INDEX    RSS    ADMIN

二つの「橋」物語

本家「The Bridge」も始まって、北欧の橋と中米の橋を二本立てで観てますが
どちらもなかなか面白い。
雰囲気が全く違うのが混乱しなくていいんでしょうね。

本家人気が強そうな気がするけど、実は新大陸版も結構好き。
字幕で見ているせいなのかな。
英語とスペイン語の使い分けで、二つの国民の関わり具合が伝わってきて
それが面白いです。
本家も字幕ならいいのに・・・ってそこでスウェーデン語とデンマーク語の区別はつかないので
あまり意味はないんですが
やっぱり日本語で聞いてるとひとつの地域の中の事件に感じられてしまうのが
なんだかもったいない気がします。
きっとニュアンスの違いとかあるのでしょうが。

実はメキシコオヤジのマルコが結構お気に入りなんですけど
息子を殺した男への報復のために自分の仕事を放置して
刑務所に乗り込んでいく姿には恐れ入ってしまいました。
まさか刑事が箱に入って刑務所に搬入されるなんて思わないし
もちろん看守や囚人内のコネクションがあるからできるんだけど
そしてマルコ、そこまでやっちまうのか??
Gang Relatedにも共通する紙一重の世界ですかね。
(向こうではついにライアンはハビエル捕まえちゃいましたが・・・)
しかしOZのメキシコ版があったらめちゃくちゃ恐ろしい世界だろうなと
余計なことを考えてしまいました。

デンマークオヤジのマーティンは
まだうなされてるだけにとどまってますが
これから彼なりにリベンジに走るのか?
そうだとしてももう少し洗練された展開になりそうな気がするけど。

個性派女性刑事サーガとソニアは
やっぱり本家サーガのぶっ飛び具合が抜きん出てる気もするけど
吹替え効果が手伝ってるからちょっと微妙。

こうして二本の橋を比べていて一番気になるのが
やっぱり狐さんちのHPが見づらいこと
どうしてS1とS2をリンクさせないんでしょう。
スパドラさんちが使いやすいだけに
このギャップはなんとも許しがたいです。
もうSVUのサイトなんて一切見てないですからね・・・笑

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント