INDEX    RSS    ADMIN

Il Commissario Rex S10-#8 「容疑者ゴーリ」

フィリッポっていうとどうも金魚のことらしいので?
ボスらしくゴーリと呼ばせてもらうことにして
ゴーリが預かっていたチワワは
ゴーリの恋人の犬だったようです。

ゴーリは妻と死別。
そして今は記者のドナテッラと付き合っているようですが
パートナーと言ってるわりには秘密の関係?みたいだし
ゴーリがドナテッラの家にお泊まりに行ってるようです。
強面のゴーリにそんなプライベートがあったとは。
さすがイタリア人!って感じだね。
ある晩、二人は飲んでドナテッラの家に帰ってきて
そのままゴーリは寝てしまい
目が覚めて気づいたら、隣でドナテッラは絞殺されてました。
ゴーリはびっくり、たまたまドアの外で見てしまった管理人妻もびっくりです。

こんな話がSVUにもあったよね。
クレイゲンが目を覚ましたら、隣に娼婦が死んでいて
クレイゲンは何も覚えていなかったという事件。
これはクレイゲンが巧妙にはめられていたんですが
すぐにはクレイゲンの無実も証明できず
一度は拘置所送りになっています。
もちろんSVUは全力で捜査にあたりましたが…
当然こちらはユルく捜査が進んでいきます。

ゴーリは狐につままれたまま
何が何だかわかりません。
鍵は内側から閉められたまま。
(内側にも鍵穴が合って、鍵を差し込まないと閉まらない扉なんですね)
しかし管理人夫妻は二人が言い争っていたのを聞いていました。
当然ゴーリが第一容疑者です。
ロレンツォはゴーリの無実を証明するために質問していくと
二人の仲はあまり良くなかったとか
ドナテッラは新しい恋人ができていたとか
ドナテッラは仕事がらみで不審な動きがあったとか。

でもいつも通りそんなことは関係なく
容疑者は最初に出てきたんですよね。
今回はドナテッラに勝手に惚れていた管理人のダンナ。
彼女の留守の間に鍵を開けて下着を盗んだり
こっそり盗撮したり
かなり危ないオヤジです。
奥さんが気の毒だ・・・

レックスは前半は癒し犬に専念。
ゴーリに撫ぜられるままになっていました。
ゴーリもすっかりレックスにすがってる感じ。
ずいぶん仲良しになったね。
レックスはチワワのことが気になって仕方ないけど
事件が解決するまでは相手をさせてもらえません。

管理人オヤジを逮捕するときはレックス大活躍
ベランダに干された大量の洗濯物で視界が悪くなり
危うくモリーニはオヤジに猟銃で撃たれるところでした。
気づいたレックスが物干しのロープを外して
オヤジを洗濯物でくるんでしまったために
モリーニは命を救われ、レックスに感謝します。

ドナテッラのチワワは結局ゴーリのところへ。
署内で二匹で留守番。
すぐに仲良くなれそうです♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これで完全に犬バカがひとり増えました(=ゴーリ)。
もうみんなで撫でたり捜査したり、楽しめばいいじゃない!という気がします。
私もそれで一向に構わないし。
ゴーリが無実を力説するでもなく、ひたすらしょんぼり顔だったのが気の毒でした。
あれではレックスも一緒にしょんぼりしちゃいます。

まさかゴーリの女性絡みの事件でびっくりです。おっしゃるとおり恋多きイタリア男ですね。ドナテッラも実はゴーリのことを好きだったようで、悲恋に終わり気の毒でした。レックスはチワワちゃんをすっかり気に入ったようですね。ウチの小型犬はよく大型犬にいじめられるので(苦笑)、レックスの大らかさに好感度ますますUPです。
時々一緒に捜査してほしいです~

確かにもうREXは犯罪捜査のハラハラドキドキ感を楽しむドラマではなく、みんなで犬を愛でるドラマと化してきました。
(初めからそうだったか?)
ゴーリも犬が大好きになり、みんなで警察動物園でどたばた騒ぎを起こしてくれればいいでしょう。
ただし天国でモーザーがどう思っているかは謎ですが。

しかし恋多きイタリアオヤジ、軽すぎるね。
そしてチワワちゃんも犯罪捜査は可能なのでしょうか…