない。自殺願望もなく、ただ苛立つだけ。ジェフは自業自得だし、キムは自分を巻き込んでイラつかされ、腹が立つ。」とオリヴェットに話す。そして職場への復帰を望む。
ジェフの持っていた銃は2年前にネットで購入されたが、無登録だった。発砲時の状況の説明を、タッカーは納得しない。自分も処分されかけたベンソンは、タッカーはSVUを憎んでいると憂慮する。
タッカーの事情聴取に対しキムは「ドアを開けたらジェフが無理矢理押し入った。ジェフが俺の女を取り戻すと脅しているとロリンズが帰ってきて、2.3発銃声がした。ロリンズはジェフを押さえつけ、キムに通報するよう言った。」と答える。一方ロリンズは「ジェフがキムにのしかかりレイプしようとしていて、キムが抵抗して叫んだため「手を挙げろ」と言って撃った。」と説明する。
フィンはキムに部屋を貸す。キムは一人でタッカーに会いに行き、姐さんを裏切りたくないと言いながら証言を変える。

ロリンズはタッカーに呼び出され、ジェフとの関係を細かく質問されます。ロリンズとジェフとの出会いは復活祭にキムが家に連れてきたときで、会っても何とも思わなかった。半年後アトランタで会った時ジェフを逮捕すると脅したのは、キムに暴力を振るったから。そして4か月前、アパートで「すぐ出て行かないと撃つ。」「次は警告なしで撃つ。」と言ったのは、ジェフが本当にキムを襲っていたからだとロリンズは説明します。
帰宅したロリンズはキムに、何故半年前のことまで聞かれるのかと文句を言います。そしてタッカーの誤解を解いてくるよう命じます。するとキムは「ジェフに生命保険を掛けていた。受取人はキムとロリンズの2人だが、事故でなければ保険は下りず、犯罪行為ではダメだ。」と言い始めます。キムは2か月前、妊娠が分かった時保険を掛けていました。
ロリンズはタッカーに、「キムはロリンズのサインを偽造して保険の契約をした。彼女は衝動を抑えられない。」と真実を話しに行きます。タッカーはロリンズの潔白を信じたくても、彼女がギャンブル依存症で更生会に参加していることや、クレイゲンに打ち明けたときギャンブルの元締めとボスに2万ドルの負債があり、彼らが刑務所にいるためまだ返済していないことを追及してきます。保険の受取人にロリンズの名前があるのも問題でした。
キムの行方がわからずロリンズは心配しますが、そのときキムはタッカーに会って生命保険は姉のアイディアだと主張。ジェフにレイプされかけたという証言を撤回し、ジェフに姉妹二人で生命保険を掛けたが、犯罪行為では免責になることなどを話していました。キムは覆面パトカーに乗せられたようです。タッカーはロリンズを、ジェフの殺害容疑で逮捕します。
ロリンズの弁護はホロウィッツが担当。逮捕の理由は保険契約なので、サインの偽造を証明する必要があります。キムはNYに出てきてジェフに4回電話していました。最後の電話はジェフが殺される2時間前で、キムがジェフをアパートに呼び出し、襲わせた可能性も考えられます。
罪状認否で、ロリンズは保釈金25万ドルで釈放されます。ロリンズがキムと連絡を取ると証人を買収したと疑われるため、ロリンズは身動きが取れなくなりますが、真相を確かめようとしてキムに会います。キムはロリンズをだましてジェフを殺させた。妊娠も嘘で、お姉さんの悪いところはいつも傲慢なところだとロリンズを非難します。
ロリンズはオリヴェットに再び会い、妹にはめられ、殺人の疑いをかけられたと胸の内を語ります。一方キムは、アマーロに助けを求めます。タッカーに話を捻じ曲げられ、皆相手にしてくれないと嘆くキムをアマーロは食事に誘い、キムがジェフに生命保険をかけた経緯を話すのを録音しました。キムがジェフを消すのが目的だったと録音から確認されたため、タッカーはキムを殺人罪で逮捕することにします。ロリンズはまだキムをかばおうとしますが、キムの姿はどこにもなく、キムはロリンズのアパートの荷物を物色して持ち出した後でした。

S14の6話目に登場したロリンズのトラブルメイカーの妹キム。
前回はお金を盗み、ドラッグに溺れ状態で終わっていましたが
ついに姉を犯罪に巻き込んでしまいます。
冒頭のSVUの訓練シーンでロリンズが銃の腕前No1であることを証明するのも
今回の事件の伏線となっていました。
銃が下手だったら、ジェフも生きていたのかもしれないし。

この訓練シーン。
SVUのワイルド・ビル・ヒコックは誰だ?とクレイゲンが探してるのがおかしかった!
ヒコックだったら二挺拳銃でしょう。

姉を陥れる悪女キム。
アマーロの甘えっぷりがまたお見事で。
リリーの妹に失敗している?ヴァレンズだけについヒヤヒヤしてしまいますが
さすがアマーロはお父ちゃんだけあって落ち着いて反応。
キムの自白を引き出させるために、うまく甘えさせていました。

久々に登場のIABのタッカー。
ベンソンの言うとおり、タッカーはSVUを恨んでいます。
正確にはステーブラーを恨んでた?
なにしろOZ時代からの天敵ですから!!
ステーブラーがいなくなってからもSVUを痛めつけるタッカーは
本当にご立派です。

もう一人久々に登場は本家の精神科医オリヴェット
SVUにはDrファンがいたからあまり出番がありませんでしたが
とてつもなく長いキャリアに恐れ入ります。
(でもクレイゲンとはデビュー当初からのお付き合いですね)
昔とあまり雰囲気も変わらず若々しいです!
本家が終わっても、こうして本家の人が顔を出してくれるのは歓迎。
またカッターさんが復活してもいいんですけど!!
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

あまりにもひどい話で、最後は唖然としました。
ロリンズとキム、ほんとの姉妹なのかしら?
同じDNAでここまで違うなんてありえない!

途中のアマーロはちょっと心配しましたが、
制作者側もわかっていて、視聴者にプレゼント?・苦笑
さすがに妻帯者、子持ちの貫録で、
キムを手玉に取りました。

タッカーの貫録?もドキドキでしたが、
オリベットにはびっくりでした。
相変わらず美人ですね、時々顔を見せてほしいな~。

2014/02/16 (Sun) 18:17 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

このままキムは姿をくらましてしまうのか?SVUのメンツに賭けても捕らえてもらいたいですが、ロリンズの苦労も並大抵のもんじゃないですね。
ベンソン弟よりやっかいです。
しかしどうして刑事たちはプライベートでこんなに問題を抱えているんでしょう。
たまにはノーマルな刑事を見てみたいものです。

アマーロはヴァレンズより大人だったのでほっとしました(苦笑)
タッカーの嫌がらせ?は永遠に続くと思います。もはや宿命です。
そしてオリヴェット、いつまでも美しくて素敵です!

2014/02/17 (Mon) 20:22 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ