INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order UK S1-#1 「慈悲なき欲心」

ついにL&O UK版のスタートです。
放送時間は吹替版が先だけど、本家との比較のためには絶対字幕版で観たいと思い
結局翌日視聴になってしまいました。まあ仕方ない。

字幕版で正解です。
まずあのオープニングのナレーション。
同じことを言ってるのに強烈な「イギリス英語」だ!!
しかも微妙に単語が違ってる!
この部分ですでにUKを感じました。
そしてまずブルックス、デブリン、チャンドラーの警察組登場。
スパドラHPはファーストネームで記述してますが
L&Oシリーズだからこそ、ラストネームで書いておきます。
このテンポの速さはまさにL&Oだよね。
地名は違ってもドラマの展開はそのままです。
と感激しているうちに後半の法定バージョン。
今度はスティール、フィリップス、キャッスルの検察組にバトンタッチ。
法定の雰囲気や座り方が違うのと
検察や判事がカツラをかぶっているのと(慣れるっきゃない!)
違うなとは思いつつも、これまたL&Oらしく話が進んでいきました。
なるほど!と見終えてからおもむろに本家の録画を取り出して再視聴。
今回はS2-#18 「死のゆりかご」のリメイクなんですが
実にお見事なリメイクで恐れ入りました。
細部に渡って完璧に一緒なんだもん。
ということでこのエピに関しては
ブルックス=セレッタ デブリン=ローガン チャンドラー=クレイゲン
スティール=ストーン フィリップス=ロビネット キャッスル=シフとなります。
きちんと同じ役割を果たしているからすごい!

ストーリー展開はまるで同じ。
ただし17年の間に世の中は相当変化しているので
本家では暖房が止められて赤ちゃんが凍死したのですが
英国では暖房の警報装置の電池が入ってなくて、一酸化炭素中毒で赤ちゃんが死亡してしまいました。
でもアパートから住民を立ち退かせるために嫌がらせをする男ターナーは
どちらもターナーでしたよ。
そこまで揃えなくても!
英語のわからない管理人、本家ではスペイン語対応でしたが
英国ではフランス語対応に変わってました。
これも土地柄ですね。

比較して面白い部分がたくさんありましたが
特に後半の賄賂受け渡しの現行犯逮捕の部分。
本家はロビネットが急遽ローガンのコートを借りて出て行くんですが
英国はブルックスがネクタイを外して対応します。
うまく囮捜査を終了して「コート返せ。」「ネクタイ返せ。」の一言
ここまでリメイクしてるのがすごいです。
結末は本家はストーンの最終弁論で終了。
時間のせいだったのか、判決はテロップで出されました。
英国は法定で判決が言い渡されます。

かなり地味な話に感じたんですが
だからリメイクしやすかったのかな。
国と時間を超えてもきちんと描ける話でないと
リメイク失敗しますからね。

もう本家の方は忘れかけているので
やはりこれはセットで観て楽しみたいです。
是非スパドラに英国&本家二本立てオンエアをお願いしたいのですが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Garotoさん、こんばんは。
ごぶさたしてます!
UK版放送開始を機にノコノコとまた出てまいりました(笑)

スパドラさんで二本立てオンエア、ぜひやってほしいです!
私は本家をほとんど見ていないので、
それはそれですんなり見れるからいいんですけど、
比較とかできるとやっぱり楽しいですよね。

The State Within以来のベン様の魅力がまた炸裂しますので(笑)
ぜひご期待ください♪
TBさせていただきました(^_^)

Ayanoさん、こちらこそご無沙汰していました。
ついにUKが観られる!この日を待ってました。
私の場合は本家にハマりすぎたので、やはり本家との比較が楽しくて
まだ英国の魅力を掴みきれずにいますが
これからしっかり味わっていきたいと思います。

スティールさん、素敵♪
早くカツラに慣れ、法定での活躍を楽しみたいです。
TBありがとうございます。

Ayanoさん
ブログの方にコメントを書いたのですがアップされないようです。
何か理由があるのかな?すみません…

Garotoさん
すみません!
このところ海外からのスパムがすごく多かったので、
コメントを承認後の公開に設定していました。
お手数をおかけしてしまい申し訳ありませんでした(汗)

ありがとうございました♪
何か怪しげな文章を書いてたかなと、ちらっと心配しておりました。
これからもL&O UKの話題で盛り上がっていきましょう!!

本編のリメイクだったんですね。
スパドラでのUKと本編の2本だて、私も観たいな〜と思いました。
UKはやっぱりアメリカとの違いが色々あってまだドラマ観ながら勉強中ですが、きっとまたハマってしまうのだろうと思っています。

サンタナさん、本当にそのままそっくりのリメイクです。
でも国事情が違うし、裁判の様子などカツラだけではなくかなり違うようなので
これから見比べながら学んでいきたいと思っています。
だからこそスパドラでの二本立て、実現させてほしいです。

先日のJCOM放映では、途中から見ていたので、
やっと今日の午前中に完全版(?)見ることができました。
ここまで録画に二度失敗しているんですよ・涙

吹き替えだったのがちょっと惜しかったけど、
本編はとてもよかったです。

デブリン役のジェイミー・バンパー、「ホーンブロワー」の時からのファンで、
あの当時「順風満帆」というファンサイトでは、「UK」の放送を希望する声が、
とても多かったです。
あれから何年・・・(遠い目、

あのサイトでリクエスト希望だった「ウイズネイルと僕」も見ることができたし、
「UK」も放送になるしで、
あの当時、一緒に意見交換していた人たちも見ているかな、なんて、
思いをはせたりして・・・・。

がろとさんのレポで、両方の共通点やら、何やら知ることができて、
それもとても楽しかったです。
お話は重たいけどね・・・。

さて、月曜O時の放送が無事録画されるかどうか、DVDレコーダーのご機嫌次第です・苦笑


AXNミステリーでは、放送された番組が続々DVD化しているようですね。
フォイルとルイス、ぜひ、ぜひ!!!!

全編視聴おめでとうございます!そして今度は字幕版で是非。
冒頭のナレーションからあまりにもイギリスなので衝撃を受けますよ。

まだイギリスドラマ歴が浅い?ので、今は本家との比較で楽しみを見出してますが
そのうちイギリスらしさの追求ができるようになるのかも。頑張ります!

フォイル、DVD化されたらいいな♪

聞きましたっ、
いや~~~、アレですか・・・。
なるほどね。

トラックバック

Law

 いよいよ日本での放送がスタートしました。 足掛け5年半。長かった!(感涙)  病院の駐車場に置かれたバッグの中から一酸化炭素中毒で死亡した乳児の遺体が発見される。ロンドン市警のブルックスとデヴリンは、乳児が着ていたコートを販売していた小売店から子供の住んでいた家を突き止め、母親がディオン・ファラという女性であることがわかる。二人が家を訪ねるとディオンは姿を消しており、鑑識が部屋を調べると、暖房が