INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S14-#23 「Brief Interlude」

朝、市長官邸裏の小川に浮かんでいるボートの中で女性が倒れているのを、ベビーカーを押して散歩に来ていた女性が発見する。女性は頭部を鈍器で殴られて意識がなく、服が破れ体中に傷を負っていた。ベビーカーの女性は近くに若者二人がいたが逃げて行ったと話し、女性が何も持っていないのは、若者たちが財布を盗んだからと思われた。SVUがベビーカーの女性を追及すると、彼女は若者たちの一人のジャスパーと待ち合わせて、アデロールを買うつもりだったと告白する。
昏睡状態の女性は病院に運ばれ、体内に残っていたDNAが採取される。ワーナーが検査を行い、彼女の体内からアルコールとMDMAが検出され、腰に手術跡があるがアメリカでは行われていない手術なので外国人であること、子供がいることなどを突き止める。
ロリンズは薬を求める主婦のふりをして若者たちに近づき、ジャスパーが薬を見せたところで逮捕する。二人はボートの中の女性を見つけてポケットを探ることにしたが、中に入っていたのは小銭と口紅、ホテルのカードキーだけだったと白状する。彼らが持っていたカードキーはタイムズスクエアモーテルのキーで、部屋に入ると中は買って来た物などであふれていたが、金は取られていなかった。アマーロがカナダのパスポートを見つける。被害者はマリエル・ランドルフで4日前に入国していた。タブレットや携帯の充電コードがあるが、本体は誰かが持って出たようだ。
PCの中身をチェックすると、MP3用のライブ録音データが入っていた。またビデオチャットを一日に二回、同じ番号で発信していた。ベンソンが発信すると、二人の少年が「ママから?」と言って画面に顔を出した。
32歳のアリエルはエドモントン在住で、音楽ブログを執筆していた。夫のナットは55歳、カナダ西部で番組司会者として有名だ。二人には12歳のウェインと10歳のグラントという二人の息子がいる。アリエルはポッドキャストでライブを配信するために、ワールドミュージックフェスティバルの取材に来ていた。その晩の予定は音楽ファイルの編集だとナットに伝えていたが、ナイトライフについては知らされていなかった。アリエルはホテルのチェックインの際にキーを2枚もらっていたので、NYに友人がいるのかもしれない。
アリエルは1週間前に知り合ったフィルに、ポッドキャストの編集を頼んでいた。アリエルはフィルに、ベルギーのフェスティバルへ行くと話していた。またアリエルはNYの小学校に電話し、息子が学校に合いそうか聞いていた。アリエルは子供をNY二連れてこようと考えていたようだと対応したランドリーは話す。
アリエルの体に付着していたDNAは3人分で、若者たちと一致しなかった。
夫と子供たちが病院に到着する。アリエルの脳内血腫が脳を圧迫しており、ナットは蘇生処置の放棄を覚悟する署名を行う。SVUの質問にナットは、アリエルにとっては今回が初めての大冒険で、結婚で諦めていた夢を息子が大きくなったことで実現させようとしていたと答える。
SVUはナットにNYで撮られたアリエルの写真を見せる。写真を見ながらナットは妻を信じていたが、彼女は自分よりかなり若く、束縛しすぎたら失ってしまうのではと恐れていたと話す。そして一緒に写っていた男の姿を見て、アリエルが気に入っていたギタリストだと説明する。SVUがギタリストのサンティアゴ・モラレスの家に行くと、アリエルにインタビューされ、ライブで姿を観たのが最後だと答える。そこに女性が訪ねてくるが、それは女装したランドリーだった。

アリエルとサンティアゴ、ランドリーは2日前FODラウンジで写真を撮っていました。ランドリーは自分は女装好きだがストレートだと弁明します。アリエルの首に付着していたのはランドリーのDNAでした。サンティアゴはアリエルがランドリーの正体を知ったことで、ランドリーが写っていたデータの入っているタブレットを盗んだのでした。ランドリーは従兄弟で妻子もいると彼を守る必要があったことをサンティアゴは話します。
アストリアクラブでライブを観たアリエルは、ランドリーと知り合い彼の正体を知らないまま楽しい時を過ごします。ところがランドリーが男だと気づいたアリエルはパニックを起こし、クラブを出て行ったのでした。ランドリーはアリエルは自分を女だと思って親近感を持ってくれた。息子の転校について相談してきて、意気投合してダンスした。でもアリエルに気付かれ、彼女を不快にさせたことを謝ったが彼女は出て行ったと説明します。ランドリーは女装したことがばれたら学校をクビになると怯えていましたが、その時はヒールを履いていたので、アリエルを追いかけられませんでした。
アリエルがクラブを出た後、どうやって市長官邸の裏にたどり着いたのか。クラブの近くの監視カメラには、アリエルがフィルの車に乗る映像が残っていました。フィルはアリエルが動揺していたので、車で送ろうとしただけだと答えます。そしてヘルゲート橋の近くのライトマーズで食事をして1時間以上話していました。午前2時になってフィルはアリエルとキスをしようとして引っかかれ、アリエルは一人で公園の中に入っていったのでした。フィルがレイプした痕跡はありません。
SVUが川べりを捜索しているとホームレスが逃げ出し、別のホームレスがアリエルの赤いスカーフを持っていたので逮捕されます。そのホームレス性犯罪の常習者でアリエルに食べ物を恵んでもらってから公園内を尾行し、アリエルをレイプし殺害したのでした。ナットはゴシップ誌に書かれたアリエルに関する記事は全て間違いだったことを確認します。そして妻が解決まで持ちこたえたことを確かめると、生命維持装置を外します。アリエルの携帯には家族へのメッセージが残されていました。

今回も救いのない展開。
大都会で自分の夢を実現させたかったカナダの主婦アリエルが
子供が成長したのでついにその時が来たと活動を始めます。
音楽に酔いしれクラブの雰囲気を楽しみ
エドモントンで知り合ったギタリストのサンティアゴに会い
彼と一緒にいた女性とも意気投合したら彼女は男性だとわかり
アリエルはパニックを起こします。
NYで仕事を手伝ってくれるフィルはアリエルを救ってくれますが
今度はフィルがキスを迫ってきたので、またアリエルは混乱します。
それのまま深夜の公園に逃げて、性犯罪者のホームレスの餌食に…

アリエルの夫ナットも子供たちも理解があり
アリエルの活躍を応援していました。
それなのにあんまりな結末です。
都会は恐ろしい。
普通なら夜中の公園に一人で入って行くなんて考えられないけど
アリエルはそれだけ混乱していたのかな。
最後に家族にあてたメッセージが切なかった。
冒険をしていても、息子たちとの再会を心待ちにしていたのに。
「冒険はほどほどに」という警告なのかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント