FC2ブログ

Il Commissario Rex S10-#11 「サッカーと黒い闇」

REX特別編!
いろいろな意味で特別です。
まず90分の拡大枠。
実は「Rex - L'ultima partita 」というタイトルでTV映画扱いされています。
映画というにはかなり無茶な気もするけどね。

2008年夏、ウィーンではサッカー欧州選手権が開かれています。
本当に開かれたのでしょう。その時の映像をうまくストーリー展開やロケのシーンで生かしています。
ところが元サッカー選手が運河で行方不明に。
クンツは遺体の捜索になぜかレックスとロレンツォを助っ人として呼び出します。
サッカー開催で警察は人手不足だったのか。
今までウィーンで殺人事件は起こらなかったのか(そんなわけない)
とりあえずローマでの事件が解決したところなので、ロレンツォとレックスはローマに飛びます。
(レックスは貨物扱いですか?まあどうでもいいけど)

レックスはウィーンが大好き!
戻ってきたとたん、もう動き方が違うよね。
そしてクンツはソーセージパンをご馳走してくれるし。
レックスは本当に幸せです。
気がついたら冷蔵庫の中がソーセージパンだらけになってたもん。
あれは冷えてしまって美味しくないでしょ。
とにかくレックスにはソーセージパン!!お約束です。

事件の方はまず元サッカー選手の遺体が運河から引き上げられ
次はチームドクターが殺害され
続いてまた同じチームにいた元サッカー選手の遺体が発見されます。
しかも市庁舎に用意された特設会場の仮設トイレの中から発見され
容疑者の臭いを追うレックスがちょっと気の毒でした。
この特設会場は、ウィーンに行ったとき夏場はオペラがお休みなので
ここでただでオペラのフィルム鑑賞ができたので観に行きました。
ウィーンのお得意パターンですかね。
市庁舎は今までのウィーン編にも出てきたけど
王宮に事件対策本部を作ってしまうのは大胆というか
でもこれもウィーンならあり?なのかな。
しかもレックスがサッカーをして、大事な壺を割ってしまうし
そこでうだうだ言わないところが、大人の国ウィーンなんだよね。

事件の方は殺害された3人の額に同じマークが記されていたので
3人に恨みを持った者の犯行と考えられますが
そこで操作上に浮かんできたのがサッカー選手のネメッツ。
元サッカー選手と別のチームでプレイしていたのですが
彼らとの試合で足を負傷し、再起不能に陥ります。
今も怪我は治らず試合に出ることができません。
ネメッツが犯人かと思われましたが、彼が関わったのは最初の事件だけで
それも相手は酔っていて、ネメッツに蹴飛ばされたあと
勝手に運河に落っこってしまったのでした。
残りの二人を殺害したのは、サッカークラブを経営しているネメッツの父親。
熱心だった父親はガンで余命幾ばくもありません。
それなのに息子の将来が絶たれ、その恨みを晴らそうとしたのでした。
父親の次のターゲットは相手チームのオーナーだったんですが
ロレンツォとクンツのチームが未然に防ぎます。
父親はサッカー場で飛び降り自殺を図ろうとしますが
そこでもロレンツォが説得して父親はとどまります。

懐かしいのはクンツとソーセージパンだけではなく
レオもしっかり検視官として活躍中でした。
全然変わってなくていいな。
そして実はオーストリア人のロレンツォママも再登場。
いくら息子が可愛くても、対策本部に顔を出さないよね。
さらに何よりも驚いたのが、サッカー選手のネメッツ君。
彼はS8-#7で恋人の写真を撮っていて
小道具の銃の引き金を引いたら落ちぶれボクサーを撃ってしまったマティアス君でした。
ってことはその昔S4-#12で邪悪な事件に巻き込まれ、レックスと一緒にご立派なピアノを弾いてたマクシミリアン君ですよ。
なんと3度目の登場。そしたいつもなんだか不幸を背負ってる!!
中の人(Laurence Rupp)ってかなりの人気者なんですかね。
今回もウィーン版にふさわしく?ささやかなベッドシーンまで用意されてたし。
嬉しいサプライズに感動しました。

だけどやっぱりイタリア語版はつまんないな。
ストーリー上もロレンツォはウィーンに留学してたからドイツ語喋れるわけだし。
今回はイタリアとオーストリアの合作だから
やっぱりドイツ語版で制作して欲しかった。
記者のお姉ちゃんだって、ドイツ語で書いてたもん。
もしかしたらドイツ語版も存在していて
日本に来てしまったのがイタリア語版だったのかな?
なんて勝手に思い込んでいます。

ついでにレックスがネメッツを追いかけていて
廃屋で下に落ちるシーン。
モーザーの悪夢を思い出しちゃいました。
動けなくなってヒヤヒヤしたけど
埃で目が見えなかっただけだったんだね。やれやれ。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
カクテキ  

ネメッツ、マクシミリアン君だったのですかっ!
本当に、なんて不幸な役ばかり…(笑)。
クンツ、レオ、ソーセージパン!
そしていたずらレックス!と懐かしいもの満載で、それだけでうれしいエピソードでしたね。
床が壊れてレックスが落ちた時、まさかまたもや怪我でのクリフハンガーにする気か?と、少し腹立たしかったです(笑)。

2014/10/09 (Thu) 10:37 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

やっぱり舞台がウィーンに戻ると、レックス同様とっても幸せな気分になれました。
あの大量のソーセージパンをどうするんだ?というツッコミも含めて嬉しいです。
レックスが落ちた時は本当に焦りましたが、怪我せずによかった!
そして不幸なマクシミリアン君の三度登場にもびっくり。
子供の成長は早いねっていうか、それだけREXがロングランしてるってことですよね。
偉大なドラマです。
S11の放映はいつかな?

2014/10/09 (Thu) 20:04 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ