FC2ブログ

Gang Related #12 「チェックメイト」

まさかこんな展開になってしまうとは…

帰宅したライアンは家に誰かが侵入したことに気づき
逃走用のバッグがなくなっていることを知ります。
とりあえず隠れ家に身を寄せることに。
一方ジェシカはバッグを倉庫に預けます。
そしてカーターに連絡しようとしますが、電話を取ってもらえません。

チャペルはローズに刑務所のハビエルを襲うように仕向けます。
シャワー室で襲われたハビエルは所内で医務室送りになります。

バッグをジェシカが取ったことがわかったライアンは
ジェシカに真実を話すことにします。
ライアンが自分を騙し裏切り続けてきたことをジェシカは許せなかったけれど
ここでライアンを逮捕となるとGTFは解散しなければならないし
せっかくアンヘリコスを追い込んでいるのに捜査を一からやり直しするわけにもいきません。
そこでジェシカはハビエルに取引に応じるよう、ライアンからの説得を頼みます。

ライアンはハビエルを説得。
取引に応じれば、死刑や終身刑は免れます。
何とかして生き延びる道を確保しなくてはなりません。
ハビエルはGTFにフィッシュスケールの全ての情報を伝え
GTFは麻薬の製造所と集金所の2箇所に踏み込み、大金を押収します。
(その一部をこっそりテイがくすねるのをヴィーは見ていました。)

ハビエルに取引させたライアンは
ジェシカに見逃してもらうために
自分がギャングとの情報屋になることを提案します。
情報を与えることでLAのギャングが一掃できる。
ジェシカはその旨をエリス検事に伝えます。

ところがまさかのエリスとハビエルがつながっていたとは…
これはライアンも知らない二人だけの秘密だったみたい。
エリスが出世するためにラテン系の票が必要なため
コネクションができていたのかな。

メタスの驚異を恐れるダニエルとカルロスは
ローズと手を組むために直談判に行きます。
相当脅されたダニエルでしたが、なんとか話をつけてきました。

ジェシカの様子を心配するチャペルを
ジェシカは二人でのディナーに誘います。
ところがジェシカが帰宅すると、男たちが待ち受けていました。
ハビエルからメタスがジェシカを襲うという情報をGTFが受けたときは既に遅し…

痛々しいジェシカの最期。
チャペルもライアンも言葉がなく
この怒りをどこにぶつけていくのか。
次がファイナルだけど、到底解決しないでしょうね。
頼むから救いのないクリフハンガーだけは勘弁してもらいたいです!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ