INDEX    RSS    ADMIN

「黒猫探偵社メンバーズクラブ」会員限定先行上映会

AXNミステリーの企画「黒猫探偵社」メンバーズクラブ会員による
「刑事フォイル」第1話「ドイツの女」の先行上映会と座談会に参加してきました。

AXNミステリーは見ているものの
何にハマっているかというとREXだし
考えたらイギリスの有名なミステリーはほとんど観ていません。
しかもシャーロキアンでもないし
でも海外ドラマ普及に関わりたいという気持ちは相変わらず強いので
黒猫探偵社メンバーに登録させてもらいました。
そして早速先行上映会に参加してきましたが
今回は内容が濃かったです。

参加者は6名。
スタッフの方が多くて申し訳ないみたいでした。
手厚いおもてなし、ありがとうございます。

「刑事フォイル」は26日にS1の第1話から第4話まで一挙放送がありますが
2002年スタートの作品で、現在も続いているんですね。
昨年S8が放映されています。
何と息の長い作品なのか。
オリジナルタイトル「Foyle's War」
舞台は第二次大戦中のイギリス南部の町、ヘイスティングス。
主人公の警視正フォイルがヘイスティングスの町で起こる事件の解決に当たるのですが
戦争という時代背景がドラマのストーリー展開に深みを増しています。
第1話では敵国ドイツ人の女性が殺害されるのですが
彼女自身が悪いわけではないのに恨みを持つものは多く
また彼女のバックグラウンドも複雑で
真犯人を追って様々な憶測がなされます。
そこでフォイルは地道に情報を収集し
運転手に雇ったサマンサや戦争で足を負傷したミルナーの助けを借りながら
事件解決に向けて奔走します。

美しい田園風景の中に突然ドイツの爆撃機が迷い込み
これが戦争なのかと感じさせる場面もありますが
日常はまだ穏やかなのかも。
しかしフォイルの息子アンドリューは召集されるし
食糧なども減ってきています。
そして敵国ドイツ人の扱いにはルールがあり
ドラマの展開に関わってきます。

イギリスドラマらしく1話が100分近くありますが
飽きさせることなく集中して楽しめました。
でも今回の一挙放送だと4話で8時間?
それはHDDを圧迫しすぎるし、ちょっとキツイかな。
この続きは是非観たいけど
1話ずつゆっくり放映してもらいたいのが本音です。

ついでに第1話にマカヴォイさんがゲスト出演しています。
若いです!!
素敵なキャラなので要チェックを♪

上映会の後は座談会ということで
フォイルの感想やAXNミステリーに臨むこと。
黒猫探偵社にやってもらいたいことなどを語りあってきました。
ドラマの話題だとどんどん盛り上がれるので楽しかったです。

今回のお土産はこちら
mysterycat.jpg
ネコはぬいぐるみです。なかなかキュートでしょ♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

>刑事フォイル
録画予約しています、すっごい楽しみ!
がろとさんのレポート読んで、ますます楽しみです。

フォックス家はイギリスの演劇界を支えているのかしら・笑、
AXNミステリーでは、父、ムスメ、甥っ子と、大活躍ですね。

ルイス警部も、チャンネル銀河で放送していたんですね、知らなかったわ!
モース警部は、若かりし頃のドラマも新しく制作されて、WOWOWで放送でしたっけ、

イギリスドラマって、面白いやり方しますよね、
さすが伝統の国☆

そして一か月もすれば「シャーロック」3の放送!
しばらく充実した毎日が過ごせそうです♪

フォイルご期待ください。
正統派英国ミステリーだと思います。
といいつつ4話連続録画の余裕がなくて、後半2話はまたの機会に譲る予定。
イギリスドラマの1回1時間半って時間がないとなかなかキビシイです。

来月はシャーロック3とダウントン・アビーがNHKで観られる!
これはありがたいことです。吹替えでもガマン。

モース警部って全く観たことがなかったのに、WOWOWの若者モースだけ観てしまいました。
こちらも機会があれば観たいけど…観たいものが多すぎです(苦笑)

>フォイル

いやいやいやいや===、
これはもう、絶品です!!!!
たまらんですね、仕事の鬼フォイルなのに、プライベートで魅せるかわいい顔ったらないわ!

第二次世界大戦当時のイギリス国内の様子も、
ああ、こんなだったんだなあと・・・、
かなり心が痛い場面もありますが、イギリスドラマらしくそこはさらっと、
そして哀愁のあるテーマ音楽!

次のシーズンも放送決定だそうで、これはもう、狂喜乱舞☆

で、ご存じかどうかですが、
「ウイズネイルと僕」が吉祥寺で一ヶ月限定上映されるそうです。
http://movie.walkerplus.com/th440/sc674104.html

私、「ホーンブロワー」の大ファンだったんですが、そこの英国ドラマ、映画ファンたちがあの当時、
見たいといって大騒ぎしていたんですよね~。

ぜひぜひこちらも見に行きたい☆
しかし、限定上映とはいえ、佳作を上映してくれるのは、とてもとてもうれしいですね!

フォイルよかったでしょ!
と言いつつまだその続きを観ていないのですが(汗)
このシリーズ、ずっと続いているようですね。
さすがイギリスドラマ、奥深いです。

そして「ウィズネイルと僕」知らない作品でしたが面白そう。
バウスシアター、閉館しちゃうんですよね。もったいない。
お別れ作品の一つなのかな。
60年代ロンドンって憧れだし♪
しかもちらっとサントラチェックしちゃったらゴージャス過ぎる。
興味津々になってきました。

個性的ないい映画館がどんどん閉館されていきますね、
寂しいです。

WOWOWが視聴できないので、今イギリスドラマはもっぱらAXNミステリーで楽しんでいます。


>モース
イタリア出張編に、「フォイル」が出ていましたよ!!!
もうビックリ、鉄板の詐欺師の役で、もうすごいのなんの。
向こうの俳優さんたち、カメレオンばかりですね。

「モース」は、意外な俳優さんがゲスト出演しているので有名だそうです。
あるブログで、ショー・ンビーンが若い時に出演していた写真を見ましたが、
う・・・・、美しい!!

「レイルウエイ」、楽しみにしていたんですが、
イギリス本国で見た原作ファンの方が、「がっかりした」という感想をアップされていました。
原作の深みのある部分がきちんと表現されておらず、薄っぺらい印象を持ったとか。
折角いい俳優さんを使ったのに、残念ですね。

コリン・ファースと真田君は、シェイクスピアの話で盛り上がり、意気投合したということです。
真田君は最初にいい英語を叩きこんだことが、今の活躍につながっているのでしょうね。
「上海の伯爵夫人」は、とてもよかったです。

「モース」にフォイルですか。
イギリスものでも、どこかで観た顔を発見すると嬉しくなります。といっても数をこなしていないので、あまり発見できないけど。

レイルウェイは予告編だけ観たけど、確かに2時間ほどの枠の中で原作者の意図を忠実に表現するのは難しいのかもしれませんね。
真田さんは「最終目的地」という映画での演技に感動しました。「リベンジ」でももっと活躍してもらいたかったです。

お忙しいのに、立て続けのコメントでお騒がせします。

がろとさんも、「最終目的地」ご覧になりましたか!
私もあれ、好きです☆

豆さんの話をしていたら、なんと、今日のエピに出ていました・爆
「モース」、ほんとに油断ならない。


イギリス在住の方の、「レイルウエイ」に関する記事です。
映画の感想もあったはずですが、ちょっと見つからないので、関連記事の部分で・・・・。
http://blog.goo.ne.jp/hanamamagon/e/6e01f1527c8264f977f9793ddf3c99ba


今日は、スバル座の「神聖ローマ~最後の日」を見てきました。
話としてはいまいちですが、世界史的な出来事をヴィジュアルで見ることができる、貴重な映画でした。
私的に、タタールの族長がツボ。
かっこいいオヤジでした・笑

今月は見たい映画ばかりで、仕事の合間を縫って、何本見れることやら・・・・。

「最終目的地」は舞台が南米だということもあって興味深かったんですが、真田さんの役、素敵でしたよね。
いい映画でした。

「レイルウェイ」情報、ありがとうございます。

「神聖ローマ」も面白そう。でも観たい映画いろいろあるからな。とりあえずJoshが出てる「とらわれて夏」を観に行かなければならないし…
相変わらずメジャー作品には縁がなく、地味な映画を追い掛けています。

スレチの話題ですみません、

明日のテレビ欄、ご覧になりましたか?
テレ東「L&O」、
「イケメン警官と熱血検事」・・・・・・・って、
内容見たら、やっぱりルポカタ登場!

ですが、私的には
「イケメン検事と熱血刑事」にしてほしかったな~。
だいたい、
警官じゃないですよね、刑事ですよね?

テレ東のHPで紹介されていた「若き熱血漢マイケル・カッターと甘いマスクの男サイラス・ルーポ」でまず大爆笑したんですが、
イケメン警官と熱血検事は省略し過ぎ!!
カッターさんが若くてルーポが甘いっていうのも相当怪しいんですが(笑)

ところでキャッチコピー作ってる人って、きちんとドラマ観てるのかな?
大いに疑問です!