FC2ブログ

Law&Order SVU S15-#20 「Beast's Obsession」

ライカーズに収監中のルイスが、胸の痛みを訴えて突如倒れ、ベルビュー病院に運ばれる。病院で心停止を起こし15分間の蘇生を行ってから、死亡宣告をしたところ息を吹き返した。ルイスはそのまま入院するが、隙を見て刑務官を殺害して銃を奪い、看護師をレイプして縛って倉庫に放置して逃走する。そしてベンソンに会いたいと電話を掛けてくる。
ルイス逃走の連絡がSVUに入り、マーフィー警部補が指揮を取ることになる。ベンソンはルイスを分かっているから自分が行うと主張するが命令だからと却下され、ベンソンにはデラノとカールソンの2名の刑事が護衛に付く。
病院で調べたところ、ルイスは体内に毒物を取りこんでいた。毎日面会に来ていた女性が、ルイスが食欲がなくて眠れないと言っていたので、持ってきた差し入れのカップケーキに薬を混ぜていたことがわかる。また病院でルイスは、職員のシフトチェンジのときを狙って動いていた。ルイスの移送を許可したのはコール医師だった。
SVUがコールの家に行くと、室内にはルイスが来た形跡があり、キッチンにコールが倒れていた。娘のローレンが下着姿でクローゼットに吊るされており、助け出されるときベンソン巡査部長を読んでほしいと頼んでくる。ルイスが妹の12歳のアメリアを連れ去ったことをベンソンに伝えろという要望だった。
ベンソンはローレンが手術を行っている病院に来る。手術後ローレンは「ベンソンが真実を言わないと妹が死ぬ。」と伝える。「妹が熱を出したので母が休んで家にいたら、母の悲鳴と銃声が聞こえた。父の銃を持って階段を下りて行ったら、ルイスがニヤニヤして立っていた。ルイスに銃を奪われ妹の部屋に入れられ、煙草の火を押し付けられてレイプされた。そしてベンソンに俺が恋しいんだろうと伝えろと言われ、縛られクローゼットに入れられた。ルイスは妹を連れて逃げた。」ベンソンはローレンたちを巻き込んでしまったことを謝る。
マーフィーはベンソンに、ルイスが言わせたい真実は何か尋ねる。ベンソンは公判に証言した際、ルイスを金属の棒で殴って、頭蓋骨を割り膝を砕いた。ルイスが手錠を外して向かってきたからだと証言したが、実際にはルイスの手錠はかかっていて無抵抗だったと偽証したことを話す。マーフィーは殺せばよかったとつぶやいた後、「真実を話してもアメリアは殺される。ルイスの狙いはベンソンで、ベンソンが動かないうちはルイスも動かない。」と意見する。
コールの車が発見される。トランクに毛髪と血痕が残っていた。まもなく川で若い白人男性の遺体が見つかる。こめかみに銃創があり、死後3時間と推定される。男性は人工内耳を付けていたので身元が分かり、男性が乗っていた黒のSUVが捜査の対象となる。
ルイスはSVUに待機しているベンソンに電話してくる。アメリアは手放さないと言った後、今夜6時のニュースで真実を世間に知らせろと要求する。電話はルーズベルト島から掛かっていた。
ルーズベルト島への交通機関を封鎖してルイスを探すと、電波はトラムから送られている。トラムの中にアメリアのリュックが置かれていた。ロリンズが電話に出ると、ルイスに見破られていた。

ルイスは東50~60丁目から電話をしていた。高級住宅地に囚人仲間がいるとは思えない。だが最後に担当していた弁護士の家がある。ベンソンがルイスに電話すると、ルイスはアメリアを連れて、弁護士の住むアパートから出ようとするところだった。ベンソンは何でも話すから二人を解放するよう、ルイスに要求する。だがマーフィーはルイスは少女には興味はなく、ベンソンの反応を楽しんでいる。それが彼の暴力で少女には手を出せないと言ってベンソンを制止させようとする。
だがベンソンは署内で声明を録画し、真実を話し、自分の過剰暴行を認める。映像はニュースで放映される。
ルイスはニュースを観ると弁護士を撃つ。ベンソンはルイスの連絡を待つが、音沙汰がない。ホテルに戻ったベンソンはレストランでデラノとカールソンと話していたが、トイレに立った隙にルイスにメールすると、一人で来ないとアメリアを殺すと返事が来る。ベンソンはこっそり裏口から抜け出し、車を奪ってルイスを探しに行く。
ベンソン失踪の連絡を受け、警察はベンソンを探し始める。
ベンソンがルイスの乗っていた車を見つけると、ルイスが銃を構えて姿を見せる。銃を渡さないとアメリアに会わせないと言ってルイスはベンソンの銃と防弾チョッキを奪い、携帯を投げ捨てるとベンソンに手錠をかけ、車に乗せて埠頭に連れて行く。埠頭でベンソンを下ろすと、君らの人生の軌道を変えると言いながらルイスはベンソンを精神的に追い詰めようと脅し続ける。そしてアメリアが縛られている廃墟の最上階に連れて行く。ルイスはベンソンに、ベンソンをレイプしている様子をアメリアに見せるか、その逆にするかを尋ねる。
警察はベンソンの携帯がオフになった場所までたどり着き、銃と防弾チョッキを見つける。
ベンソンを縛ったルイスは、背後から襲おうとするがベンソンが反応しない。仕方なくルイスは違うゲームをしようと言って、片方の銃の弾を一つだけ残すと、ロシアンルーレットを始める。まず自分からやると、次にベンソンにもう一丁の銃を向け、ロシアンルーレットを強要する。
港から通報があり、警察が埠頭に到着する。ベンソンは引き金を引くが大丈夫だ。警察が来たことに気付くと、ルイスはベンソンから奪った警察無線で、ロシアンルーレットを実況しはじめる。お互い助かり、最後の一つが残った時、ルイスはベンソンに銃を向け、これが最後に見る光景だと脅しrてから、自分の頭を撃ち抜く。

まだまだ続くルイスの悪夢。
全身全霊を込めてベンソンへのリベンジを企てているから
ここまで強いんでしょうね。
ベンソンの過剰暴行を認めさせ
その部分では無実を証明できたかもしれないけれど
またさらに山ほど余罪を作ってしまったし
アメリアを連れて逃亡を始めてからは
いつでも死ぬ覚悟はできていたのでしょう。
振り回されてしまったアメリアは本当にかわいそうでした。
姉妹の心のケアが気がかりです。

警部補として表れたマーフィー。
頼りになるボスに思えました。
ベンソンが当事者だから突っ走るのはよくわかっていて
しっかりブレーキ役に徹していたのに
やはり突然現れたボスは効力なかったですね。
こんなときクレイゲンがいてくれば。
それが無理でもステーブラーがいれば
ベンソンももう少し自制できていたかも。
今はベンソンがソロ活動状態なのが良くないんだよね。
そこにルイスが拍車をかけてたし。
ともあれマーフィーの説得は筋が通ってるんだから
いくらアメリアを救いたくても
ベンソンはチームプレイを破ってはまずいでしょ。
やっぱりSVUの人たちは突っ走っちゃうんだね。

オープニングに流れていたのは
Paloma Faithの「Never Tear Us Apart」
オリジナルはINXSです。
BGMの少ないL&Oシリーズの中で
印象的な始まりでした。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

ベンソン、
結局は現場の人間なんだな~・・・・、と。

独りで行動して、確かに正しいことはしているんだけど、
もし自分が死んだら、少女が死んだら、
警察の威信にもかかわることだしね、
そのあたり突っ走ってしまうところが、

まあ、それがベンソンなんだけど。

ルイスは、もう死ぬ決意はしていましたね、
途中からそれは、ひしひしと感じました。

一応すっぱり終わってくれたので、変なクリフハンガーじゃないのは安心だけど、
次のシーズンではきっと、内部調査が入って、云々かんぬん・・・・、かな~。
ルイスのリベンジのために巻き込まれた市民の命も、
取り返しがつかないしね、

確かにマーフィーが言うように、
「撃ち殺しておけばよかった」って、思います~~~~。

マーフィーはこのまま上司になるんですかね。
すわりが良かったような気がします(いや、ガタイのことじゃなくて・苦笑)。
違和感なかったし、ERのころはにやけたただのオヤジと思っていたけど、
今のほうがはるかにかっこいい☆

なんっていうか、ベンソン降格のためのエピ、って気もしなくもない。

あのカップケーキ差し入れのお姉ちゃんも、罪に問われるのかしら。
重罪にしてほしいわ。
御花畑もここまで来ると、犯罪ですもんね。

2014/09/07 (Sun) 14:00 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ベンソンの強い思いは十分に伝わってくるんだけど、やはり巡査部長としての役割もあるし
今までとは違うんだという意識は必要でしたよね。
間違いを認める報道をしてしまったことも、警察の信頼を損ねる結果につながりますよね。

マーフィー、警部補としての仕事ぶりは安定していたし、いい上司だと思います。
でもこのままSVUに落ち着いてしまっていいのかな?
ベンソン降格はあまりしたくないけれど。

ルイス、死んでからもまだまだ引っ張りそうですね。嫌だなぁ。
カップケーキお姉ちゃんは法の裁きを受けてほしいです。

2014/09/08 (Mon) 20:29 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ