INDEX    RSS    ADMIN

ドラマなつぶやき

久々にあれこれつぶやきます。

○What About Brian
ついに終了。
1シーズン(2シーズン扱いですが)なのでこんなものかなとは思ったけど
キャストがずいぶん入れ替わりましたね。
ドラマのカギを握っていたマージョリーは姿を消してしまうし。
マージョリーが去ったところからブライアンのお話ではなくて
デイヴとディーナの夫婦関係にスイッチしてしまって
でもWhat About Brainなのかなって不思議な感じでした。
もちろんブライアンの周りも賑やかではあったけど
あまりにも軽過ぎ…
ファイナル直前にMad Menのドンが復活しましたが
あっさりデイヴに殴られちゃってあんまりでした。
どうでもいいけどMad Menの続きが観たいんですけど。

○Revenge
エミリーが撃たれ、なんとか命は助かったものの
今度は記憶喪失という展開はずるいでしょ。
記憶喪失でリセットは安易すぎる!
でも今回は封印していた過去がバレ始めてるので
その点は面白いけど。
しかしノーラン、ジャック、エイダンのおっさん3人が
エミリーを助けるためにあれこれ悩んでいる様子って
贅沢というよりちょっと滑稽かも。
まああまり強引な展開は収集がつかなくなる前に
なんとかした方がいいんじゃないかなとつい思ってしまいます。

○Downton Abbey
1話観てすぐにハマり、観るたびに面白さ倍増。
もっと早く観たかったですよ。ともあれNHKに感謝です。
Sherlockとセットでイギリスドラマの奥深さに感動。
狩りのシーンの大量ワンコたちにぶったまげました。
さらにオスマン帝国のイケメン君の大胆な行動に目を奪われてたら
いきなり昇天してしまうとは!
想像を超えた展開に呆気にとられました。
これがイギリスドラマの醍醐味かな?
大量の登場人物も頭の中にインプット。
この程度なら混乱しませんよ。
ボルジア家&ボルジアの枢機卿の名前とかの方が
よっぽど難しいですから(しかも同じ人がダブルでいるし…笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なんと、フィギュアスケートのブロガーさんの記事に、
ポールは腸閉そくで、日本で手術を受けていた、とありました。
ソースは日刊ゲンダイだそうです。

日本での手術だったら、大丈夫でしょう。
しかり高齢者の腸閉そくは、一つ間違えると大惨事になりかねなかったので、
まあその点ではポールも運がいいというべきか・・・、

ファンの気持ちは複雑でしょうが、また元気な姿を見せてくれるといいですね、
きっと大丈夫でしょう!

ニコラの再放送が始まっていますね~、見逃した回もあるので、ちょっと頑張りたいです。
「ダウントン・アビー」では、腹黒トーマスがお気に入り・笑
彼の吹き替えは、三上さんですね。
シャーロックと二つ、楽しめます☆

今日、「ウイズネイルと僕」を見てきました。
吉祥寺に、こんなかわいい映画館があったなんて、
知っていたらもっと通ったのに!!


画面が古びていて見にくく、字幕も見るのが困難で、
お話の運びが単調で取り留めもなく、少し後悔し始めたころから面白くなり、
最後はこう来たか~~~、
という、ちょっと胸にグッとくるものがありました。

黄金の60年代の最後、青春の終わり。
しみじみと、良かったです。

ポールの腸閉そくはお気の毒でした。
残念だったけど、元気になってまた是非日本に来てほしいと願っています。

ダウントン面白過ぎ!そしてゴージャスな風景や調度品にも目を奪われます。

「ウイズネイルと僕」まだ観に行けていません。
なんだか気になるな…そのしみじみ感、味わいに行きたいです。