INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S15-#1 「Surrender Benson」

ベンソンは縛られ、口はダクトテープでふさがれていた。銃をちらつかせるルイスに「撃ちたければ撃ちなさい。」と構えると、「衝撃と畏怖を楽しもう。」とさらに脅しをかけてくる。その時ベンソンの携帯が鳴る。キャシディが留守電にメッセージを残していった。ベンソンは刑事の恋人がうちに来ると話すが、ルイスは男の荷物が何もないと言って信じない。
ベンソンは「今すぐに出ていくなら、私にしたことは誰にも話さない。」と顔の傷もタクシー事故に遭ったと言ってごまかすことを約束する。そしてNYを出ていくよう強く勧める。ルイスは留守電のメッセージからキャシディが来られなくなったことを指摘し、NYPDが総力を挙げて追ってきても、それは望むところだとベンソンを銃で殴る。
キャシディはSVUに花束を持って現れ、ベンソンが2日間の強制休暇を取らされていたことに驚く。ベンソンに電話しても全く応答がない。フィンとロリンズがベンソンの家を調べに行くと、部屋は荒らされ、血痕が残されていた。ルイスが非常階段から連れ出したようだ。ルイスが更生施設に寄った形跡があったのでSVUは更生施設を捜索、ベンソンの携帯を見つける。ルームメイトは昨日の朝ルイスが来て、弁護士を待たせていると言ってルームメイトのおばの車に乗って出て行ったと打ち明ける。
ロリンズは罪状認否中のバネッサに近づき、昨日の行動について問いただす。バネッサは気分転換にビーチに行きたいと言ったルイスを車に乗せてロングアイランドに行き、帰りに両親の家によって食事をしてきた。そして車は両親の家に置いて自宅に戻っていた。SVUが両親の家に行くと、車は残されたままだ。トランクからベンソンのネックレスが見つかる。室内は荒らされ、バネッサの父が射殺されていた。母はクローゼットの中に吊るされ、息があった。助けられた母は、「夕食後娘が帰った後ルイスが戻ってきた。服を脱がされ、縛られたベンソンの前でルイスにレイプされた。」と話す。ベンソンはダクトテープで口をふさがれたままで喋れない状態で、そのうち気を失ってしまったようだ。ルイスはガレージ内にあった車に乗り換え、ベンソンを連れて逃走していた。
マンチがSVUで陣頭指揮を取っていると、キャシディが自分も捜索に行きたいと願い出る。しかしマンチは恋人を参加させられないと言って引き留め、彼女は生きていると励ます。
縛ったベンソンを車の中に残し、ルイスは金物店で買い物をしてきた。防水シート、ダクトテープ、携帯用バーナーなど拷問の道具がそろった。睡眠薬をベンソンに飲ませたルイスは、今度はウォッカを無理矢理流し込む。ベンソンは水を欲しがるが、ほんのわずかしか与えない。「もうすぐ特別な場所が見つかる。」とルイスはまたベンソンの口をふさぎ、動いたら終わりだと脅しをかける。
SVUではルイスのプロファイリングを伝える。彼は計画的ではなく直感で動き、被害者を隠れ家まで運んでから、時間をかけていたぶっていた。過去の被害者たちは車のトランクに入れられ、隠れ家に運ばれてから拷問、レイプされていた。自力で逃げ出した者もいたが、殺された者もいた。

夜ルイスの車が、パトカーに止められる。警官は赤信号無視を指摘、ルイスは車両登録証を見せるが、免許証は忘れたと言ってごまかす。警官が車内の酒瓶やベンソンを見つけて指摘するや否や、ルイスは警官の頭部を撃つ。ルイスはその後通った白のミニバンを奪い、ベンソンを乗せて走り去った。
ルイスはようやく海岸沿いの目的の家に着く。ルイスは鉄製ベッドにベンソンを手錠で留め、車を処分しに行くからじっとしていろと命じる。ベンソンは隙を見て逃げ出そうとするが動けない。ルイスはキッチンからカッターを取り出すと、ベンソンの服を切り裂こうとする。ベンソンは「あなたは私を放さない。イカせてあげる。」と拘束されたまま挑発する。ルイスはベンソンの口内に銃を突っ込むと、俺を脅すなと怒る。何でもするから殺さないでとベンソンが懇願したとき、外でノックの音がする。メイドと5歳の娘が、家主の留守中に掃除に来たのだった。ルイスは娘のルイサを家に連れ込む。
ベンソンはルイスが4日間一緒にいたのに何もしなかったと非難し、「あなたは弱者をいたぶるサディストだ。でも私を恐れてる。」と強気に出る。じゃあ、今からヤろうとルイスがベルトに手をかけたとき、ベッドの鉄枠がはずれベンソンは自由になる。ベンソンは鉄枠でルイスを殴り、落とした銃を奪う。そして動いたら終わりだと銃身でルイスを殴る。ルイスが気絶すると、メイドと娘を外へ逃がす。そして自分の手錠を外して、ルイスをベッドにつなぐ。
ベンソンは気絶しているルイスを、まず苦しんでもらうといたぶり始める。「あなたの頭を撃ち、血が流れるのを見たい。でも生ぬるい。私の元相棒なら、迷わずあなたを制裁する。彼を呼ぶべきかも。」と語るベンソンに目を覚ましたルイスは「撃ちたくても撃てないだろ。」と言い返し、自分の過去を話し出す。「あなたの頭に一発、あなたを葬る。」とベンソンは銃を構えるが、さっさと撃てと開き直られるとベンソンは銃を置く。「やっぱりお前は度胸がない。」とルイスが言うや否や、ベンソンは鉄枠でルイスを殴りまくる。
救出されたベンソンは、ルイスが生きていることを知る。「私は何を?」混乱するベンソンに、クレイゲンは自分を責めるなと諭す。
事情聴取を終えたベンソンは強制休暇を言い渡される。キャシディが迎えに来る。帰宅したベンソンは髪を切る。
カウンセラーにベンソンはあの男が頭から離れないが、トラウマとは違うと話す。

S15スタート。
クリフハンガーの続きがすぐに観られるのはありがたいことです。
しかしよくありがちのあっさり問題解決。
次に進んじゃいました!ってことでは全然なくて
ベンソンはルイスに囚われたまま。
ひたすら痛めつけられ、体力と気力の限界にきているのに
さすがベンソン、相手の心理状況をうまくとらえ
決して引き下がりません。
飴と鞭の使い分けにルイスも応戦。
ベンソンが助かるとわかっているから安心して見ていられるものの
全然健康によくない展開ですよね。

散々苦しめられた後、ベッドの枠がはずれてからの
ベンソンのリベンジがかっこよかった。
しかもステーブラーを引き合いに出してたし。
彼なら平気で制裁に出ているでしょう。
アマーロにはそこまでパワーがないよね。
マジでステーブラーを呼んできて欲しかった!

そしてキャシディが間接的ながら救いとなっていました。
キャシディが電話をかけていたから、ベンソンの拉致がわかったんだし。
心配するキャシディを励ますマンチの言葉に
二人の絆の強さを実感。
一度パートナーを組むと、心も通じ合うんだね。
そして傷ついたベンソンを癒すことができるのがキャシディの存在。
ステーブラーはいないけど、キャシディがいてくれるから。
キャシディの復活に改めて感謝です。

事件は解決してもベンソンのPTSDは続きそう。
本人はトラウマを否定していますが。
Save the Bensonはその後も続くようなので不安です。
ついでに、バネッサも気の毒ですよね。
依頼人に父親を殺され、母親をレイプされ
さらに立ち直れないのでは。
バネッサの物語も観たい気がするけど、これでおしまいなのかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

撃っちゃえ、オリビア!!!
と叫んだのは、私だけではないはず・爆

このベンソンの偽証(?)が、のちのちなんかの影響があるんでしょうか、
ルイスは準レギュラー入りというから、心が穏やかではありません。

妙に魅力的なのも、この種の犯人の特徴ですよね~。
弁護士なんかすっかり丸め込まれていたし。

SVUっていうよりも、クリマイっぽい展開はちょっとなあと
思いますが、
どういう展開か、見守りたいです。

キャシデイ、頑張れ☆

あの切羽つまった状況でも自制できるのはベンソンだから。
ステーブラーだったら間違いなく撃っていたんでしょうね。
後でトラウマではないって言ってたけど、絶対トラウマになりそう。
ルイスとはきっと法廷で顔を合わせることになるんだろうし
この先さらに重苦しくなりそうです。
キャシディの心の支え、大切ですよね。