INDEX    RSS    ADMIN

Foyle's War S3-#2 「癒えない傷跡」

刑事フォイルのS3がスタート。
今回は月、火の二日間にわたり、週2話ずつの放映です。
S3は4話なので2週続きですが、その後S4、S5は2話ずつなので
あっという間にS5まで終了してしまいますね。
そして1話分の中身が重たいので
やはり2話続けて観るのは無理…
日を開けて、でも何とか一週以内に2話観るようにしたいなと思います。
ついでにフォイルのDVDも、香港HMVにずらっと並んでいました。
素晴らしい。

スパイ活動的な展開がドキドキさせられた前エピ「丘の家」も見応えあったけど
このエピも戦争の辛さを強く感じながら、すっかり引き込まれていきました。
ウォーターフォード氏が持っていた館を空軍が接収し
負傷したパイロットたちの治療に当たる病院を開くことにします。
ウォーターフォード氏は敷地内のコテージに追いやられてしまいます。
病院では画期的な火傷治療法を見出したジャーミソンや
ミルナーの足の治療を担当し、彼を励ましてくれたレンなどの医師が
次々に運ばれてくる負傷兵の治療に当たっていましたが
病院に不思議な出来事が次々に起こります。
停電が起きたり、書類が消えたり、彫塑が落っこちたり
嫌がらせにしても不気味で、警察は捜査を始めます。

帰ってきたアンドリューはすっきりしません。
整備不良は気になるしもやもやしたままで
イライラをサムにぶつけます。
アンドリューは自分の飛行機を若いウッズに譲りますが
飛行機は整備不良を起こして墜落、ウッズはなかなか外に出られず大火傷を負ってしまいます。
それがまたアンドリューの心的ストレスに繋がってきます。

整備士のドレイクは
レンの妻と浮気をしていました。
ドレイクの妻がそれに感づいたため
ドレイクは妻に暴力をふるいます。
アンドリューはドレイクに文句を言うつもりでいたら
病院で余興を開いたとき
外に出てきたレンが歩いていたドレイクを殴り
ドレイクが死亡する事故が起こります。
ドレイクはあちこちで恨みを買っていたし
レンは殴っていたかもしれないけれど殺すことは無理。

こうして不気味な事件と殺人事件が徐々に絡まっていくんですが
不気味な事件の方は病院からモルヒネが消え
続いて釣りをしていたフォイルが死んだ魚を釣ったことで
モルヒネが川に捨てられたことがわかります。
犯人はウォーターフォード氏に長年仕えていたメイドで
館を乗っ取られてしまったことが許せなかったのでした。
彼女なりの抵抗だったけど、無理がありましたね。

ところでウォーターフォード氏は第1次大戦時に
自らを撃って怪我人扱いとなり
その状況をドレイクが知っていたため
ドレイクに頭が上がらないという事実がありました。
本当に恨みを買いまくりのドレイクでしたが
真犯人はレンではなく、町の監視員のプレストンでした。
プレストンは名前を隠していたけどドレイクの妻の兄で妹への虐待が許せず、
レンに殴られ運よく倒れていたドレイクの顔を水に突っ込んで
溺死させてしまったのでした。

すっかり軍に嫌気がさしてしまったアンドリューは
サムの家にかくまってもらいます。
すると大佐はフォイルの所にアンドリューを探しに来てしまいます。
フォイルはアンドリューがどこにいるか分かっているので呼び出して
執行猶予期間に戻るように説得、アンドリューも従います。
すると大佐はアンドリューを昇進させ、指導者になるように命じたのでした。
よかった!

ついに上司の息子と付き合ってることがバレてしまったサムだけど
フォイル父さんはその点は大丈夫そうです。
フォイル家はモテ男ばかりだと自信満々でしたから。
しかしあんなにタフだったアンドリューもPTSDに悩まされるんだなと
怪我をした兵士たちと共に、戦争の辛さが伝わってきました。
これからますます厳しくなっていくのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

>丘の家
サミュエル・ウエストが出ていてビックリしました。
相変わらず、癖のある役ですね。
彼がやるから許せるけど・・・、いや、許せないか・苦笑

フォイルったら、まだ軍に未練があったのかな。
ミルナーもアレだし、サムが不安に思うじゃないですか!
まあ、落ち着くところに落ち着いてよかったですけど。

で、2話ですが、
>生意気な青年が成長して・・・
ってセリフに泣けました。
アンドリューが落ち着いちゃったら、アンドリューらしくないけどね・苦笑

ハードワークで鬱になったのかな。
理解ある上司でよかったです。

最初はいや~~なヤツっぽく見せてね、
なかなか・・・、素敵なおじ様でした>大佐。

サムとアンドリューのこと、やっぱりパパはオミトオシでした・笑
これで深まるかと思いきや、転勤で遠距離恋愛・・・、
自然消滅っぽいかな、二人ともモテるから。

イマジカBSでオンエアしていた野望の階段オリジナルのS2を観ていたら
フォイルが国王役で出てきてものすごい違和感(笑)
今はフォイル以外の姿を観たくないです。
そのくらいフォイルがお気に入りオヤジになってる!
ミルナーと二人でコート&ハットでの立ち姿がばっちり決まっていて
戦時中なのに?英国紳士はお洒落だなとしみじみ。

1話目ではフォイルとミルナーの転職話が気になったけど
これは将来を予見してるのかな。
ミルナーの奥さんは結局実家に帰ってしまったままなんですね。気の毒に。
そして2話目の苦しんで、そして落ち着いてしまったアンドリュー。
最後にアンドリューらしい笑みが観られてほっとしました。
サムとのお付き合いはお父ちゃんも一安心?
遠距離恋愛を応援してあげたいけど、大変だね。

「刑事フォイル」で検索していたら、あるイギリスドラマファンの方のツイッターにたどり着きました。

この方、「ルイス」の大ファンで、ローレンス・フォックスがお気に入りなんですね。
で、こんな拾いものが。
https://twitter.com/sallycinnamonjp/status/488157997495906304

「フォイル」に出てくるスピットファイアの特集をしているサイトもあるそうです。
松本零士先生がご覧になったら、失神するかも・苦笑

イマジカで、「アナカン」もやっていたんですね、
うわ===☆、だわ。
昨年かな、劇場で久しぶりに見ましたけど、やっぱりいい作品ですね~。

「ジャッカルの日」を初めて見た、なんてつぶやきからすると、
お若い方のようで。
私、劇場公開時に見ましたもんね・苦笑

なので、フォックス一族の系図を見るときには、ジャッカルの方から始まることになります・笑


蛇足ですが、
どこの局か忘れたけど、「パフューム」、すごく良かったです。
原作読んでみようかな。
サム・ウイショーだからこそ、成功したと思います。
ヘレン・ミレン主演の「テンペスト」の妖精はよかったです。
性を感じさせないところがいいのかしら。

フォイルの公式サイトのご紹介、ありがとうございます。
年表を見ていて、戦争中なんだなと改めてしみじみ。
写真も素敵ですね。インタビュー映像まであるし、素晴らしいです。

イマジカはしっかりチェックするとなかなかいい作品をオンエアしているようですが
そこまで見きれずにいます。
アナカンは懐かしい!また観たいです。
パフュームは映画館で観ましたよ。インパクト強かったです。