FC2ブログ

Everwood「命」

オヤジの美しき友情にジワリときました。
Dr.アボットの魅力全開です。

ケイトはピアノ教師マットの子供を妊娠していた。
マットは何も知らずに旅立ったあとだった。
ケイトの父はアンドリューに堕胎手術を依頼する。
だがアンドリューはケイトにもう一度考え直す機会を与える。
しかし、ケイトの意思は変わらなかった。
アンドリューは手術に躊躇していた。
妻を失い、命について改めて考える機会を得たアンドリューは
胎児とはいえ子供の命を絶つことに踏み切れずにいる。
困ったアンドリューはアボットに相談。
アボットは冷たく「デンバーの専門医に送れ。」と言い放つ。
Everwoodでは秘密は守れない
ブラウン家の家族までが危険にさらされるかもしれないと
アボットは危惧する。
だがケイトを時間をかけてデンバーに連れて行くのも
どんなものかとアンドリューが悩み続けていると、
アボットが過去を語りだす。
アボットの父は堕胎手術を行い、傷いた人たちを診てきた。
アボットはそんな女性の姿を見ることが辛かった。
でもケイトのことを思うと執刀するのは自分だと決意し
ケイトを自分の診療所によこすように言う。
そして手術が終わり、アボットは教会で懺悔を始める。

いつもはお笑いキャラになりかけてるアボットの
真剣な態度に感動させられました。
医者のあるべき姿です。
そしてアンドリューとのコンビもさらに絆が深まり
お互い助けあう姿勢が美しいなと思いました。

さて、エフラム、エイミー、コリンの関係は?
ブライトの彼女のいとこが、ダンスに誘う相手がいないと言い出し
エフラムは急遽相手を務めることになります。
ブライトを誘いに来たエフラムは、エイミーと顔を合わせますが
エイミーが和解しようとすると、冷たくあしらいます。
ダンスパーティーでは、いとこは彼氏とべったり状態。
エフラムは親を説得させるための言い訳の材料でした。
踊る相手のいないエフラムは一人寂しく座っています。
そんなエフラムの姿を観るのが忍びないエイミーは
コリンから離れてエフラムに声を掛けにいこうとします。
当然コリンは怒り、機嫌を損ねますが
エイミーはエフラムに近づき、一緒にダンスを踊るのでした。

ついにエイミーとエフラムが接近!!
と思ったらコリンが自宅で倒れます。
S1残り2話はコリンの病状を巡る話のようで
先を観るのが辛そうですが
じっくり味わいたいと思います。

スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
まめ  
THE OYAJI DOCTORS

↑スピンオフでこんな番組どうですかね(笑)
ネタは、オヤジギャグ。。。
ついでに、ブライトも変でしたね(^^;
今回は(も?)、Drアボットにやられました。
Dr.アボット素敵~
エイミーとエフラムが~
と思ったのもつかの間、
コリンが大変なことに。
展開が・・・すごく心配です(TT)

2006/02/23 (Thu) 22:39 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
面白そう♪

あのオヤジドクターズは、結構理想的バディなのかなって思っています。
オヤジギャグは絶対アボットの勝ちだけど。
英語バージョンがわからなくて残念なんですが
翻訳のオヤジギャグ、秀逸ですよね。

コリン大ピンチ!
このまま重たい気分でS1が終わらないようにと願っています。

2006/02/25 (Sat) 00:29 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 2件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  21話:命
  • 命っていう邦題を見て、勝手に話の内容を想像してたんですけど、思ってたのと違ったって思ったけど、やっぱりそうなのかも(?)ケイト、妊娠してたんですね!マットはケイトの親を誤魔化すために行くだけみたいなことを言ってたけど、嘘だったんだなんか先週はいまいち...
  • 2006.02.23 (Thu) 23:29 | ジュウニントイロ
この記事へのトラックバック
  •  米国TVランキング: 2/13(月)~ 2/19(日)
  • 2/13(月)~ 2/19(日)のアメリカ合衆国の週間プライムタイムTVランキングをお伝えします。【参考】☆アメリカの2005-2006年TVシーズン番組表:[ネットワーク別] [曜日別]☆オススメ新番組(2004-2005年シーズン編=Lost、Desperate Housewives他)※データのある範囲で10
  • 2006.02.24 (Fri) 09:06 | アメリカに暮らす