INDEX    RSS    ADMIN

Il Commissario Rex S10-#2 「悲しみのイルカ」

ツッコミどころ満載のRex S10第2話。

いきなり「悲しみのイルカ」ですよ。
「イルカの悲しみ」の方が文法的に合ってるんではと思うんですが
まあそれはいいとして。
ローマの水族館でイルカが悲しんでいる理由は
夜間警備を担当しているモニカという女性が死んだから。
普通イルカは調教師の指示に従い懐くようになるのではと思ったら
このモニカは相当イルカを愛してたみたいです。
本当は調教師になりたかったけど、なることができる夜間警備の担当に。
でもイルカたちとかなり濃い関係になっていたんですね。
関係ないけどイルカは片目をつぶって脳の半分を休ませて眠るんで
もう片方の目でモニカを見ていたのかな?

そんなイルカが大好きなモニカがイルカのプールに水死体で浮いていたので大騒ぎ。
しかも頭部に殴られた跡があり
検視の結果体内から精液が検出されます。
男性関係のもつれか、モニカに恨みのある者の犯行か?

最初は物々しく事件がスタート。
DNA鑑定もしっかり行われるようになったし
大分ハイテクになってきたなあと感心していたら
髪にジェルを付けるのをやめてイメチェンしたモリーニが出てきたあたりから
やっぱりなんだかおかしくなってきました。
水族館では腕時計やペンダント類がなくなる事件が続出。
じゃあ時計にGPS装置を仕掛けて追跡しましょうと
これまたハイテク捜査が始まったのに
何故か犯人じゃなくて犯オウムは、GPS装置を入れなかった
モリーニのオランダ製懐中時計(なんでそんな物を現場に持ってくるんだ)を盗み
モリーニが追いかけたおかげで事件解決。
お騒がせしました。

そしてモニカの方ですが
よくよく調べて行くとモニカは偽名。
実はルーマニアからの不法滞在者で
偽名で水族館に就職していたのでした。
モニカは偽IDを作ってもらった男と関係を持ち
(レイプかというと微妙な感じだったけど)
それを水族館の警備の責任者が覗いていたという
これまた普通じゃないでしょってことがあって
結局は責任者による衝動的殺人(殴ったら死んじゃったんだから故殺か。)
モニカは気の毒でしたが、多少は彼女にも罪があるのではと
冷やかに観てしまいました。

それよりロレンツォダサ過ぎる。
責任者のオヤジの前であっさり銃を置いて手錠をかけられるなんて。
レックスを呼ぶための演出なんてしなくていいんですよ。
もっと刑事らしくふるまってください!

そして怪我から回復中のレックスは?
早速イルカたちと仲良しになり、イルカを悲しみから救ってくれました。
ラストシーンでは餌づけまでしてましたからね。
もちろんドジなロレンツォに代わって犯人逮捕。
しっかり働いております。
ついでにファブリ家はサン・ピエトロ大聖堂が見えるお家にお引っ越し。
テラスも広いし、素敵な環境です。
一体家賃はどのくらいするのでしょう。
レックスはお家で昼メロを観るのがお気に入り。
泥沼ストーリーをどこまで理解するのかな?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント