INDEX    RSS    ADMIN

Glee S5-#11 「City of Angels」

いよいよ全国大会。
ウィルはフィンの代わりのリーダー役をサムに任せます。
バートとキャロルもフィンの代わりにニュー・ディレクションをサポートしてくれます。
音楽室に飾ってあるフィンの遺影も一緒に
みんなはLAに向けて旅立ちます。

回想シーンで在りし日のフィンの姿が映し出され
うるっとしてしまいました。
フィンの遺志を継いで、再び全国制覇を!
気持ちは高まるよね。
サムも精いっぱい頑張っています。

ところがLAについて、ライバルのスロート・エクスプロージョンのリーダーが
ニュー・ディレクションをバカにし始めて動揺しているうちに
フィンの遺影が姿を消してしまいました。
それでもメンバーは頑張ります。

キャロルはメンバーの衣装を縫いながらその場にいることが辛すぎて
大会を見ずに帰ろうかとさえ思い始めましたが
結局応援に行くことにしました。

ライバルチームのGo-Go'sやStyxも懐かしの選挙区でしたが
ニュー・ディレクションの選んだ3曲がまたいかにもフィン好み?
泣かせる選曲じゃないですか。
特にBostonのMore Than a Feeling
Paulのライブが中止となってとぼとぼと歩いていたら
Bostonのライブのチラシをもらったんですよ!
まだ活動してたんですね。
オリジナルメンバーはTom Scholzしかいないみたいですが
この名曲を再び日本で聴けるんですね。驚きました。
そしてNeil DiamondもU2も素晴らしかった。

なのに今回は準優勝。
そんなにミスターロボットよかったですかね?
がっかりしつつも健闘の結果を称え合い
フィンの遺影も無事に戻ってきたのに
マッキンリーに帰ったらスーは
グリー部は優勝できなかったので廃部宣言をしてしまいます。
主力メンバーも抜けるし、もう本当にダメなのかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この話は、これで終わりじゃないでしょう!
と、思わず画面に向かって叫びました。

NY組が立ち上がりそうですね、
どういう展開になっていくんでしょうか・・・、
やっぱり目が離せません。

いつものパターン復活?というエンディングだったので
絶対次回は先輩たちの後押しがあってGlee部復活!を期待したいです。
しかも次回は記念すべき100話ですからね。
実は100話記念アルバムは購入してしまったんですが
せっかくなのでドラマを観てから聞こうとまだ封印状態です。