INDEX    RSS    ADMIN

CSI:NY S9-#10 「偽りの1万ドル」

原題は「The Real McCoy」
事件の発端となった会員制バーの名前ですが
かっこいいじゃないですか♪
リアルなマッコイさんですよ(笑)

このリアル・マッコイ、禁酒法時代のもぐり酒場をモチーフとしたバーで
まさにBoardwalk Empireの世界。
当然密造酒もありで、案の定リンジーが細かくチェックして見つけてしまいました。
そこまで徹底しなくても…

リアル・マッコイの共同研究者でバーテンダーのジェイソンが
頭部を殴られねじが突き刺さって死亡。
よくよく調べて行くと、強盗で服役していたネイサンが
盗んだ金を屋根裏に隠していたんだけど
バーをオープンする前に屋根裏に断熱材を敷く仕事をしていたジェイソンが見つけて着服した
そう思ってネイサンはジェイソンにリベンジをしかけたのでした。
だか実際にはジェイソンは金のことは知らず
屋根裏に上って金を発見、着服してバーの開店資金に充てたのはパートナーのイーライでした。
もともと黒い金をこれまたよこしまな気持ちで奪い
その金とは関係ない人物が殺害されてしまう不幸な結末でした。

もう一つはアダムと父親の物語。
アダムの父はアルツハイマーが進行し、施設に入っていますが
アダムのことを自分の弟だと思いこみ、アダムの悪口ばかり言っています。
アダムは我慢しながら父の様子を見に行っていましたが
父が施設から脱走し、警察に保護されてしまいます。
アダムは父に罵倒されますが、父が祖父に虐待されていたことを知ります。
後にアダムはマックに自分の過去を語りますが
アダムも父に虐待されて育ってきました。
それでも親なんだよね。アダムは父を看ていかねばなりません。
アダムの苦労をマックは励まし、恋人も状況を理解します。

やはり警察関係者は、過去にさまざまな苦労を背負ってきていたんだなと
アダムの話から納得。
そして素敵な彼女がいることも発見!
最後にThe Troggsの「With A Girl Like You」で踊っている二人が
とても幸せそうでよかったです♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント