FC2ブログ
Top Page › Borgia&The Borgias › The Borgias S3-#8 「血の涙」

2014 · 05 · 28 (Wed) 20:58

The Borgias S3-#8 「血の涙」

聖年に当たる1500年、ロドリゴはローマに巡礼に訪れる信者に
ロンギヌスの槍を見せありがたみを強調
懺悔にの内容に応じて献金を要求し
その金をトルコ攻撃の費用に充てようとします。
一方カテリーナは自分たちの領地がローマの途中にあることを利用して
偽の聖骸布を展示して神の目から涙が出るとアピール。
カテリーナに邪魔されて腹を立てたロドリゴはチェーザレに偵察に行かせ
チェーザレとミケロットはこっそりと聖骸布が祭られているところに忍び込みま
涙が塗料で書かれたものであることに気付きますが
その瞬間二人は危うく爆死しかけます。

ナポリではフレデリーゴが王になると
ルクレツィアをローマとナポリをつなぐ大使に任命します。
子供も育てられることを喜んだルクレツィアでしたが
実質はナポリから出られず、人質状態にされてしまいました。
フレデリーゴが毒を盛られた事件も、実は自作自演で
ルクレツィアは完全にフレデリーゴに騙されていたのでした。

しかし事の発端はミケロットとパスカルの関係からでした。

詩を読み書くパスカルの姿を見ているうちに
ミケロットは床に文字を書き、これは何と読むかと尋ねます。
そこにはミケロットと書かれていました。
パスカルはミケロットが文字を読めないことを知ります。
ミケロットはパスカルが読んでいる詩集を読んでほしいと頼みます。
「私は憎み、かつ愛す
何故と問われても、分からない。
その思いにただ苦しむ。」
ミケロットは今までの人生はずっとそうだったと呟きます。
ゲイである彼の生きざまなのか。
チェーザレへの忠誠心なのか。
パスカルへの思いなのか。
チェーザレへの愛は、忠誠心を超えることは許せない禁断の愛だから
ミケロットはずっと胸の内に秘め、苦しみ続けているのは想像できます。
パスカルとの愛はまだ疑いもなく、幸せの絶頂だったのですが
borgias3-8-1.jpg
納得するミケロット

二人が寝ていると、こっそりルフィオが手紙を届けに来ます。
パスカルは気づきますが、ミケロットは気づきません。
翌朝、パスカルを買い物に行かせたミケロットは
床板が浮くのに気付き、めくって手紙を発見します。
だが文字の読めないミケロットは、文字を記号として認識し
チェーザレの前で必死で思い出し書いたのでした。
ミケロットの見事な記憶術。
本当はものすごく賢い人なんでしょうね。
チェーザレは鏡文字だと気付き、鏡を当てて読んでいると
本のページや単語の場所を記した暗号の手紙であることが分かります。
ミケロットは手紙の持ち主について詳細を語りませんが
チェーザレにそいつを愛し続けろと命ぜられ
憎んで愛し続けることを誓います。
borgias3-8-2.jpg
スパイをスパイしていると悟られないように、愛を伝えます。

その後もミケロットは手紙をこっそり読んでは文字を頭にインプット。
そしてパスカルの詩集も持ってきたので
チェーザレは暗号解読に努めます。
ミケロットも横で成り行きを見張りますが
暗号が解けたとき、その手紙はパスカルとルフィオの間で交換され
カテリーナにボルジアの動向を伝えるものであったことが判明します。
ミケロットはカテリーナのスパイと寝ていたことを知り、
その瞬間チェーザレに短剣を差し出し、自分をすぐに殺してほしいと頼みます。
自分の行為が主人を危機に陥れることになったなら
当然の報いだと、死を受け入れる覚悟でしたが
チェーザレはミケロットを殺す気などありませんでした。
その代わりミケロットにパスカルを殺すよう命じます。
愛する人に殺されるのではなく、愛する人を殺すことに…
borgias3-8-3.jpg
突然殺せと言われ焦るチェーザレ。
すぐにミケロットの手に手を重ね…ミケロット、救われました。

隠れ家に戻ったミケロットは「私は憎み、かつ愛す」と言いながら
パスカルを追い詰めて行きます。
死の宣告をしながらも
「皮をはぐところだが、どう死にたいか言え。」と情けをかけるミケロット。
するとパスカルは「あなたの腕の中で。」と答えます。
borgias3-8-4.jpg
ミケロットの目から涙。
これこそまさに血の涙だったかも。

今回はここでおしまい。
報われない恋であることはわかっていても
ミケロット、あまりにも切なすぎます。
アサシンにはアサシンの生きる道があり
愛することは許されないんだね。
チェーザレへの愛を優先したってことだけど
これだって死を覚悟して臨んだわけだし。
どうしてこんな辛い思いをしなければならないんでしょう。
そして次回は自らの手で終止符を打つことになるんですね。

ゲイの殺し屋のミケロットにやたらとケラーの姿がかぶってしまうんですが
(大胆な脱ぎっぷりも一緒だよね!)
あれこれ悩んでしまうケラーより、ミケロットの方がずっと潔いなと感じています。
すっかりミケロットに振り回されていますが…残り2話だよね。
それも虚しいな。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-03-14

Comments







非公開コメント