FC2ブログ

Glee S5-#16 「Tested」

サムとメルセデス、カートとブレイン、アーティと女の子たちの関係は?

愛しているなら一線を越えたいサムに
メルセデスは自分はバージンであることを告白。
サムの気持ちは分かっているけど
結婚するまでその決意は揺るがない。
メルセデスは強い信念を持っています。
メルセデスはレイチェルに相談。
レイチェルが別れていた時も
気持ちはフィンと繋がっていたと話し
またじわりとさせられました。
Lea自身の思いでもあるんだろうな。
あのいかにも軽そうなサムが
メルセデスの信念を尊重。
そのときが来るのを待つことにします。
それは結婚のときなのか、それとも…
サムがこんなにロマンチックな男に変われるとは!!
驚きました。

ブレインにとってNYは美味しいものばかり
ついあれこれ食べすぎて、体重が増えてきてしまいました。
ところがカートはすっかり引き締まり
マジでかっこいいです!
後からNYに来たブレインは当然カートに後れを取っているし
カートはゲイバッシングに戦った後ヒーロー状態
ますます輝いています。
その溝がブレインには耐えられず
せめて美味しいものでカートの気持ちをとらえようとしますが
カートには高カロリーは敵。
また二人の気持ちはすれ違ってしまいます。
でもこの二人の素敵なところは、本音で語れるところ。
高校生の時は転校してきたカートを助けてあげたい
そんな気持ちが恋に発展したブレインでしたが
今は立場が逆転。それがブレインには許せなかったのです。
ブレインが正直に話すとカートは理解してくれ
気持ちが変わっていないことも確かめられました。
この先もいろいろ障害はあると思うけど
今の調子なら大丈夫、きっと乗り越えられるでしょう。

アーティはNYに来て急に大胆に!
二人の女の子と関係を持ちながら
一緒に映画を製作しているジュリーもいいなぁなんて思っています。
ブレインやカートには当然なSTD検査を
サムとアーティも受けることになり
サムはメルセデスに自分が病気でない証明書として見せ
(結局効果はなかったけど)
アーティにはクラミジアの陽性反応が見つかりました。
薬を飲めば治療できるけど、関係した女の子にも知らせなけれダメだとブレインに言われ
片方の子はアーティを嫌悪、もう一人の子はあっさり自分も検査を受けると言い出します。
すると無視されていたジュリーにデートに誘われ
しばらくは深い関係にならない約束をしてアーティはジュリーとデートします。
でも結局正直にクラミジアのことを話してしまったので
ジュリーとの関係はそれ以上発展しませんでした。

今回は音楽が楽しかった。
アーティが妄想にふけっていたときの曲が
Robert Palmerの"Addicted to Love"
PVで楽器を演奏している(ふりをする)セクシーお姉さんたちを
そのままパロったのが笑えました。

メルセデスが歌うForeignerの"I Want to Know What Love Is"は
ゴスペル化して正解だね。かっこよかったです。
個人的にはForeignerは初期の方が好きで
売れ線になってからは無視してましたが(汗)

そしてPat Benatarの"Love is a Battlefield"
今週のNHKBSの笑う洋楽展の「気の強い女」特集にPat Benatarが出てきたところで
これも思わず笑ってしまいました。
でも古代戦士の演技のためのバトルシーンにこの曲は
なかなかナイスじゃないですか。
バトルはかっこよかったですよ♪
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

ドラマの最初の部分では、
「またありきたりの青春ものの展開か」と若干うんざりしたのですが、
グリーはグリーならではの展開を見せてくれました。

このドラマを見る多くの青少年たちにとって、警鐘と啓蒙の役割、
しっかり果たしたと思います。

バージンにこだわるメルセデス、
グリーの公募番組に参加したキャメロンでしたっけ、
自分はクリスチャンなので、彼女以外の女性とは、演技でもラブシーンはできないって、
結局降りた子がいましたっけ。

製作者側も、彼の反応に真摯に対応していたので、
それがここに生きたのかな・・・・と。
(キャメロン、どうしているかな)

SVUやほかのドラマでは、レイプされたり、少しでも早く大人になろうとして初体験を焦る女の子の
話が多いだけに、今回のエピは貴重なものなのでしょう。

そして、性病の話も!!!
アメリカでは、淋病になったら本人に通知が来るんですよね、確か。
日本でも、これくらい徹底して警鐘鳴らすくらいのことをしてほしい、と思いました。

2014/06/24 (Tue) 13:35 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

メルセデスの信念は立派でした。
この誓いは是非貫いて欲しいし、サムがそれを理解してこの先も恋人でいられるなら
本当に素敵なことですよね。
グリー・プロジェクトに出ていたクリスチャンの男子、覚えています。
あの場で自分の考えをしっかり言葉に出来たことは素晴らしかったよね。
確かにドラマの展開に生かされているのでしょう。

ときどきあまりにもベタな展開でがっかりしちゃうこともあるけれど
こうして共感できるエピソードがあると
観続けてよかったなと感じます。
Gleeが視聴者に伝えたい部分がブレないのも立派ですよね。
警鐘と啓蒙、これからもGleeらしさを大切にしながら
続けていってほしいです。

2014/06/24 (Tue) 20:10 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ