INDEX    RSS    ADMIN

Endgame #9 「Huxley, We Have a Problem 」

Endgameも終盤に入ってきましたが…

ハクスリーホテルにバラガンのロシア時代のルームメイト
兄貴的存在のオルグがやってきます。
彼はロケットでの宇宙旅行を企画する会社のパイロットで
ホテルでプロモーションを行うために来たのですが
ほどなくして技術者のチーフのランドールが
屋上から望遠鏡と一緒に墜落して死亡します。
同僚のタイラーはその時間バーにいたのでアリバイがあり
オルグが容疑者のレッテルを貼られます。

オルグもなかなか素敵なオヤジでしたが
遠くにいても目立っていたのがタイラー。
彼もパイロットだけど会社の看板的存在で
シリアルのパッケージに顔が載ってるんだそうで
すごい!
と思ってよくよく観たらSebastian Spenceじゃないですか!!
久々にイケメンな役どころで、大喜びしてしまいました。
最近(といってもずいぶん前)に観たSebastianはCamelotだったかな。
あまりにもオヤジ臭い役で、ちょっと寂しかったですが
今回はイケメンオヤジぶりを認めてもらえたんだから、素晴らしいことです。
でもファッションセンスがちょっとね。
制服の青いジャンパーを着せられていたせいで、なんだかチープな感じ。
もったいないです。

最初からアリバイを証明しているっていうのは胡散臭いなと思ったら案の定。
実はオルグはボスの奥さんと不倫中で
それが実はアリバイになるんですが当然話がややこしくなり
途中ローズマリーの死をめぐってオルグが意見したことで
バラガンと激しく喧嘩なんてこともあり

でも真相はランドールが今の状態では事故が起こるから中止すべきと訴えていたのに
それを阻止したかった者が犯人で
飛びたかったのはイケメンタイラーでした。
やっぱりね。
突如現れるイケメンオヤジがいい人の訳ないですよ。

とちょっぴり後味悪かったけど、楽しませてもらえたからよしとしましょう♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント