FC2ブログ

SFU「追憶」

SFUのパイロットはクリスマスの話だったんだ・・・
と当時を思い起こさせる1年後のクリスマスエピでした。
ナサニエルが死の直前に家族たちと何を語っていたのか
ここで明らかになります。

そして今のフィッシャー家の人たちは?
ルースはクリスマスディナーに誰が参加してくれるか決まらず
ヤキモキしています。
そんなときニコライが店で強盗に襲われて両足を骨折
ルースが自宅で看護する事になってしまいました。

ネイトとブレンダはブレンダの実家のパーティーに呼ばれますが
ビリーが来ていたのでブレンダの気分は複雑に。
デイヴィッドはキースの家でテイラーと共にディナーしますが
テイラーは相変わらずわがまま言い放題。
デイヴィッドはキースをクリスマスディナーに誘いますが
キースは時期尚早だと思っています。
クレアはトビーを誘ってOKの返事をもらいます。
そしてクリスマスディナーはかなり緊張した雰囲気でスタート
来ないと思ったキースとテイラーも現れ
一応無事に終了します。

そのころゲイだと家族にばらされてしまったデス夫カルロスじゃなくてラモンは
フェデリコをぶん殴っていました。
やっぱり暴力夫でしたね(笑)

ネイトはビリーとクレアがメール交換をしてることを知ってブレンダに怒りをぶつけ
和解すると今度はセックス中に発作が起こり
ブレンダに病気のことを話します。
クレアは健全なトビーとはうまくいかずに別れてしまいました。
そしてテイラーにはプレゼントを持った母親が現れ
これでキースとデイヴィッドも平穏無事に暮らせるのかな?

今回のバイカーオヤジの葬式。
バイカー妻がThe Guardianのバーバラでした。
迫力あってかっこよかった。
そして彼らが葬式オールナイトパーティーに選んだ選曲が素晴らしい。
SteppenwolfにLynyrd Skynyrd、そしてBOCの「死神」だもんね♪
名曲の数々を楽しめて堪能しました。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
yasishi  

こんにちは。テンプレート変わりましたね。
バイカーのお葬式はご機嫌な選曲で楽しめました。
「嫌われていたの?」とテイラーは言ってましたが、バイカーさん本人はうれしかったでしょうね。

フェデリコの家は文字通りぶっ壊れちゃうのでしょうか。従兄弟のぶん殴りっぷりは見事でした。
TBさせていただきます。


2006/02/27 (Mon) 12:56 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

テンプレート、ちょっと明るい雰囲気に変えてみました。
バイカーの葬式は最高♪でした。
ネイトが遺品のバイクを受け取り、走り出していくシーンのBGMが「死神」だったのが皮肉だったけど・・・

デス妻カルロスは今週は殴りっぱなしでしたね。
デイヴィッドとキースはとりあえず安泰でほっとしています。
TBありがとうございました。

2006/02/27 (Mon) 20:34 | 編集 | 返信 |   
ゆうき  

こんにちは。TBさせて頂きました。
パイロット版のバイクのサンタさん、いつの話なんだろうと思ってましたがやっと出ましたね。デパートのサンタの空席がちょっと物悲しかったです。
最後のBGMは「死神」なんですか! 死神に追いつかれないようバイクぶっ飛ばして振り切ってしまえ!という感じです。

2006/03/04 (Sat) 14:24 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

TBありがとうございました。
サンタさんはここまで出番を待ってたんですね。
バイカーの葬式の選曲は
いかにもバイカーのために選びました!って感じで楽しかったです。
「死神」の正式タイトルは「(Don't Fear) the Reaper」
死神を恐れるな!ってわけですが
正しい70年代ハードロック
Blue Oyster Cultの代表曲です。

2006/03/04 (Sat) 18:49 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 2件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  SFU-21 「追憶」
  • 今回のお客様はバイカー。 バイカーの人達ってお金は全部バイクにつぎ込んでいるイメージだったが、意外にお金持ちらしい。デイヴィッドが喜んでいたし。荒くれもの集団でもなく、正しい集団のようだった。困ったことはトイレを詰まらせたことくらいか。 一年前のクリスマ
  • 2006.02.27 (Mon) 12:45 | newささくれた日々
この記事へのトラックバック
  •  Six Feet Under 208
  • 第21話「追憶」クリスマスの数日前、サンタ役のジェシー・ジョンソンは通勤途中に交通事故で亡くなる。58歳だった。バイカー仲間は、彼をクリスマスに送ってやりたいと話す。フィ
  • 2006.03.04 (Sat) 14:16 | Always Have, Always Will