FC2ブログ

ドラマなつぶやき

大雪の後で外に出る気力がなく
じーっとテレビの前に座っていました。
おかげさまでずいぶん録画を消化。
オリンピックはニュース映像でしか観ないので
それほどドラマ視聴のさまたげになっていませんが
WOWOWで音楽ものをかなり録画しているので
そっちがHDDを圧迫してるんだよね。
The BeatlesのEd Sullivan Show出演50周年のトリビュート。
PaulとRingoの夢の共演が楽しかった!!
その前にやっていた「ビートルズと私」というドキュメンタリー映画も興味深く視聴。
どんな有名人でもBeatlesの話題になると
突然ただのファンに変わってしまう。
やっぱりThe Beatlesは特別なんだな!と実感しました。
もちろん自分にとっても大切なFab4なんですけど♪

SuitsのS2連続放送も6話目まで消化。
刑事裁判ではない法廷ものや弁護士メインのストーリーはそれほど興味がないんですけど
このドラマはさらりと観てしまいます。
ゲストオヤジへの期待大ってところですか。
久々にEric Closeの姿も観たし。
そして#6「オール・イン」
ERのモリスとかRe:Ganesisのサンドストロム博士などと共に
Des Barres君登場♪
ルイスがバレエ鑑賞に行って担当することになった訴訟の相手側のロシア人?ですか。
セルゲイなんて名前を名乗ってましたが、彼も本当はイギリス人ですからね。
今はLAを本拠地にしてライブ活動とラジオショーのパーソナリティなどを行いながら
ときどきドラマにもゲスト出演しています。
相変わらず怪しげな役どころがお似合いでした!

Graceland #7 「毒には毒を」
麻薬売買にかかわる潜入捜査では
自らがジャンキーになりうる可能性はとても強く
今はチャーリーがピンチです。
売人たちも当然囮捜査官を恐れているから
偽物でなければ打ってみろと迫ってくるし
もちろんそんな時に備えてドラッグの代替品を持ち歩き
うまくごまかす手はずは整えているんですが
今回チャーリーにはそんな余裕がなくてヘロインを打つことに。
その後チャーリーは禁断症状に苦しみますが
FBIから呼び出しが来たためにシラフに見せなければならず
するとブリッグスはもう一度ヘロインを打つことを勧めます。
一定量を超えなければ中毒にならないし、あとで解毒すればいいと
でもこれが大変そう。
今回のミスをジョニーがかばってくれたこともあり
チャーリーは何とかピンチを切り抜けます。

一方マイクは海底に沈められた魚雷に隠されたドラッグを回収するために
ジョニーと共に引き揚げ作業をカルテルのベロに提案。
ジョニーが潜っている間に裏でブリッグスたちが待機していたんですが
マイクは作戦の詳細を知らされてなくて、海中で爆破が起きたときジョニーが吹っ飛んだと思うし
ベロには命を狙われるしで散々な思いをして作戦を追えます。
あとで騙されていたことを知ってマイクはブチ切れますが
これも潜入捜査の難しさですね。
そしてどこかに消えて行くブリッグスをマイクが追っていくと
ブリッグスのたどり着いたところは麻薬依存症の更生会でした。
マイクのもう一つの任務であるブリッグスを追い詰めることは
どこまで進むのでしょうか。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ