INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S15-#9 「Rapist Anonymous」

ベンソンはホームパーティーを開いてSVUのメンバーを招待し、自分は巡査部長に昇進、キャシディは刑事に復帰し、内務監査部に勤務することを伝える。
その頃ロリンズは断酒会に参加、その後自分のスポンサーになってくれたネイトの店で、断酒会で親しくなったレナとジーンの4人で食事した。ロリンズはレナたちと別れ、ネイトを家に招くと、レナがジーンに送ってもらった後レイプされたと訴えてくる。レナは初めは酒臭かったジーンがキスして興奮し始め、変態的プレイを行った。髪をつかまれたので拒否したがダメだったと説明するが、その前に合意の上で玄関で短時間のセックスをしたと付け加える。ロリンズはレナを病院へ連れて行く。
ジーンはベビー用品を扱う企業の弁護士で、メリッサと婚約しているが、メリッサはハイチの難民キャンプで働いていた。アマーロらがジーンに尋ねると、レナが騒いでいるだけで、合意の上での関係だ。セックスについてもレナとメールのやり取りがあり、レナが望んだことだと答える。レナは病院でロリンズを姉と呼んでおり、断酒会のことを話したがらなかった。これだけではジーンとレナの関係がどこまで合意だったかはっきりせず、レイプの立証は難しい。バーバに起訴は諦めるように言われたことを、ロリンズはレナに説明する。
レナのアパートで、ジーンが屋上から落ちたと通報が入る。レナは酒が飲みたくなってジーンに電話したら、人生を壊されたと責められた。ジーンを家に呼んでいないと話す。だが検視結果ではジーンは衝撃で即死、屋上にもう一人おり、その相手とオーラルセックスを行った直後に死亡したことが判明する。再度レナを追及すると、ジーンは来ないでと言ったのに家に来た。2~3分だけ玄関先で話した後屋上で借りを返せと言われた。屋上でのセックスは彼の好みで、オーラルセックスをしたら彼が暴れ出して、怖くなって突き落としたと釈明する。ロリンズはネイトにレナについて尋ねると、ネイトはレナのスポンサーをしていたが、レナとジーンには関わらないようにしていた。レナは父親の暴力に苦しんでいたと話す。
SVUにメリッサが現れ、ジーンが伝言を残していたことを伝える。「レナが何をするかわからない。話をつけてくる。僕に何かあれば警察に連絡を。」という内容だった。レナがジーンとメリッサを脅していて、ジーンがレナとの関係を断とうとしたらレイプを訴えてきたとも考えられる。さらにアパートの管理人がバーバに、レナがアパートの屋上の警報の解除方法を聞いてきたと知らせる。二人は屋上でセックスしていたが、そのとき警報装置のバッテリーが切られていた。SVUはレナをジーン殺害容疑で逮捕する。

ロリンズはレナについて、彼女に呼ばれて友達として話しに行った。彼女は苦労を経験していたと答える。
法廷で証言を求められたベンソンは、被害者は暴行の証言について嘘をつくことがあり、その中にはレイプで訴え暴行のパターンを確立する場合もあると話す。だがロリンズは、レナの場合はPTSDだと弁明する。アマーロはレナの出ていた断酒会に潜り込み、ネイトの様子を観察する。
次はメリッサが証言し、ジーンは酒やセックスから抜け出そうとしていたが怯えていた。レナからは「彼は私のもの」とベッドで二人でいる写真やメールが送られてきて、レナは2人を別れさせよとしたが失敗し、今度はレイプで訴えてきた。自分はジーンの一面しか知らなかったと答える。
ロリンズはアマーロが断酒会に潜入したことを怒る。するとアマーロがネイトが断酒会に来る女たちを食い物にしていると反論してきたので、ロリンズはアマーロは皆に嫉妬していて惨めだと非難する。
続いてロリンズが証言することになり、レナの話を信頼できると思ったと話すが、ジーンとのメールのことをロリンズに隠していたのは信じてもらえないからだと確認される。
レナは証言台で、ジーンの機嫌を損ねたくなかった。彼を幸せにすれば優しくしてくれると説明するが、バーバはレナが警察に何度も嘘をついていることを指摘、レイプを訴えたことも、彼を殺し正当防衛を主張するためではと疑う。
ロリンズはアマーロに反対されるものの、ネイトの証言に立ち会う。ネイトはレナに、自分を尊重しろ、暴力をふるわれる前に離れろとアドバイスしていた。するとバーバはネイトに君はセラピストか?と尋ね、レナとネイトが関係を持っていたこと、続いてネイトがロリンズと関係を持ったことを暴露し始める。ロリンズは刑事で妹がDV被害者だ。ネイトはロリンズがレナに同情してくれると伝え、ロリンズを断酒会に呼んでいた。そしてレナがジーン殺害の理由を虐待として正当化するよう印象付けたのではと問いただすと、ネイトはレナとの共謀については否定、レナの意図は知らないと答える。
ロリンズはネイトに怒りをぶつけるが、更生を諦めるなと言われる。バーバはロリンズを利用したことを謝る。
レナは第一級殺人罪で有罪となる。ロリンズは依存症の会に出ると言って出て行くが、行った先はカジノだった。

ロリンズがすっかり振り回されてたけど、相手のネイトはNeswroomのドンなので
なんだか納得できてしまいました。
レナも相当の悪女だけど、それよりジーンに呆れた!
婚約者がいるのに、レナとの変態プレイが止められない。
しかも見た目が全然イケてないし。
どこがいいんだ?この男。
泣きごとを言ってくるジーンを心配していたメリッサが
気の毒になってしまいました。
でもこんなダメ男を切れないメリッサも救いがないか?
ここまで被害者たちに同情できないと
事件についても、醒めた目で観てしまいます。

それより、ベンソンの昇進おめでとう!
Sergeant Bensonですよ。かっこいい♪
ついでにキャシディも刑事復帰。
それが内務監査部っていうことはかなり微妙なんですけど。
(まさかタッカーがお仲間?)
そして突然登場したアイリーンって何者?
クレイゲンと親しそうでしたが。
Mel Harrisは大好きな女優さんなので嬉しかったけど
もう少し解説が欲しかったです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ロリンズの人の好さに付け込んで・・・・。
うまく利用されたストレスは、相当なものでしょうね、
またギャンブルにはまりこむなんて、今後も波乱の展開があるのかな。

ベンソンがすっかり落ち着いちゃって、それはそれで嬉しいけど、
キャシデイの転属先が「内部監査」って、これを聞いた時のみなさんの反応が・・・爆、

いや、なにかからめてきますよね、これは。
ベンソンの私生活関係は、これで落ち着いてほしいです。

波乱万丈は、事件だけでいいです・・・・。

ロリンズ、このままじゃまずいね。
クレイゲンはアルコール依存症だったことはよく語っているけど、本家の最初から一度も飲んでいませんからね。
あの方は本当に立派だと思います。
ロリンズも是非ボスを見習わないと。

ベンソンとキャシディは落ち着いてるけど、キャシディの仕事は微妙。
しかも内務調査ってステーブラーの天敵のタッカーがいるところだよね。
立場的に文句が言えないのは辛い…頑張るしかないかな。

嫉妬している?アマーロもなんだか心配だし。
みなさん事件解決に専念してもらいたいですが。