FC2ブログ

ニコラに突如ハマる

今までノーチェックだった王立警察ニコラ・ル・フロック(Nicolas le Flock)
フランス語の作品という部分で敷居が高くてスルーしていたんですが
新シーズンの予告を見ていて、「ルイ16世の時代なら理解できるかも。」と判断。
幸い新シーズン放映に合わせて第1話から放映も始まるということで
一挙録画をスタート。
なかなか観る時間が取れないけれど、8話目まで観終えました。
ルイ16世登場には、まだまだ先ですが…

ボルジアのおかげでルネサンスに浸ったり、
そうかと思うとカドフェルを再視聴して十字軍の時代にさかのぼったり
ボードウォークの禁酒法時代も興味深いし
とにかく歴史ドラマが好き。
未来に進むより過去に戻る方が自分に合ってるのかもしれません。

ボルジアにハマりだしてから、ルネサンス時代の本はずいぶん読みました。
ドラマがきっかけでも改めて歴史を学ぶ機会が与えられるのはありがたいことです。
そして今回は18世紀のパリ。
ルイ16世からフランス革命周辺は「ベルばら」のおかげで相当勉強しているので
実は得意分野だったりして(苦笑)
そのちょっと前の話だと思うと急に身近に感じられてきました。
ポンパドール夫人やデュ・バリー夫人は覚えてるし
そこにニコラがいたんだなと思うとどんどんイメージが膨らんできました。

男前ニコラ。
あちこちの女性とよろしくやっていて、警視がこれでいいのかとツッコミたくなりますが
侯爵かつ警視だから許されるのかな。
あの通りの美貌だし、無駄脱ぎも得意。
(フランスドラマ、サービス精神旺盛ですね)
でも熱き信念を持ち、事件解決に向けて真剣に取り組む姿は
現代の熱血刑事たちと変わりません。
面白いなと思うのが、当時の技術で行われる
検死解剖や証拠分析。
ちゃんとCSI18世紀バージョンになってますよね。
さらに悪党との対決ではたまに銃も出てくるけど
剣でのバトルがかっこよくて見せ場を作っています。

敬遠していたフランス語も慣れてしまえば全く問題ないし
大体イタリア人もスペイン人も英語をしゃべるボルジアの方が不自然なわけで(苦笑)
そして最大の魅力が、美しい宮廷の風景。
ベルばらがオールカラーで動くんですから、やはり夢みたいです。
オスカル様を求めちゃいけないけど、
そういえばニコラのヘアスタイルって、髪を切る前のアンドレだよね(笑)

思いがけないお楽しみが増えてしまって
他のドラマ視聴時間を圧迫しかけているので
まあぼちぼちと、続きを楽しんでいこうと思います。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

>ニコラ
時代考証がきっちりしている(ように見えます)し、
衣装がとにかく、美しい。
お金かけていますよね~、

今回の4話にたどり着くまでまだまだかもしれませんが、
ルイ15世が崩御され、鏡の間に控えていた貴族たちがざわめくシーンは、圧巻でした。
(予告で流れましたっけ)

お話は少々アバウトなんですが、
それもまたおフランスっぽくていいのかも。

ニコラの中の人、名前がイギリスっぽいけど、フランス人なのかしら。
ググってみても全然情報がなくて、AXNミステリーでも、中の人の紹介を希望する声があるんですが、
そこまでサービスしてくれないようで・・・。

2014/04/02 (Wed) 19:26 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

お金の掛け具合は半端ないですね。
衣装も装飾品も目の保養になります。
早くルイ16世までたどり着きたいんですが、ニコラを突き進むと他のドラマ視聴が停滞してしまうので…
本当に地道に進まないとダメかな。ぼちぼち頑張ります。

ニコラの中の人、素敵ですよね。
無駄脱ぎサービスも、さすがヨーロッパのドラマです♪
もう少し背が高いともっとかっこいいんだけどな。
なんて贅沢を言わず、でも情報欲しいですね。
フランス語じゃ読めないから困るけど(苦笑)

2014/04/03 (Thu) 17:36 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ